« ペルネティアナ 4戦目あけて | トップページ | グラントリアノン 明日11戦目 9/9 »

2007年9月 4日 (火)

愛馬近況 9/4

プライベートでの不調から更新が滞っていました。
今日時点で更新された愛馬たちの近況をまとめます。

レッドスプレンダー 牡4
山元TC
ウォーキングマシン。
「先週末に軽度の疝痛を起こしましたが、すぐ対処したこともあり、現在では何ら問題ありません。しかし、背腰の疲れは相変わらずでその影響から前脚に負担が掛かり両前腕の内側に腫れが見られます。再来週に再度ショックウェーブを施す予定なので、その後の状態を見て乗り出すか判断することになるでしょう」(山元担当者)

レッド君も調子悪いみたいです。疝痛という言葉にドキッとしましたが大丈夫みたいですね。疝痛で安楽死なんて良く聞く話なんで安心しました。
しかし、なんていうかボロボロですね。せっかく半年ぶりに復活したのに、今回はまた同じくらいの時間か、それ以上かかりそうです。最悪、そのうち引退宣言が出そうで怖いんですが…。

フィックルベリー 牝2
NF空港
屋外直線坂路でハロン17秒のキャンター2本。週1回はハロン15秒を計時。
「入厩制限がある現状なのでいつとはいえませんが、入厩を視野に入れて速めのところを取り入れ始めました。速目をやってみても以前のような弱さはなく、どっしりと構えています。この分なら更に時計を上げても体が極端に減ることはないでしょう」(空港担当者)

入厩制限が無ければすぐにでも入厩出来そうなところまで来ましたね。ゲートを一発で合格したところからセンスはありそうですので、早くデビューするところを見てみたいものです。クリプトクリアランスという珍しい産駒なので、どれだけ走るか未知数ですが、大いに期待したいものです。

ルージュアルダン 牡2
山元TC
周回と坂路でハロン15~17秒のキャンター調整。
「以前見られた腰の疲れもなく、元気一杯ですね。与えられた調教も難なくこなしており、至って順調に来ています。暑いことも有るので、こちらではあまりやりすぎないようにして、速くても14~15秒のところまでしか行っていません」(山元担当者)

こちらも入厩制限で、本当は先週2戦目のルージュアルダンですが、状態はすこぶる良いようです。早くこの仔も入厩して2戦目を走るところを見たいものです。

|

« ペルネティアナ 4戦目あけて | トップページ | グラントリアノン 明日11戦目 9/9 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ペルネティアナ 4戦目あけて | トップページ | グラントリアノン 明日11戦目 9/9 »