« 愛馬近況 10/2 | トップページ | 愛馬 10/17近況 »

2007年10月10日 (水)

愛馬近況 10/10

今週の愛馬の近況です。
入厩馬がいなくて寂しいですね。2歳馬達には早くデビューして勝ち上がってほしいですよ。

レッドスプレンダー 牡4
山元TC
ウォーキングマシン調整。
「腰と前腕の状態はなかなか変わってこないのが現状で、まだマシンのみにしています。数週間前にショックウェーブを行った後もそう大きな良化は見られなかったので、次のショックウェーブを施した後の状態を見て、乗れるかどうか判断していくことになると思います」(山元担当者)

なんかもうダメダメですね。なんで北海道に戻さないのか不思議なんですが、山元TCの方が設備が良いからなんでしょうかね?年内は絶望的でしょうか…

グラントリアノン 牡3
NF空港
竹柵飛越と屋外直線坂路でハロン16~18秒のキャンター1本。
「この中間は更に高い障害を跳ばせていますが、難なくこなしてくれています。軽さのある上体は障害向きといえます。まだまだ伸びる余地があると思うので、丹念に練習を進め、ジャンパーとしての資質を開花させてあげたいと思います」(空港担当者)

3歳未勝利馬が引退するなか、アノン君は障害馬への転向のために日々練習を積んでいます。デビュー前は天皇賞・春に出れたら良いな~って思っていましたが、今度は中山大障害に出れたら良いな~ですね。

フィックルベリー 牝2
グリーンW
坂路でハロン17~18秒のキャンター調整。
「カリカリし過ぎて馬体に悪影響を与えることはないので、ホッとしています。調教中は結構一生懸命に走るのですが、普段は上手くオンオフがきいていて、馬房の中ではボーっとしていますよ。体はまだ420キロチョットで大きく増えたというわけではないですが、ガレているわけでもありませんし、このまま気持ちと体に余裕を作りつつ乗っていければと考えています」(GW担当者)

なかなか良い調子でいるようです。細い馬ですし、このまま馬体重が減らなければデビューも間近ですね。早くデビューしてほしいものです。

フォレストチャーム 牝2
NF空港
屋外直線坂路でハロン17秒のキャンター2本。
「先週から登坂本数を2本に増やしましたが、左前上腕部のハリはぶり返すことなく安定しています。脚捌きにも力強さ、しなやかさが出てきたことは好印象です。ただし、良化途上であることは否めないので今後も状態を確認しながら一歩一歩進めていきたいと思います。馬体重は451キロです」(空港担当者)

一頓挫ありましたが、今は順調に育成されていますね。まだデビューの時期がどのくらいになるか分かりませんが、年内には入厩出来ることを祈っています。ゴールドアリュール産駒は好調ですから期待したいですね。

ルージュアルダン 牡2
山元TC
周回と坂路でハロン15~17秒のキャンター調整。
「移動後から太目に見える馬体をしていたので、若干ですがペースを上げて負荷を増やした調教を行っています。脚元を含め、不安な点は見当たりませんし、馬は元気にしているのでドンドン乗り込んで行き、よりいい状態で送り出せるようにしていきます」(山元担当者)

来週から福島開催になりますが、この仔の入厩はどれくらいになるでしょうか。11月には3戦目をむかえられそうなので、今度こそ勝ち上がってほしいものですね。

|

« 愛馬近況 10/2 | トップページ | 愛馬 10/17近況 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 愛馬近況 10/2 | トップページ | 愛馬 10/17近況 »