« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月31日 (土)

男の中の男達

大晦日はマッチョを見ないともう年が越せなくなってきましたね。

男祭は年々凄くなってくるね。イベントの興行力は完全にDSEがトップでしょう。
カードのそろえ方、入場の盛り上げ方はハッスルを興行するだけあって力をつけてきました。
高田本部長は現役退いてから成功した1人かね。
試合はミルコvsハントが良かったね。
マーク・ハントはお気に入りの選手なんで、ミルコに勝ったのには痛快だったな~
来年はもっと参戦してきて欲しいね。
ハントは私が大学時代に入っていたキック・ボクシング部の主将に顔がソックリだから応援したくなるんだよね(笑

Dynamite!!の方はボビーvs曙しか面白くなかったかな?
ボビーは曙にまで勝ってしまうんだから、プロレスに来ても成功しそうね。
逆に曙はもう全日本プロレスに就職したほうが良いかもね。

もう紅白見なくなって何年経ったかな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月30日 (金)

今年最後の忘年会

今日は国際展示場へはつかさんと咲き雄と3人でお出かけしました。
ま、冬コミってやつですね。
でも最近ほとんどあそこで物を買っていない。。。
ぐる~っと回って帰ってきた感じです。
来年あたりまた参加する計画があるとかないとかなんですけど、固まるまでもう少し考えます。

帰りに新宿で忘年会。
串八珍は安いよね。
飲んで食べても1人3千円超えないんだし。
はつかさんの就職も決まって良かったということで、楽しく飲めました。

こんな今年の締め方も良いもんだな~、という忘年会だったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京大賞典 結果(忘れてた)

そういえば、昨日の東京大賞典の結果を書き忘れていました!

東京大賞典 統一GⅠ
アジュディミツオー
シーキングザダイヤ
タイムパラドックス

またもやシーキングザダイヤは2着。シルバーコレクターの称号をハーツクライが返上したので、代わりに戴冠してしまったようです。カネヒキリがいる限り中央でもGⅠ奪取は難しいんじゃないかな~?

タイムパラドックスはコンスタントに走るね。今年掲示板外していないんじゃない?来年も現役続けるのかな。でももう来年8歳だけど。。。

本命のシーチャリオットは8着。やはり一番の成長期に骨折で戦線離脱したのが大きな敗因でしょうね。4歳になってどれだけ巻き返してくるかですね。素質馬であることは間違いないのだし。

ということで1着は内田博幸騎手アジュディミツオーでした。地方の帝王騎手である内田騎手を必ず入れとけってことね?

来年はGⅠの勝率を5割以上になるようにがんばるぞ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月28日 (水)

今年最後のGⅠ予想 東京大賞典

明日は平日ですが、地方競馬の大井で東京大賞典が行われます。
このレースは統一GⅠなので中央の馬も出走するので予想します。
これで今年最後の予想なんで当てたいですね~

大井10R 東京大賞典 統一GⅠ
単勝 シーチャリオット
3連単BOX
シーチャリオット
シーキングザダイヤ
タイムパラドックス

本命はJRA馬ではなく地方のシーチャリオットです。
今年の地方3冠馬候補と言われながら、2冠を達成したところで骨折。惜しくも3冠目は挑戦することも叶わなかった馬です。
JRAのディープインパクトと共に、中央、地方共に3冠馬誕生か?と思った矢先の戦線離脱でしたね。
そのシーチャリオットは11月23日に船橋の京成盃で復帰戦に出ましたが4着。まだ完調ではなかったようです。
が、今回は2戦目。あの末脚が復活すればJRA勢にも負けないと思います。ここを勝ってカネヒキリとの対決が見たいものですね。

あと3連単狙ってみるということで、相手にシーキングザダイヤ
ジャパンカップダートでレコードを出したカネヒキリのハナ差2着。ここずっと2着が続いていましたが、逆転の可能性もありますね。2着続きのハーツクライがディープインパクトに勝った様に。

あともう1頭はタイムパラドックス。今年GⅠを3つ取ったダートの帝王です。
JBCクラシックを勝って儲けさせてもらいましたし。この距離は適距離ということでアドバンテージは1番あるはず。

さて、ここを当てて年を越したいものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月25日 (日)

ディープインパクト沈む! 有馬記念 結果

ついに、ついにディープインパクトが負けてしまいました。。。

有馬記念 GⅠ
ハーツクライ
ディープインパクト
リンカーン

ハーツクライですよ…。また最後の最後にはずした馬が優勝。ルメール騎手だったか~
やはり宝塚記念で好走した馬が有馬記念でも好走するというのは本当なんですね。
里中先生は偉大だ。。。

なんにしても本線のディープインパクト→リンカーンの狙いは良かったんですね。
今回はそこにハーツクライが前に来ただけなんで。

これで今年の中央競馬は終わり。
来年は予想を公開しないで修行します。結果はそのつど日記に書きますけどね。

あ、今年最後の地方交流GⅠの東京大賞典は予想します。これが本当の最後ということで。
今時点での本命はシーチャリオットですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月24日 (土)

ディープインパクトな有馬記念 予想

明日は中央競馬の総決算。
有馬記念です。
ちなみに有馬記念を当てた記憶のない私なんで、最初にこれから予想することについては信用しないでくださいと言っておきます。

と、まあこんなことを書くなら予想しなければ良いじゃん、と思いますが、秋競馬の予想を公開したら的中率はナンボ?と思ってした企画なんで御用者を。
最初の頃は好調で、マイルCSは大当たりという結果でしたが、それ以降は尻ツボミ。
ま、ソレにめげずがんばります。

中山9R 有馬記念 GⅠ
馬単 ディープインパクト → リンカーン
3連単(フォーメーション)
1着 ディープインパクト
2着 リンカーン、ゼンノロブロイ、デルタブルース
3着 リンカーン、ゼンノロブロイ、デルタブルース

ディープインパクト優勝以外考えられないです。ていうか想像できない。ま、単勝の記念馬券は買いますが、当たっても換金しないだろうな。
要は2着探しですね。
そこで思いつくのは騎手。ディープインパクトをあわや負かしそうになったのは誰かって?
武豊に危うくGⅠで土を着けさせかけたのは?
横山典弘騎手です。
アドマイヤジャパンで弥生賞、菊花賞と僅差の2着。
シーキングザダイヤでカネヒキリにハナ差の2着。
そうです、今一番、武豊を脅かす存在はこの人です。
そして今回は前走まで武豊が騎乗していたリンカーンに乗るのです。
豊が降りた馬が豊を脅かす。
この今年の格言とも言うべきジンクスと、横山騎手が組めばもしかしたらはあるかもしれませんね。
ま、ディープの1着は信じているので、今回は馬単で勝負します。

あとは遊びで3連単を久々に。
1着ディープ固定で、リンカーン、ゼンノロブロイ、デルタブルースを相手に選びます。
ハッキリ言って馬より騎手で選んでいます。
横山典弘、ケント・デザーモ、オリビエ・ペリエですね。クリフトフ・ルメール騎手の乗るハーツクライも考えましたが、そうなると点数が多くなるのではずしました。
馬の能力なら対抗1番手はハーツクライなんですが。。。
ま、中山の小回りだとハーツクライは対応できないかな?と思ったので。
でも、里中李生先生宝塚記念で好走した馬は有馬記念でも好走するとおっしゃっていたな~
金額に余裕があったらと、当日の気配で加えるかもしれません…

では、楽しみに観戦しますかー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Mr.&Mrs. スミス

今日はクリスマスイブ。
街にはカップルがあふれる中、咲き雄と共に男二人で映画へ行ってきました。
見たのは「Mr.&Mrs. スミス」
ブラッド・ピットアンジェリーナ・ジョリーという豪華な共演でした。
内容は例によって公開中なので詳しく書きませんが、軽く感想を。

こんな嫁さん怖いわ。

なんつーか、夫婦揃って強すぎ。
でもまあ、このくらいなほうがアクションシーンも痛快ですね。
これは話よりも人物設定が最大の魅力でしょうか。
よくありそうな設定が、この2人が演じることで面白さ増大しています。

気軽に見るには満足のいく映画ではないでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2005年12月23日 (金)

クリスマス3連休

世間ではクリスマス3連休で、どこもかしこもカップルだらけなんでしょうね。
国内の温泉旅館はカップルで埋まっているとか。
そういう私は本日1日目をパソコンで競馬ゲームをやっていたり。
本当は部屋の片付けをしようと思ったんだけど、寒くてやる気が。。。
年賀状も明日までに作って投函しないと元旦に配達されないし。
なんか、やりたいことが本人のやる気のなさで頓挫しているなぁ。

昨日、職場のオッチャンたちがクリスマスに予定はないと伝えたらビックリされました。
そんなことだから年金が少なくなるんだと。
だけど気のない女に声かけてクリスマス過ごしてもしょうがないじゃん。

本当はハッスル・クリスマススペシャルに行きたかったのに、チケット取れなかったのがいけないのさ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月18日 (日)

ボーナスを使うということ

今週は冬のボーナスが支給されました。
増える要素がない今期でしたが、何故か増えていてちょっとサプライズ。
ということで、この土日にボーナスまで節約していた物品を購入しました。

・携帯電話(W33SA)
・靴
・ジーパン
・トレーニンググローブ

携帯は今週出たばかりのau最新機種、SANYO製W33SAです。この携帯、地上デジタル放送が見れるんですよ!
…まだ試験放送しか見れませんが。でもNHKはON放送が見れるんですよね。民放は22日からON放送が見れるという噂なんで、木曜日まで待ってみましょうかね。
で、画質ですがかなり良いです。アナログ放送も見れるんですが、こちらはかなり電波状態の良い場所へ行かないとほとんど映りません。でもデジタルは室内でもくっきり映るんですね。
これで外出先で気になる競馬やスポーツ、ちょっと見たい番組などが気軽に見れます。
私の場合、今はそうでもないですが、帰りの遅くなる仕事の日も多いのでこれは重宝しそうです。
まだ買って間もないので機能を把握していませんが、他のアプリも試したいですね。

あとは身なりのものをそろえました。さすがにボロボロの靴を履き続けるのも格好悪いので、今回は少し丈夫目のものを買いました。
ジーンズも長持ちしそうで、汚れの目立たない黒を買ったし。

トレーニンググローブはジムでマシンをする時用に購入。最近豆が出来てきたので必要に迫られたんですよね。

しかし、こう見るとボーナス待って買うようなものではないですよね。。。
競馬での負けが減ればボーナス待たなくても月給で何とかなるんですが、来年はそうなりたいですね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月17日 (土)

SAYURI

sayuri 

本日は「SAYURI」を見に行ってまいりました。
公開中なので詳しくは内容を書きませんが、感想だけでも。

ハッキリ言って、この映画は日本が製作すべきだった。

ラストサムライはアメリカ人の主人公が日本の武士道に触れる話なので、これはハリウッド映画が製作するのは自然。
しかし、今回のSAYURIは花街の芸者がメインの話。基本的に主要登場人物は日本人です。
別にハリウッドが製作しなければいけない、裏を返せばこの話は日本が十分製作できる映画だったということ。
それが出来なかった今の日本映画界はレベルが下がってしまったということではないでしょうか?
昔は世界のクロサワなんて大物監督がいたのに、今は小粒の監督ばかり。
かろうじて、山田洋次監督が世界で通用できるレベル最後の監督ではないでしょうか?
世界の北野と呼ばれる、北野武監督はハッキリ言って外国人ウケはするかも知れないけど分かりにくい映画が多すぎです。座頭市は良かったけど。

それとキャスト。チャン・ツィイーミシェール・ヨーの演技が凄すぎて日本人女優の出る幕なし。
要するにアメリカ人にとっての美しい日本人女性を表現できる日本人女優はいない、と言われているようなものじゃないですか!
日本人役者で光るのは渡辺謙、役所広司、桃井かおりのベテラン揃い。この人たちに匹敵する若い役者が絶対的に日本には少ないんですよ。

話的にはとても良い作品。文句のつけようがないです。
長い上映時間も物語りに入り込んでしまって気になりません。
私は長い映画で時間を忘れて見ていられる作品が優秀だと思っていますから。

これを見た日本映画界、役者さんたちは焦りを感じてがんばって欲しいですね。
これを見て悔しいと思わない業界人はもういらないよ。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2005年12月11日 (日)

朝日杯フューチュリティステークス 結果

朝日杯はアポロノサトリが惨敗で、これでレッド君の実力はどうなるかと心配ですが、これからの成長を期待しましょう。

朝日杯 GⅠ
フサイチリシャール
スーパーホーネット
ジャリスコライト

やはり相手に推挙したフサイチリシャールジャリスコライトが連に絡んできましたね。
しかも予想通り12連敗騎手、田中勝春騎手ショウナンタキオンは惨敗。もうここまで来ると呪われているとしか思えないです。。。
スーパーホーネット内田博幸騎手の追い込みは凄かったですね。あの腕っ節は中央の騎手ではだれも出来ないでしょうね。さすがに地方競馬の№1だけあって雑草根性が光っていました。里中先生も内田騎手を認めていたくらいですから、これからは内田騎手にも注目したいですね。

そういえば、優勝したフサイチリシャールの父はクロフネ、母はフサイチエアデールということで思い出したんですが、私が出資する馬の1頭にクロノロジストがいまして、父はクロフネ、母はインディスユニゾンという血統です。
実はこのインディスユニゾンはフサイチエアデールの全姉。そしてこのクロノロジストの父もクロフネということで、フサイチリシャールとは従兄弟関係。血統はまったく同じということでかなり期待が出てきましたね。
クロノロジストはまだ未出走ですが、デビューしたらもしかするかも!?

ちなみにフサイチジャンクは見事にデビュー戦を快勝しましたね。
来週のジャンクスポーツで話題になるかな?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年12月10日 (土)

朝日杯フューチュリティステークス 予想

明日は2歳牡馬のGⅠ、朝日杯です。
先週の阪神JFもそうでしたが、このレース名に慣れないなぁ。舌かみそう。。。
このレース、レッドスプレンダーが前走勝っていれば出ていたかもしれないレース。まことに残念です。
ま、今放牧先で来年に向けて格段にパワーアップ中なのでここは我慢です。

ということで、明日の朝日杯の予想は…

朝日杯FS GⅠ
単勝・複勝 アポロノサトリ

ええ、前走レッドスプレンダーに勝った馬です。これが勝てばレッド君の株も上がるという下心で選びました。でも、あの大外からの一機差しはこのメンバーでも通じるかもしれませんよ?
人気になりそうなショウナンタキオンもかなりの実力ですが、鞍上の田中勝春騎手は先週見事にGⅠ120連敗を飾ったことで買えなくなってしまいましたし。
ここは相手はデザーモ騎手のジャリスコライトと福永祐一騎手のフサイチリシャールでしょうかね?
2歳GⅠはハッキリ行ってなにが来るのか分からないので、馬券ではあまり勝負しないことにしますんで、単複しか買わないかもしれませんが。。。

明日はついにあのフサイチジャンクがデビューしますね!
ここで勝ったら再来週のジャンクスポーツで話題になるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハリー・ポッターと炎のゴブレット

ようやく見に行ってきました。第4作目、「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」

しかし、公開してから3週間経つのに人が多い。。。
2時間37分の超大作なので、楽に座れるようにと席の広い新宿ピカデリーへ行ったのですが、ほぼ満員。
ま、咲き雄さんのおかげで良い席に座れて見れましたが。

で、感想としてはまだ公開中なので詳しく書きませんが、今作が一番映像的にスゴイかな?
ファンタジー映画もここまで来ると圧倒されますね。
上映時間は長いのですが、あっという間に終わった感覚でした。話的には展開速いと思いましたけどね。

しかし、ダニエル・ラドクリフ君は良い体に成長したね~。もっと鍛えればペ・ヨンジュンになれるんじゃないかな?ロン役のルパート・グリント君もでっかくなっているし。
ハーマイオニー役のエマ・ワトソン嬢は、前作にかなりエロくなったな~っと思いましたが、今作ではソレを通り越してアカ抜けすぎてない?一人で一気にフケ大人びてきたような気がしますが…

ともあれ、面白い作品に仕上がっていますよ。次回作でもダニエル君がハリー役ですでにがんばっているらしいですが、6作目までやるつもりなんですかね?6部作ということならいっそのことやればよいのに。
その前に年齢的に限界かな~

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005年12月 9日 (金)

ブラザーズ・グリム

今日が公開最終日ということで、会社帰りに最終回で見てきました。
もう終わったらネタバレしても大丈夫かな?
まあ、そんなに内容詳しく書かないんで大丈夫か。

グリム童話の作者であるグリム兄弟の映画ではありますが、さすがにテリー・ギリアム作品だけあってノンフィクションではなく、ほとんどファンタジーでしたね。
ヴァン・ヘルシングみたいな映画ってことです。

魔法や魔女なんて存在しない!なんて言いながら結局最後はソレ系の展開で終わるという、ある意味意表をつかれたかな?
映像や俳優なんかは見ていて面白いので悪い映画ではないと思いますが、史実的な話を期待していく人には向かないかも。
ま、これもテリー・ギリアムのエンターテインメントなんでしょうけど。
TVで放送されると最後まで見てしまう、というよな映画だと思いますよ?

今年はこういう雰囲気を持った映画が多いですよね。
「世にも不幸せな物語」なんかにも近いかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 6日 (火)

エディ・ゲレロ 追悼番組 字幕版

現地放送から遅れること3週間、やっとこさ番組も追いつき放送されました。
エディ・ゲレロの追悼大会のRAWとSMACK DOWN!です。

やはり字幕があると内容も詳細に分かるので余計に泣けます。
試合はとりあえず先行して英語版で見ていたので、今回は各選手のインタビューを中心に熱心に見ていました。
バティスタのコメントなんか感情があふれていてこちらが切なくなりました。普段野獣的なイメージが強いのにこんなに人情家なんだな~、という印象でした。
ベノワなんてこちらが見ていられないほどの姿でした。

これから先、この回の番組は繰り返し色んな所で流されるんでしょうね。

エディの最後のPPVであるノー・マーシーはまだ発売が先ですが、買ったら永久保存版にしよう。。。
最後のPPVがメインの世界王座戦なんていうのが、本当に絶頂期に逝ってしまったんだな…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 4日 (日)

くやしい 阪神JF

今日の阪神JFは見事にはずしました。
結果はこちら。

阪神JF GⅠ
テイエムプリキュア
シークレットコード
フサイチパンドラ

大荒れです。上から8、9、2番人気でした。
で、悔しいのは1着の馬ですよ。名前を見てください。

テイエムプリキュア

小さなお友達より大きなお友達に馴染みがあるんじゃないでしょうか?
あまりにもな名前なんで見てみぬふりしたのが悪かったです。
無敗での出走だったので力関係では上位に見ておくべきでした。

ちなみにレーシングプログラムにのっていた馬名プロファイルでは、

テイエムプリキュア
テイエムは冠名。プリキュアPrecureはテレビアニメのキャラクター名。本来は合成樹脂についての話で、早すぎる加硫硬化。あえてこう名告(なの)るのからには、恐るべき早熟娘だろう。

と書かれていました。やっぱそうなのか。。。

ちなみに本命にしたエイシンアモーレは4着。コイウタは6着。アルーリングボイスは14着でした。4連勝中のアルーはやはり危険でしたね。この時期の牝馬は使いすぎは良くないんですよね。

あと、中山11Rの本命ペニーホイッスルは4着でした。両方とも4着って。。。

そういえば、今日のジャンクスポーツで緊急告知!ってやっていましたけど、関口会長が番組に馬名の命名を許したフサイチジャンクが来週の日曜日に中山でデビューするらしいです。単勝馬券でも買いに行こうかな~

※追記
フジTVのスーパー競馬で、福原直英アナが
「ふたりはプリキュア…」
と言ったら、若槻千夏が
「はぁ?」
と言ったので、慌てて
「小さい女子向けのアニメでそういうのがあって、そこからつけたんですよね。ええ、スイマセン」
というやりとりに爆笑。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 3日 (土)

七人のマッハ!!!!!!!

今日から公開の「七人のマッハ!!!!!!!」を見に行ってまいりました。

タイ映画なんですが、タイトルから分かるように「マッハ!」の製作集団が作成した映画です。
なんていうか、この映画すごいよ。

いっぱい人が死にます

多分、カップルでは見ないほうが良いですよ、この映画。女の子なんて引きっぱなしでしょうね。
楽しい場面がまったくないし、笑えもしない。
見所は全編通してアクションシーンのみ。
さすがに身体能力の高い集団を集めたのか、まるでアニメかゲームの動きです。
トニー・ジャーも凄かったですが、1段レベルを下げた連中がいっぱい出てきます。
タイトルの通り7人くらいいるんですが、多分それ以上の人数の凄い奴らが殺すわ殺すわ。

見るなら1度で良いと思うよ?この映画。DVDはいらないな~

| | コメント (0) | トラックバック (1)

阪神JF 予想

恒例のGⅠ予想~
といっても、あまりテンション上がらないです。
何故って?
2歳GⅠって戦歴の少ない若駒たちなんで分からないんですよね。
しかも、今年から一口馬主始めたせいか出資している馬の世代のGⅠに自分の馬が出ないと嫉妬してしまうんですよね。
ま、楽しみは来年取っておくということで。

明日は阪神JF(ジュベナイルフィリーズ)。
いまだにこの名称言い馴れないな~

阪神11R 阪神JF GⅠ
単勝・複勝 エイシンアモーレ
ワイドBOX
エイシンアモーレ
アルーリングボイス
コイウタ

おそらくアルーリングボイスの圧倒的人気になることは間違いないのですが、ここは2歳戦。人気通り行かない可能性も大です。そこで本命はエイシンアモーレ。前走はアルーリングボイスに負けていますが、体調が万全ではなかったとのこと。今回は良化しているそうなので、打倒アルーに期待します。鞍上も今年牝馬で活躍の福永祐一騎手だしね。
で、アルーはもちろん抑えておくとして、コイウタも抑えておきます。
コイウタは前走の京王杯で本命にした馬。残念ながら3着でしたが、牡馬に混じっての3着。牝馬相手なら好勝負でしょう。鞍上も私の好きな横山典弘ですし。
そういえば、コイウタの馬主って歌手の前川清なんですってね。馬名で「ああっ」て感じです。

あと、中山のメインに前から応援しているペニーホイッスルが出るので単勝・複勝で勝負しようと思っています。

来年はこの世代に混じって自分の馬達が走ってくれると良いな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »