« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月30日 (日)

Vフォー・ヴェンデッタ

V

今日は「Vフォー・ヴェンデッタ」を見に行ってきました。

結論から。
マトリックスより面白いよ!

ストーリーは完璧。最後まで飽きさせないし、予想のつかない展開もすばらしい。”V”も”イヴィー”も役者の演技も良い。
”V”はマトリックスでもスミス役を演じたヒューゴ・ウィーヴィング。最後まで素顔が出ないのにあれだけの存在感は凄いですよね。”イヴィー”役のナタリー・ポートマンもスキンヘッドにするなどの体当たり演技には脱帽。デビューさくの「レオン」からもう10年もたつんですね。少女も大人になったものです。胸は成長してないけどねぇ。。。

とりあえずG.Wに見るには最適の1本ですよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ディープインパクト もはやサラブレッドではないでしょ?

はい、今年の天皇賞はガチガチの鉄板
ディープインパクトのレコード圧勝でしたね。2着のリンカーンはこの時代に生まれたのが悪かった。まるで三国志の司馬仲達です。これでディープが世界に挑戦するので、宝塚記念では優勝しないとウソですよねぇ。

さて、3着以下を見てみましょう。
ストラタジェムグレン・ボス騎手の騎乗のうまさが光りました。昨年の同距離であるメルボルンカップを勝っているだけあって長距離の騎乗は抜けていましたね。ストラタジェムもサンデーサイレンス産駒ということで、今年の天皇賞・春は1~3着までSS産駒で決着。血統主義の方達は残念な思いをしたのではないでしょうか?しかも、2、3着が日経賞の1、2着ということも皮肉ですねぇ。

4着、アイポッパーは帰国後2戦目が効いたのかな?もう1戦はさんで3戦目だったらもう少し上に行かれたかもしれませんね。藤田伸二騎手だったらねぇ。

5着、トウカイカムカム。本命馬は5着と健闘しました。やはり見込んだ馬。次に出走したときは迷わず本命にします。次はどこかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月29日 (土)

今年は鉄板? 天皇賞・春

さて、仕事が忙しくてかなりお疲れの今日この頃ですが、明日からGⅠが6週連続で始まります。気合を入れて行きましょう。

明日は天皇賞・春です。昨年は3連単で193万円の大荒れでしたが、今年はまた荒れるんでしょうか?でも1頭飛びぬけている馬がいます。それは。。。

ディープインパクト

ここは必勝を期して参戦してきています。ここを勝って世界に挑戦することが決まっていますので、日本では今回が終わると当分見られなくなるかもしれません。そういう訳で今回に賭ける意気込みは半端ではないでしょう。
しかし、死角がないかというとそうでもないかもしれません。一つはデビューから放牧に出ていないということ。人間でもずっと臨戦態勢にいると見えないストレスは溜まってくるというもの。また、成長を促す放牧もされていないので、早熟の可能性も出てきます。根拠は馬体重。ディープインパクトはデビューから馬体重があまり変わっていません。人間でも中高生は成長期で背も伸びますよね?馬で言うと3歳はその時期ですが、昨年のディープはその成長がないことになります。今回、馬体重が5kg以上増えていないと危険かもしれません。
ま、次元の違う馬なんで関係ないかもしれませんけどね?(笑)

さて、相手探しになると思いますが5頭ほど上げていきたいと思います。
リンカーンは2年連続このレースで1番人気でしたが、両年とも掲示板にものれない惨敗っぷり。実力はあるんですが、このコース、距離、つまり天皇賞・春に向いていない馬なのかもしれません。しかし、今回の鞍上は横山典弘騎手。ディープを最も苦しめた騎手です。横山騎手も今度こその気合があるでしょう。
知っていました?日曜日の横山騎手の乗り鞍は2鞍。このレースに賭ける思いが伝わってきませんか?

トウカイカムカム。実はこの馬が穴をあける候補と見ています。本命にしたい1頭。
ここ3連勝で望む上がり馬です。2走前は58kgを背負って勝っていることからも斤量は問題なし。そして2走前までは松永幹夫元騎手が乗っていた馬ともあって、松永効果が出ることを期待します。そして、担当厩務員があの、メジロマックイーンを担当されている方だとか。天皇賞・春を2連覇しているマックイーンを担当した方ですので、調整の仕方は熟知していることでしょう。トウカイテイオー産駒が世代を超えて栄冠をつかむか。

トウカイトリックは前走でディープに負けているので狙いづらいですが、鞍上の芹沢騎手に魅力を感じます。デビュー18年目のベテランですが、ここのところベテラン勢が活躍している今年はこの人があっと言わせることがあるかもしれません。

マッキーマックスダイヤモンドSで儲けさせてもらいましたが、今回は人気の1頭になってしまいました。人気がなければ買いたい1頭でしたが。ダイヤモンドSはレコード勝ちでしたが、斤量が軽ハンデの54kgでしたので今回は微妙かな?チャンスはあると思いますが。

アドマイヤモナークは完全に個人趣味。出資している2歳に同血統のグラントリアノンがいるんですが、モナークがここで好走すると期待できるんで。サドラーズウェルズ系統のドリームウェル産駒がここで実績作ってくれると良いんですが…。モナークも距離適正は十分なので、1発があるかも?

さて、今年は鉄板か大荒れのどちらかになることでしょう。どちらにしても話題必死の天皇賞・春を楽しみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月25日 (火)

愛馬 4/25近況

キャロットクラブより愛馬の近況が更新されました。

レッドスプレンダー
(NF空港)

ウォーキングマシン内で常歩調整。
「楽をさせていることで疲れは徐々に抜けてきています。まだ乗り運動開始の予定はありませんが、体調自体はいい感じで推移しています」(空港担当者)

現在休養中。体の不調もなく安心して休んでいられますね。もう少し体が大きくなるように成長してくれると良いのですが。

オーベルヴィリエ
(NF空港)

屋内周回でハロン20秒のキャンター1600mの後、屋内直線坂路でハロン16~17秒のキャンター1本。週2回はハロン14秒を計時。
「24日にスクミが出ました。おそらく全休明けということが影響したのでしょう。ただ、動き自体は良化していますし、移動までもう少しといった状態まで来ています。24日に状態を確認した野元師も近々の移動を示唆していました」(空港担当者)

スクミとは切っても切れない縁があるんでしょうか。体質的に弱い仔なんで、デビューできるか心配ですね。来年くらいには体質的にマシになると良いのですが。

ペルネティアナ
(グリーンW)

19日に山元トレセンへ到着し、21日にはグリーンウッドへ移動。周回と坂路でハッキング程度。
「素直な性格で扱い易いですね。飼い喰い、調教とも問題のない優等生です。あくまでも私感ですが、スピード面に秀でた感じがあるので、このまま順調に行けば夏の小倉あたりから使えるかもしれないですね」(GW担当者)

2歳馬の一番早い組になりました。順調すぎて怖いです。もしかしたら、オーベルとクロノより先にデビューしてしまうんじゃないでしょうか?1つ年下なのに。スピード型な感じらしいので、長距離より短距離で活躍してくれそうですね。来年の桜花賞に出られるかな~?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月24日 (月)

栄光の陰に悲劇あり エクレールヴィオレ

日曜日のフィフティーワナー快勝の前日、土曜日の東京競馬第6Rの未勝利戦に出走していたキャロットクラブの所属馬、エクレールヴィオレ安楽死の処置となってしまいました。出資はしていないのですが、心よりご冥福をお祈りします。

私は当日、映画鑑賞のために新宿にいたんですが、映画の前に馬券を買おうと新宿WINSにいました。ちょうど第6R出走の時間でもあったため、ちょっと観戦することに。エクレールヴィオレは今回で5戦目。なかなか勝ち上がることが出来ませんでしたが、今回のレースは直線で果敢に先頭にたったのですがズルズルと後退。6着という結果となりました。
その夜、某掲示板でエクレールヴィオレが故障したかもしれないとの書き込みがあり、気になっていました。そして週明けの月曜日、キャロットクラブから冒頭のお知らせがありました。

右第一指節関節脱臼を発症していることが判明ということで安楽死。

いつ聞いても心が痛む言葉です。
先日はコスモサンビームがレース中に心不全で亡くなったばかり。競走馬は過酷とはいえ、あまりにもこのような訃報が多すぎるような気がします。こんなことが起こると、いつもあることについて考えます。

馬は犬と同じく、人間が声をかければ寄ってきて甘えたりもします。ちゃんと人間の教えることを覚えて色々なことも出来る頭の良い動物。家族にもなれる存在。
よく、馬や競馬をあまり知らない心無い人が冗談で
「競馬の後に馬刺し食いに行く?」
「レースに負けたら馬刺しになるんでしょ?」
なんて言う人がいます。ハッキリ言って最低の畜生ですね。そういう人に限って自分の飼っている犬や猫がそのように言われたら顔を真っ赤にして怒るんです。
競走馬は食用に育てられている生き物ではありません。夢のために、自分の存在意義のために一生懸命走っているんです。

一口馬主をやっている以上、こういう現実ときちんと向き合う心構えは必要なのだと思った今日この頃でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月23日 (日)

世界への第一歩 フィフティーワナー

久々に勝ちましたよ。長かったです。不調期間が。どうも、東京開催で東京競馬場にいないと馬券が取れなくなっているらしいです。自分は。

今日のアンタレスSは見事にキャロットクラブのフィフティーワナーが優勝しました!
初勝利の強さからずっと注目していましたが、予感どおり重賞馬の仲間入りを果たしましたね。この馬強い!と思うとみんな重賞馬になっているので、私の目もまだまだ捨てたものじゃないですよね?レッド君は重賞馬になると私は見ていますよ?予感的中するかなぁ。

レースは抜群のスタートでハナにたち、道中キッチリ折り合って直線もう一伸びで圧勝の横綱レース。ヒシアトラス、サカラートの実績馬を寄せ付けませんでした。
この後は是非とも地方交流GⅠを勝ってJCダートに挑戦してほしいですよね。フラムドパシオンよりはこの馬、上なんじゃないかな?カネヒキリに勝てたら来年のドバイにはこの馬が行ってほしいですよね。

060423_1
お金があればもっと買いたかった…
馬連も的中っス。

単勝360円 複勝150円 馬連620円

ああ、今日のフローラSは雨が降らなかったからマイネサンサンは来ませんでしたね。降っても来たかどうか…?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月22日 (土)

競馬界のイチロー

明日は京都でアンタレスSという重賞があるんですが、そこに出てくる馬に今回は注目します。

その馬はフィフティーワナー
キャロットクラブの馬なんですが、名付け親が安田隆行調教師なんです。で、意味はそのまま51。そう、イチローの背番号です。イチローのように世界に通用するようにと願いが込められているらしいですね。
この馬、デビューがめちゃめちゃ遅い7/23。何故かというと、気性が荒すぎてゲート試験合格まで8ヶ月掛かったかららしいです。その気性を矯正するために男の子ではなくなってしまったという悲しい出来事もありましたが、2戦目からは破竹の4連勝をあげました。安田調教師が根気良く付き合った努力が報われた結果となったわけですね。競走馬として送り出すことが出来る。調教師としての力量はまずそこから評価されるだけあって、感激もひとしおでしょう。
だが、ここからが夢の始まり。名前の通り世界に羽ばたくために、まずは重賞を制覇して、JCダートでカネヒキリを撃破しなければなりません。この馬にはその素質はある。安田調教師の夢はここから始まるのです。

さてさて、東京では重賞のフローラSが行なわれますね。オークストライアルだけあって、クラシックの切符を手に入れるために乙女達が激戦を繰り広げます。
昨年は、キャロットクラブディアデラノビアが優勝しましたが、今年はキャロの馬の参戦は無し。昨年は例外でホントは大荒れするレースなんですが、難しいですね~。応援したい馬もいないし。
っと思ったら、明日は雨らしいですね。
ん?雨?雨燦燦と?
いたっ!マイネサンサン!!
くだらないので気にしないで下さい…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トム・ヤム・クン!

Tomyamgoong

今日から公開の映画が多いですね。名作のニオイのする映画がいくつかあるんですが、そんな中から公開初日に選んだ映画は…
「トム・ヤム・クン!」です。なんか私らしいですかね?

「マッハ!!!!」トニー・ジャー最新作ということで、ムエタイアクションを楽しみに行ったのですが、期待通りの痛そうなアクションでした。イヤイヤそれ死ぬって、って技の多いこと。必見ですよ。

あとは仔像かわいい。
凄くかわいい。

対して、日本版エンディングを東京スカパラダイスオーケストラが演奏しているんですが、いらない。ぶち壊し。最近、日本で公開するときに日本版とかいって付けちゃうけど余計だよね。オリジナルでやってほしいよ、ホント。

恒例の脇役コーナー
今回も?ネイサン・ジョーンズです。
この人、ロック様より日本では知られているプロレスラー出身の映画俳優なんじゃないでしょうか?出ている映画が大作ばかり。
でも、そろそろセリフを与えてやってほしい。。。「ウガー!」ばっかじゃねぇ…
次はどの映画で見れるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2006年4月19日 (水)

早くもデビュー?

昨日、キャロットクラブより2歳馬の近況が更新されていました。

ペルネティアナ
(NF早来)
早ければ今週末もしくは来週に山元トレセンへ移動予定。その後はグリーンウッドに移動し、入厩に備える予定。

なんか、レッド君以外の3歳馬より先にデビューしてしまったりして(笑)。
2歳新馬戦は6/17から始まるので、順調なら6月にはデビューしてしまいそうです。厩舎は音無秀孝厩舎なので、腕はたしかなはずです。クロフネ産駒の牝馬なのでダートでも走りそうですが、まずは芝で走って来年のクラシックを目指して欲しいですね。

ああっ、ちなみに関西馬になるんで関東では重賞でない限りお目にかかることはないかも。応援どうしよう…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月18日 (火)

レッドスプレンダーと他3歳馬 4/18近況

今日はレッドスプレンダーに加え、他の3歳馬の近況もキャロットクラブから更新されました。

レッドスプレンダー
(NF空港)
15日に空港牧場へ到着。ウォーキングマシン調整。
「まずは疲れを取ることに専念します。レースを使った直後の割には、体はそう細く映りません」(空港担当者)

レッド君は休養のため北海道へ帰りました。とりあえず体調的にも問題なさそうなので、よく休んで下さいね。元気に帰ってくるのを待っています。

オーベルヴィリエ
(NF空港)

屋内周回でハロン20秒のキャンター1600mの後、屋外直線坂路でハロン16~17秒のキャンター1本。週2回はハロン14秒程度までペースを上げている。
「腰の状態も安定しており、速目を行うに何ら問題はありません。レーザー照射も併せて行い、徐々に進めています」(空港担当者)

オーベルはなかなか北海道から脱出できないですね。でも、最近はやや順調にトレーニングも進んでいるので5月には関西に行かれると良いのですが。

クロノロジスト
(グリーンW)

周回コースでハロン20秒のキャンター3000mの後、坂路でハロン20秒程度のキャンター調整。
「こちらに来て2~3日休んだ後も若干のスクミが出ています。元々スクミやすい馬ですし、調教は様子を見ながらになりますね。調教をまだ軽い内容ですが徐々に進めていきます」(GW担当者)

クロノは関西へ行ったとたん、また体調が思わしくなくなってきましたか。とりあえず、北海道へ戻されないようにがんばってトレーニングに励んで欲しいですね。5月にデビューは無理かな~?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月16日 (日)

皐月賞 見返したモノたち

今年の皐月賞は大荒れでしたね。
しかし、さまざまなドラマがありました。

まずは優勝したメイショウサムソン
鞍上の石橋守騎手デビュー22年目にしてGⅠジョッキーに上りつめました
JRA競馬学校の第1期生。
長年の苦労が報われる形となりました。

しかも、メイショウサムソンはデビューから石橋騎手が乗り続けた馬。
人馬一体とはこのことなんですね。
オペラハウス産駒ということもあり、テイエムオペラオーと和田竜二騎手を彷彿とさせますね。実績は十分なのに6番人気という低評価を、まさに下馬評を覆す結果となった皐月賞。馬も世間を見返そうと一念発起したのでしょうかね。
日本ダービーでも人気がなかったら狙ってみようかな?

さて、2着はドリームパスポート
この馬もかつてないドラマを演出しました。
騎乗したのは高田潤騎手
GⅠにはこれが2回目の挑戦ですが、今まで恵まれなかったか良い馬に乗せてもらえませんでした。
しかし、彼の評価はレース以外でありました。
調教追い切りの名人。
彼の手がけた馬はとても乗り心地が良い。とは武豊の言葉。馬を普段から大事に扱い、育て上げる才能が厩舎ではもっぱらの評判となりました。しかし、レースではあまり良い馬の騎乗はないのですが、どのような馬にも彼は大事に乗ることを心がけていました。
そして今回、師匠である松田博資調教師はドリームパスポートに騎乗予定のデムーロ騎手が騎乗停止となったことにより、愛弟子の高田騎手に手綱を委ねたのです。調教師は愛弟子の日々の努力を分かっていたのです。

後1歩で優勝を逃しましたが、堂々の2着。不遇の下積み時代を不平も言わず努力してきた男が成しえた結果は、今後の彼の騎乗にどう反映してくるか注目したいですね。

最後に、3着のフサイチジャンク
この馬も頭が良いというか、オーナーの関口会長はもう1頭のフサイチリシャールのほうが上と公言し、期待をしているとTVのインタビューで答えました。フサイチジャンクのほうは、今まで強い相手と対戦していないために今回はどこまでやれるかを確認したいとも言っていました。その言葉をフサイチジャンクは聴いていたかのように、フサイチリシャールをも上回る3着。この馬、本当に頭が良いし根性ありますよ。
昨日も言いましたが、菊花賞では狙いたい馬ですよ!

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2006年4月15日 (土)

皐月賞 7枠14番のナゾ

明日は牡馬クラシック1冠目、皐月賞です。
そして情報処理試験の日
毎年申し込んでも行かずに皐月賞を見ていた私ですが、今年はそうも行かなくなってきたので、明日は泣く泣く試験へ行って来ます。

で、馬券は土曜日のうちにPATで購入しました。
公開予想ってわけではないですが、アドマイヤムーンの単勝にぶっこみました。
たぶん勝つんじゃないかと。
今年も武かと。

まあ、1番人気にぶっこんで、「どうよ?」もアレなんでひねった馬券も買いました。
皆さん、皐月賞の過去の結果を眺めて何か気づきませんか?

過去5年、7枠14番が3着以内に入っている

ちなみに昨年の7枠14番はディープインパクト
一昨年はダイワメジャー
共に優勝馬です。
3年前はエイシンチャンプで3着。5年前はダンツフレームで2着。
3着以内に来なかったのは4年前だけなんですね。

さて、今年の7枠14番は。。。?
スーパーホーネット
なんか来る気しない?
朝日杯の凄まじい追い込みは惜しくも2着。しかも昨年、皐月賞2着で穴をあけた四位騎手騎乗となれば色気も出るというもの。蜂の一刺しが決まるか!?
馬連、ワイドも購入。

そして、ゴロ合わせ馬券
桜花賞のような綺麗なゴロを思いつかないのですが、あえて言うならこんな感じ?
アドマイヤムーン、ジャリスコライト、キャプテンベガ
ムーン、ライト、ベガ
あ、宇宙だ(笑)。月の光に琴座のベガですか。
しかも笑えるのが、騎手がそれぞれ武、横典、安勝
桜花賞の1,2,3着騎手が揃っちゃった。
皐月賞もこのメンバーで決着したら凄いな~
3連単BOXも買っとこ。

あと気になる馬は、キャロットクラブから参戦するインテレット内田博幸騎手のサクラメガワンダーかな?
そういえばフサイチジャンクは切っちゃった…
だって2番人気(前日オッズ)なんだもん。
ジャンクは菊花賞で狙いたいかな~

さ、馬券も買ったし、明日の試験勉強しよう。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月13日 (木)

レッドスプレンダー ニュージーランドTの敗因は?

昨日のブログで、レッドスプレンダーの敗因を誰も触れないな~、みたいな内容を書きました。
実はその記事を書く前に、キャロットクラブにメールで問い合わせていたんですが、今日返信が届きました。

問い合わせの内容は、確かこんな感じ。

Q.4/11の近況で、「(のどに何か入ったような感じで)息が乱れてしまい、リズムが悪くなって全く競馬になりませんでした。」との記述がありました。
現地で観戦していたのですが、スタート直後に騎手が手綱を引いた瞬間、馬が首を振って苦しそうでしたがこれが原因なのでしょうか?
のどに何か入ったような感じとは外的要因で息が乱れたアクシデントということで、故障とか病気的なものが原因ではないということでしょうか?
あれからとても心配していましたので、もう少し詳しい様子がありましたらお教え願えないでしょうか?

クラブHPのフォームで問い合わせたので、送信履歴がないのですが大体こんな感じで質問しました。
で、クラブからの返信はこちら。

XX様
いつもお世話になっております。
さて、レッドスプレンダーについてですが、喉は一過性のものだったようでレース後の状態に何ら問題はありません。
現時点では通常の立て直し放牧を予定しております。
放牧先で違和感等が再度出た際は検査等を行うことになると思いますが、今のところその予定はございません。
以上になります。

一過性のものということで、故障や病気ではなかったようです。安心しました。
これで立て直し放牧ということですので、今年3戦した疲れを癒して帰ってきて欲しいですね!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月12日 (水)

レッドスプレンダー 4/12近況

レッドスプレンダーの近況がキャロットクラブより更新されました。

「確かに距離が長いことは長いかもしれませんが、それにしても負けすぎた印象ですね・・・。ジョッキーの話ではのどにも違和感があったそうですが、いずれにしてもここでひと息入れることにします」(小島勝助手)
14日にノーザンファーム空港へ放牧予定。

とりあえず、敗因のことには皆さんあまり追求しないようですね。
本当に異物がのどに入っていたとかは報じられません。
敗退したから北海道へ帰っとけ。ということにならなければ良いですが…
一番怖いのは、アドマイヤカリブが完全復活して重賞戦線を席巻している間に忘れられることですが…

大丈夫ですよね?小島勝三助手!?

ひとまず早い夏休みをゆっくり過ごしてください。レッドスプレンダー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一口3歳馬 4/11近況

さて、レッドスプレンダーが休養に入ったので、他の3歳馬にも注目していきましょう。
とりあえずは4/11に近況がキャロットクラブより公開されました。

オーベルヴィリエ
(NF空港)
屋内坂路でハロン18秒のキャンター2本。週2回は15-15を消化。
「体つきや動きは良化してきましたが、少々腰に疲れが溜まっている感じがします。今はレーザーを当てていますので、徐々に解消すると思います。今後は様子を見て、速いところを取り入れていきたいと思います」(空港担当者)

クリロノロジスト
(グリーンW)

5日にグリーンウッドへ移動。坂路でハロン20秒のキャンター1本の調整。
「到着してすぐに疲れが出たようでスクミが出てしまいました。それによって2、3日は休みましたが現在は回復しています。週末はスクミの影響から曳き運動、ウォーキングマシンでの常歩運動に留めていましたが、今は元気に乗り込みを進めています」(GW担当者)

オーベルヴィリエは数歩進んだら何歩か下がるを繰り返しています。
調子は上向いているのですが、ちょっとすると疲れが溜まりやすいんですよね。
素質はあるはずなんですが、とりあえずは未勝利戦があるうちにデビューして欲しいです。

クロノロジストは関西のグリーンウッドへ移動になりました。
ここで調整して入厩ですね。
こちらは順調なら春のうちにデビューしてくれそうです。
フサイチリシャールの血族ですので、重賞は期待していますよ?
って、こちらも体が弱いところが出てしまいましたね。
輸送はあまり向かないみたい。関東ではあまりお目にかかれないかもな~

時間があったらレッド君みたいにページを作ってあげなきゃ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月10日 (月)

レッドスプレンダー 4/10近況

レッドスプレンダーの近況がキャロットクラブより更新されました。

8日の中山競馬では道中で息が乱れてしまい12着。
「スタートはよかったのですが、その後(のどに何か入ったような感じで)息が乱れてしまい、リズムが悪くなって全く競馬になりませんでした。4コーナーではもう手応えもなかったので、そのあとは無理をさせませんでした」(武幸騎手)
「今日はジョッキーが言ってたように息の乱れから、ちぐはぐな競馬になってしまった。あとは距離がもう少し短い方がいいかもしれません。今後の予定ですが、前走と今回、本来の力が出せず、馬にもストレスになってしまっていると思うので、NF空港に放牧に出して立て直しを図りたいと思います」(小島太師)

息の乱れですか。
無理に手綱を引いたのが原因なんじゃ…
のどに異物っていうのも本当?って気も。

とりあえずこの後は放牧に出されるらしいので、早くて夏の函館開催で復帰ですかね。
函館開催は横山典弘騎手が例年乗りに来るので、今度はお願いできないでしょうかね?
幸四郎はもういいや。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 9日 (日)

桜花賞は恋愛馬券

今日は桜花賞の日。

今年、私はコイウタにとても儲けさせてもらったので、本命にしようとしたんですが他の馬も良く見えます。

アドマイヤキッス、フサイチパンドラ、ダイワパッションも良く見える…

あと、GⅠにはつきものの、ゴロ合わせ馬券
今年は何かあるかな~?と考えると

コイウタ、アドマイヤキッス、キストゥヘヴン=恋愛

あ、恋愛馬券。一番嫌な語呂合わせだ(笑)。

福島民放杯のペニーホイッスルの馬券が当たったらこれも買おうと思ったのですが、福島は大荒れ。
あきらめてコイウタに良く見えた上記3頭を追加したワイドBOX買いを選択。

結果
キストゥヘヴン
アドマイヤキッス
コイウタ
で恋愛馬券成立。

買ってねーよ!(笑)
コイウタ、アドマイヤキッスのワイドのみ的中。トリガミです(泣)。

どちらも春は遠いようだ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 8日 (土)

レッドスプレンダー ニュージーランドT

今日はレッドスプレンダーの2度目の重賞挑戦。
ニュージーランドトロフィー(GⅡ)です。
中山競馬場まで行ってきましたよ。

060408_01_1
前走から1ヶ月経っていませんけど、馬体はあまり成長していませんね。
466kg ±0

060408_02
顔アップ。
気合は?

060408_03
実は一番馬体がさみしいかも…

060408_04
相変わらず厩務員さんに甘えたりしていましたね。

060408_05
小島太調教師武幸四郎騎手
作戦会議?
なにか、太調教師は自信満々な感じでした。

060408_06
本馬場入場。
返し馬で正面に来るかと思ったら、さっさとスタート地点に行ってしまいました。(笑)

そしてレース。

初めてのスタート成功でハナにたちます。
このまま逃げ切り勝ちか?っと一瞬夢を見ました。
しかし、2コーナーあたりでどんどん抜かされて中団に。

そして3コーナーから4コーナー
どんどん下がっていきます。
実況でも「下がっていくのはレッドスプレンダー」と。

直線、ついにはスタートを失敗したクレスコワンダーに抜かされました。
そして殿負け

他の馬は勢いで2コーナー付近まで走りぬけたのに、レッド君はゴール先の検量所付近で停止。
一番最後にゴールしたのに、一番最初に検量所入りです。
最後はまったくスピードなく走っていましたからね。

で、幸四郎騎手が降りると、レッド君は厩務員さんに引かれてさっさと引き上げて行ってしまいました。

う~ん。
明らかにこの負け方はおかしすぎる。。。
故障?折った?それとも「合コン大好き」幸四郎(笑)のミス?

週明けのクラブのコメントが早く知りたい…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 6日 (木)

レッドスプレンダー トレセンリポート

今日、グリーンチャンネルでトレセンリポートを見ました。

レッドスプレンダーは小島勝三調教助手がインタビューを受けていました。
内容を要約すると、

「前走はいつも通りスタートが悪いとはいえ、仕掛けて好位に取り付いて勝ちに行った競馬だったので差されたのは仕方がないけど、前をとらえられなかったのが不満」

「中間の調整は特に変わったことをしていないけど順調。追い切りの良さだけだったら前走より良かったので満足」

「初めての距離ですけど、今回の結果次第でこの後の選択肢も変わってくるし、春も大きなところがあるので、もうちょっと楽しめるようにと思っています」

という感じ。
デキの良さは前走以上らしいので、今回は楽しみですね。
春の大きなところってNHKマイルCですね。
本当に今回好走してもらってGⅠ挑戦を実現してもらいたいですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 5日 (水)

レッドスプレンダー 4/5近況とシーザリオ引退

レッドスプレンダーの近況がキャロットクラブより更新されました。

5日は美浦坂路で馬なりの追い切り。
「本当にいいデキで臨めますね。前走は前半で追っつけたことが最後に響きましたが、ムキになる馬ではありませんし、距離はもつと思います」(小島太師)
「動きは良かったです。反応もいいですね。大丈夫。デキは前回よりいいですよ。引っかかることはないし、距離もこなせると思います。あとはこなせた上で伸びる脚がどのくらいあるかでしょう」(小島勝助手)
8日の中山競馬(ニュージーランドT・芝1600m)に武幸騎手で出走予定。

何か微妙に同じこと言っていますね。
でも、両者から状態の良さがあげられているので、本当にデキが良いのでしょう。
これで、前回の調整不足からどれだけ良い結果になるのか注目ですね。

となると、あとは距離問題ですか。
気性的にペース配分ができそうな馬なので、距離は問題なさそうというのが師と助手の見解でしょうか。
確かに、1,400m戦では距離的に問題なさそうだったので、1ハロン伸びても大丈夫そうですよね。

あとは、作戦的にどうするか?ということでしょうか。
ファルコンSが前半追っつけての競馬で最後が持たなかった。とのことですので、スタートがいつものように遅れるなら中団か後方待機で末脚を使ってみる作戦になりそうですね。
正直、瞬発力が未知数なのでなんとも言えませんが、ニュージーランドTでは新しいレッドスプレンダーのスタイルが見れそうですよ!

---------------------------------------------------

さて、ここで残念なことが。
キャロットクラブ看板馬であり、昨年の日米オークス馬シーザリオの引退が発表されました。

ここまで復帰へ向けての調整を行ってきたが、3月末に右前脚に腫れが出てしまい、検査を行った結果、右前繋靭帯炎を再発していることが判明。協議の結果、大変残念ながら中央競馬登録を抹消することになった。
「3日に馬の状態を確認してきましたが、右前の腱が太くなっており明らかに繋靭帯は腫れている状態です。さらに痛み、熱感もあり、繋靭帯炎が慢性化しているようです。このまま治療して行っても復帰まで1年以上は時間は要するでしょうし、たとえ復帰できても満足に競走をさせてあげられない可能性が高いと思います。引退はとても残念ですが、この馬の名誉を傷つけないうちに、繁殖牝馬として第2の人生を歩んでもらいたいと思っています」(角居師)

ついに故障から復帰すること叶わず。
ディープインパクトとの牡馬牝馬の世代チャンピョン対決は実現せずに終わってしまいました。
ディープインパクトに勝てる同世代最後の有力候補が引退とは…

私は昨年、この馬がいたからキャロットクラブに入会を決めたようなものですからね。。。
今度は繁殖牝馬としての道がありますので、是非とも産駒を募集馬として欲しいですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 4日 (火)

入厩間近 クロノロジスト

レッドスプレンダーが一際順調組でしたが、私の持っている他の馬達もやっと出撃体制が整ってきたようです。

オーベルヴィリエ
(NF空港)

屋内坂路でハロン18秒のキャンター2本の調整。週2回は15-15を行っている。
「いい感じで乗り進めています。移動についてはまだ未定ですが、現状を見る限り、そう遠くはないと思います」(空港担当者)

コメントを見る限りでは、今月中には入厩できそうですね。
オークスには間に合わないだろうな…
とりあえず、1勝して秋のGⅠに出れるようにがんばって欲しいです。

クロノロジスト
(山元TC)

入厩前調整のため、3日に山元トレセン到着。ウォーキングマシン調整。4日夜に栗東近郊のグリーンウッドへ向けて移動予定。

クロノロジストはいよいよ入厩目前ですね。
今夜関西のグリーンウッドへ移動しますので、早くて来週には入厩しそうです。
フサイチリシャールの兄妹かつ、従兄弟のクロノロジストには密かに期待しています!
オークスに出れないかな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 3日 (月)

レッドスプレンダー ニュージーランドT 専門誌の評価は

レッドスプレンダーニュージーランドT(GⅡ)挑戦が今週土曜日に迫ってまいりました。

今日は各専門誌の評価を見てみました。

競馬ブック … △印中心。
Gallop … △印のみ。

どうやら4,5番手という評価のようですね。

Gallopには小島太調教師のコメントが載っていました。

「サクラバクシンオーのスピードと瞬発力を生かすタイプ。中間も順調に来ていますし、NHKマイルCにつながる競馬をしてほしい」

太調教師はGⅠも出走させるつもりでいるようですね。
好走できればの話ですが…
でも、「小島太調教師がぞっこんのレッドスプレンダー」なんて書かれていたので、結構本気っぽいですよ?

今週はあと、水曜日追い切りの様子なんかも伝えようと思っていますので、よろしくです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 2日 (日)

教訓の生きない週末

またやってしまった!

あれだけ自宅で競馬をするときはレースを絞れと心に決めていたのに、いらないレースまで買ってしまって大惨敗。
しかも、日曜日は天気が悪く、各場で大荒れの結果に。
阪神なんて直線の向かい風が強くて、馬達が右に左にヨレて走っていましたよね。
こんな日は馬券を買わずに観戦だけしていたほうが良かったのかも。

なんか、またスランプに陥ってきたようです。
クラシックが近いのに。。。
ってか来週は桜花賞じゃん!
何とかしなければ…

そういえば、来週土曜日はレッドスプレンダーが2度目の重賞挑戦です。
ニュージーランドT(GⅡ)はNHKマイルC(GⅠ)の前哨戦ですから、良い結果を残してGⅠに出れると良いな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 1日 (土)

THE MYTH 神話

Myth

今日は1日で映画が千円なので、「THE MYTH 神話」を見に行ってきました。
ま、千円の日じゃなくても映画には頻繁に行っていますが。

しかし、今回はまいりました。
ジャッキー・チェン主演映画なのに、やっている映画館が少ない!
前の「新香港国際警察」でもそうでしたが、最近のジャッキーは日本では人気ないのでしょうか?
とりあえず、見れたので良しとしますが。

今作はジャッキーには珍しい時代劇。といっても半分ですが。
今回は公開中でも見れる人が少ないから、内容を言っても良いかな?

秦の時代の将軍になった夢を頻繁に見る、ジャッキー演じるジャックは考古学者。
ある日、友人で物理学者のレオン・カーフェイ演じるウィリアムに誘われ、インドの古代遺跡に向かう。
で、そこで反重力を発生させる石と、夢に出てくるキム・シソン演じる王女の肖像画を見つけ、夢と自分の関係を意識しだす。。。

ま、インディー・ジョーンズですわ。

あとはDVDで楽しんでもらうためにオチは言いませんが、見終わったときには「面白かった!」と思えること請け負いです。
これだけスケールもデカイ話なのに、なんで日本で注目されていないんだろう?この映画。

恒例?名脇役さんコーナー

毎回タイトル変わっているような気がしますが、作品の脇役さんに注目するこのコーナー。
今回は2人。

王女役のキム・ヒソン
美人です。
初めて見る女優さんだな~、と思ったら韓国の女優さんでした。
韓国の女優で美人だと思ったのは初めてかな?
役柄も演技も逸品で、これから見る機会も多くなりそう。
これから注目の女優です。

次に、悪の?教授役のスン・チョウ
ジャッキーとのバトルで太極拳を使うということで、インパクトはデカイ。
この人、元はテレビ局のカメラマンで、その後に脚本家、監督をへて俳優になった異色の人だそうです。
見た目はかなりダンディー。榎木武揚に似ているかな?
演技も良いし、太極拳の腕もかなりありそうです。
あまりにダンディーなんで、悪役には全然見えません。
本業は映画監督なんで、あまりスクリーンでは見る機会がないかもしれませんが、出てきたときは注目ですよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »