« ペルネティアナ 2戦目は11着 | トップページ | グラントリアノン 4/4近況 »

2007年4月 2日 (月)

ペルネティアナ 2戦目あけて

1日の阪神競馬ではスタートで後手を踏むと追走で筒一杯になり11着。

「もう少し前に行きたかったのですが、追走で一杯になり息の入らない厳しい展開になってしまいました。どこかで溜めることができればもっと伸びてくれると思います」(生野騎手)

「馬体重に関しては細いという感じもなく問題はなかったと思います。ただゲートの出が良くないということと、追走に手一杯だったことを考えると、もう少し長い距離の方が息が入っていいような気がしますね。懸念していた鼻血は大丈夫でした」(東田助手)

やはり距離が長いほうが良いとの見解が出ましたね。ダッシュ力がないのなら、中距離くらいのレースで最後方から追い込む競馬をしないとダメなのかもしれません。次はダ1700m以上を使ってくれるのでしょうか?
続戦するかは水曜日の更新で分かるでしょうかね。ただ、このまま使ってても変わらないかもしれないので、一息入れるのも手でしょうが…。

|

« ペルネティアナ 2戦目は11着 | トップページ | グラントリアノン 4/4近況 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ペルネティアナ 2戦目は11着 | トップページ | グラントリアノン 4/4近況 »