« グラントリアノン 7戦目前夜の評価は? | トップページ | ペルネティアナ 5/22近況 »

2007年5月21日 (月)

グラントリアノン 7戦目明けて

作田厩舎在厩
20日の新潟競馬では、好スタートから道中二番手を追走。直線では早目に先頭に立ちそのまま押し切るかと思われたが最後に並ばれ僅差の3着。

「今日は作戦通り前々に付けてこの馬のレースが出来ました。チークピーシーズも気にすることなく、道中もリラックスして走っていましたので勝ったと思ったのですが・・・。最後に交わされてしまいました。ただ力があるところは見せてくれましたし、次走こそはいけると思います」(木幡騎手)

「今日は馬体が減っていましたが、カリカリすることなくいい状態で出走できましたし、展開も向いたのですが・・・。最後の最後に中間の調教の影響が出たのかなぁ。次走は函館もしくは中京を考えています。次こそは決めたいですね」(作田師)

昨日のグラントリアノンは今まで出一番勝ちに近かったように思えます。
スタートはポンと出て、2番手をキープ。4角辺りで先頭に並びかけると、直線入り口では先頭に躍り出ました。このまま後続を引き離すかと思いきや、1頭に迫られ合わせ馬状態に。競り合うも微妙に苦しくなったあたりで、大外から一気にもう1頭に差し切られ、僅差の3着でした。

作田先生も、悔しそうですね。次は必勝を期してくるでしょう。
次こそは!勝ってください、グラントリアノン!

|

« グラントリアノン 7戦目前夜の評価は? | トップページ | ペルネティアナ 5/22近況 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« グラントリアノン 7戦目前夜の評価は? | トップページ | ペルネティアナ 5/22近況 »