« グラントリアノン 10戦目は5着 | トップページ | 馬インフルエンザ!? »

2007年8月15日 (水)

愛馬近況 盆休み編

今週は盆休みということで(私は働いていますが)、愛馬の近況を全頭一気に更新します。

レッドスプレンダー(牡4)
山元TC
周回で軽めのキャンター調整。
「移動後暫く様子を見ていましたが、背腰に疲れが目立っていますね。そこまで消耗の激しいレースではなかったのに、この疲れなので、暫くは馬体の回復に専念する必要があるでしょう。ショックウェーブ治療も取り入れていく予定なので、それまでは軽めの運動で様子を見ていきます」(山元担当者)

昨年といい、レッド君はこの時期はダメですね。すぐに疲れが出てしまいます。夏には使えない馬なんでしょうね。こうなったら、秋まで完全に休んで、涼しくなってから活躍してもらいたいですね。

グラントリアノン(牡3)
函館競馬場
「スタートがよければもう少し楽に競馬ができるんだけど、どうしても置かれてしまうね。距離は2000mでも対応できているし、スムーズにレースが運べばまた違うでしょう。レース後の状態は問題ありません。芝2000mが希望ですが、入らないようならダート戦も考えています」(作田師)
9月1日の札幌競馬(3歳未勝利・芝2000m)を目標にしている。

先週5着に終わったアノン君ですが、陣営はまだあきらめていないようです。出れるか分かりませんが、もう1度出走するみたいですね。芝2000mが良いのでしょうけど、出れなかったらダートですかね。地方交流戦とかは無いのでしょうか?

ペルネティアナ(牝3)
音無厩舎
15日は栗東坂路での追い切り(53秒7-39秒3-25秒6-12秒8)。
「週を追う毎によくなっているみたいだね。15日朝の動きもすごく良かった。喉や鼻も気にならなかったし、これなら久々でも期待できそうだよ。是非とも1回で決めたいね」(音無師)
18日の小倉競馬(3歳未勝利・牝馬限定・ダ1700m)に荻野琢騎手で出走予定。

長い時間がかかりましたが、ようやく復帰戦です。追い切りも良いみたいですし、音無先生も1回で決めたいと言ってくれるぐらいなら期待しても良いのではないでしょうか?勝利を期待して土曜日をむかえたいですね。

フィックルベリー(牝2)
NF空港
周回でダク400m、ハロン22~23秒のキャンター1600m。
「放牧の原因となった右前球節の腫れはすぐに引き、乗り運動を再開した後も落ち着いています。ここまでの経過を見る限り、疲れからくる一過性の腫れだった可能性が高いと思います。まだペースが遅く、目立った動きを示しているわけではありませんが、今後秋に向けてペースを上げていけば、一度競馬場を経験したことが分かるようないい動きを見せてくれることでしょう。馬体重は433キロです」(空港担当者)

ゲート試験受かってから放牧に出たフィックルベリーは、心配だった腫れが引いて一安心ですね。牧場も気配の良いコメントをしてくれているので、デビューが今から楽しみです。当初、心配の一つだった馬体重も増えてきて良い感じになってきました。期待しましょう。

ルージュアルダン(牡2)
山元TC
坂路でハロン16~17秒のキャンター2本。
「レース後の1週間はしっかり疲れを取ることに専念してきました。その甲斐あって疲労はすっかり抜けた感じです。調教も問題なく進めることが出来ていますし、変に煩くなることも今のところはないので、このまま進めていければと思います」(山元担当者)

9月頭の新潟最終週を目標にしているので、来週くらいには入厩するでしょうか。デビュー戦は出遅れながらも良い競馬をしたので、次こそはスタートを決めて勝ち上がってもらいたいですね。

|

« グラントリアノン 10戦目は5着 | トップページ | 馬インフルエンザ!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« グラントリアノン 10戦目は5着 | トップページ | 馬インフルエンザ!? »