« グラントリアノン 明日11戦目 9/9 | トップページ | 愛馬 9/13近況 »

2007年9月10日 (月)

グラントリアノン 11戦目明けて

昨日のグラントリアノンの11戦目は4着でした。

相変わらずパドックでは好馬体。
スタートはうまく出たけど、二の脚つかずに中団から、4角からマクリ気味に大外から追い込むも、切れる脚はなく4着でゴールしました。

明けて翌日のコメントです。

函館競馬場
9日の札幌競馬ではまずまずのスタートも行き脚が付かず道中中団内々を追走。直線で渋とく伸びるも前に行った人気馬二頭までには届かず4着。

「調教でもいい動きを見せてくれていましたし、今日は馬体の張りも非常によかったのでいい結果を期待していました。位置取りが勝負を左右すると思っていましたが、結果からもわかる通りもっと前に付けたかったですね。今日はブリンカーを付けてレースに臨んだように気性の難しいし馬ですし、ただ前に行くのではなく、いかに馬の気を損ねずにロスなくスムーズに運べるかが結果に繋がるでしょう。今後は間隔的に出走出来るかわかりませんがもう一度使う予定で進めていきます」(作田師)

「今日は状態がよかったですし、2000m戦でも好勝負出来ると思ってレースに臨みましたが、1コーナーまでスムーズさを欠いて位置取りが後ろになってしまいました。前残りの競馬になりましたし、もっと前に付けられれば・・・」(菊沢騎手)

作田先生はまだ続戦する気ではあるみたいですが、この時期だと混み合っていて除外で出られないかもしれないですね。このまま出走できなかったらどうなるんでしょうか?地方交流戦か、格上挑戦とかもあるんでしょうか?
このまま引退しちゃうんでしょうか…

|

« グラントリアノン 明日11戦目 9/9 | トップページ | 愛馬 9/13近況 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« グラントリアノン 明日11戦目 9/9 | トップページ | 愛馬 9/13近況 »