« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月29日 (木)

愛馬近況 11/29

今回も一気にまとめて愛馬の近況です。

レッドスプレンダー 牡4
(山元TC)
ウォーキングマシン調整。
「両前腕は見た感じ、楽になってきています。まだマシンに留めてより回復を図っている状態ですが、近いうちに乗り運動を行う予定です。乗っていった際の変化を慎重に見ていかなければならないですね」(山元担当者)

若干上向いてきたレッド君ですが、まだまだ先のことになりそうですね。
乗り運動をしてからが正念場でしょうね。

グラントリアノン 牡3
(NF空港)
周回でキャンター1200mの後、屋内坂路でハロン16秒(終いハロン15秒)のキャンター1本。週1回はハロン14秒を計時、プラスして障害練習を再開。
「腰の状態もだいぶよくなってきたので、この中間から障害練習を再開しました。久々ではありますが、そつなくこなしています。今後も速目を織り交ぜ、更に仕上げを進めていきます」(空港担当者)

一時期の不安も解消して、障害練習が再開できたようです。
年内に障害デビュー出来るかと思いましたが、来年になりそうですね。
出資を決めたときには4歳未勝利馬になるとは夢にも思いませんでしたが…。

ルージュアルダン 牡2
(山元TC)
ウォーキングマシン調整。
「両前のソエは変わらず見られますが、歩様自体は良化してきたように感じます。まだ具体的なタイミングはわかりませんが、そう遠くなく試し乗りが出来るようになればと考えています」(山元担当者)

ソエ放牧は時間がかかりそうな雰囲気でしたが、そろそろ乗り込み再開出来そうなコメントが出ましたね。
3ヶ月は放牧になりそうなので、復帰は春前くらいですかね?

フィックルベリー 牝2
(大久龍厩舎)
29日は栗東DWコースで15-13程度。
「ここまで問題なくきています。週末に仕掛ける程度追って、来週一杯に追い切れば態勢は整いそうです。今のところ阪神3週目の芝2000mを目標にしています」(大久龍師)
12月16日の阪神競馬(2歳新馬・芝2000m)に出走予定。

現在、出資馬唯一の入厩馬、フィックルベリーのデビュー予定が発表されました。
2歳デビューできそうで何よりです。
前から書いていますが、この馬の能力がまったく分からないので、そんなレースをするのか楽しみですね。
しかし、いきなり芝中距離とは期待されているのでしょうか?
クラシックを目指している良血馬がたくさん出走してきそうでドキドキですね。

フォレストチャーム 牝2
(NF空港)
周回でダク400m、ハロン20秒のキャンター2500m。
「この中間も強弱を付けつつ、基本的な調教ペースを上げています。負荷を高めても左前上腕に張りが出ないのはいい傾向です。この分なら今後もスムーズにペースを上げていくことができるでしょう」(空港担当者)

まだまだ北海道にいそうなフォレストチャーム。
このペースですと、春のクラシックが終わった頃にデビューでしょうか?
血統は良いのですから、クラシックは目指してほしいなぁ…
姉のアルセイドは未勝利でしたが、調教では凄まじいタイムを計時していたのですから、この仔にも能力はあると見て期待しています。

| | コメント (0)

2007年11月20日 (火)

ペルネティアナ 地方初戦は2着

元出資場のペルネティアナが今日名古屋で地方転厩初戦を戦いました。

スタートは出遅れることも無く、ペースが落ち着いた頃には3番手で進みました。
4角から外々を回って追い上げましたが、先頭を捉えきれずに2着。
ここは勝ってほしかったですが、転厩初戦と+19kgと少し太かったかもしれません。

このクラスなら次は勝てそうなので、早く2勝して中央に戻ってきてほしいですね!

| | コメント (0)

愛馬近況 11/20

風邪をひいてしまって久々の更新になりました。

レッドスプレンダー 牡4
(山元TC)
ウォーキングマシン調整。
「ショックウェーブを当てた両前腕は、見た感じでは少し楽になってきたように感じます。まだマシンで様子を見ている段階ですが、このまま良化するようであれば近々試し乗りを行いたいと考えています」(山元担当者)

療養放牧中のレッド君ですが、若干回復傾向にあるみたいです。
でも、復活してくるのにはあと数ヶ月はかかるでしょうね…
来年の今頃はどの条件で走っているんでしょうか?

グラントリアノン 牡3
(NF空港)
屋外直線坂路でハロン16秒のキャンター1本。
「乗り続けていますが、懸念された腰の状態に悪化はありません。まだ障害調教を行うには早い感じがあるので、今後もショックウェーブ治療を継続して行い、状態の改善を図っていきます」(空港担当者)

一時頓挫していましたが、だいぶ上向いてきたようです。
あとはいつ障害レースで姿を見せてくれるかですね。

フィックルベリー 牝2
(グリーンW)
周回と坂路でハロン17~18秒のキャンター調整。21日に栗東帰厩予定。
「ようやく体の張りも出てきて、よりいい状態になってきたという印象をもっています。師とも話をして、タイミングもよく今週帰厩することになりました。頑張り屋な面があり、環境の変化に気持ちが参りやすいのかもしれませんが、これも経験によって成長してくれるでしょう」(GW担当者)

明日入厩予定ですね。
デビューは新年早々になるでしょうか?年内だったら嬉しいんですけどね。
この仔はまったくの未知数なので初戦からは分かりませんが、良い意味で期待を裏切ってくれると良いですね。

フォレストチャーム 牝2
(NF空港)
周回でダク400m、ハロン25秒のキャンター2500m。
「ペースに強弱をつけたことで、馬自身も楽に調教をこなせているようです。課題だった左前上腕の張りも、ここ最近は出ていません。今後もゆったりとしたペースで乗り進め、全体的な底上げを図っていきたいと思います。馬体重は461キロです」(空港担当者)

出資している2歳馬の中で一番遅れていますが、馬体重も増えて成長が著しいですね。
とりあえず、春になる前にはデビューしてくれると嬉しいのですがどうなんでしょうね?

ルージュアルダン 牡2
(山元TC)
ウォーキングマシン調整。
「両前のソエ、特に右前のソエにまだ痛みが強く残っている状態です。水冷によって熱感と腫れはだいぶ楽になっているのですが、乗り出すにはまだ時間が必要ですね。また右トモにも疲れがあるので、しっかり休ませて回復に専念していきます」(山元担当者)

先週、ソエが出てしまって帰厩が白紙になってしまいました。
といっても、2歳時に勝ち上がってくれたので焦る必要もないので安心ですけどね。
ソエが出るということはスピードがある証拠ですから今後に期待できますね。

| | コメント (0)

2007年11月11日 (日)

エリザベス女王杯 フサイチパンドラ完敗

今日は風邪で寝込んでしまったので、PATで馬券は購入しました。

エリザベス女王杯、朝にウオッカが出走取り消しとあって他の馬に人気が流れましたね。
本命のフサイチパンドラは3番人気に。

レースはスタートから1番人気のダイワスカーレットがハナに立ち、結局最後まで押し切り優勝。フサイチパンドラは直線追いすがるも、1馬身の差で2着。
ルメールは「結局、相手が強すぎました。」とのこと。
確かにもう少し距離が伸びても差は縮まらなかったでしょうね。

とりあえず馬券は複勝と馬連が的中してプラス収支。

来週はマイルCS。ダイワメジャーの2連覇はあるんでしょうか?

| | コメント (0)

2007年11月 8日 (木)

エリザベス女王杯 3歳と古馬ではどっち?

久しぶりに純粋な競馬の話。

今週のG1はエリザベス女王杯です。
今年は3歳が特に強いということで、早くも3歳の2強対決などと言われているようです。
そう、ダイワスカーレットウオッカですね。
ただ、私としてはこういう2強対決に対抗してくれそうな馬を見つけるのが楽しみなんですよね。
で、古馬に注目してみると気になる馬が2頭。

フサイチパンドラ
昨年のエリザベス女王杯覇者。繰り上がりとはいえ、カワカミプリンセスにタイム差なし。実際、後続には1馬身半差をつけていました。
このレース、アドマイヤグルーヴが1、1、3着と同じ馬が好走しやすいみたいです。
何より、今年の札幌記念を制しています。札幌記念は優勝した馬が秋に飛躍する出世レース。フサイチパンドラが今年もエリザベス女王杯を勝つ可能性はかなり高いと見ています。
しかも鞍上はルメール騎手ですから。。。

ディアデラノビア
昨年の3着馬。昨年は重賞レースで5連続銅メダルと堅実な走りを見せていました。
今年は2月に京都牝馬を制してからイマイチノリきれていませんでしたが、今回は鞍上に3,000勝ジョッキー武豊を迎えました。
武豊とのコンビはフローラSを勝った経験があるので、相性は悪くないはず。
今年のクラシックレースでは無念な思いをした男が何かしでかしそうです。。。

ということで、この2頭に3歳2強に何とか勝ってもらえないかな~、という思いで当日はエリザベス女王杯に注目したいと思っています!

| | コメント (0)

2007年11月 5日 (月)

ルージュアルダン 3戦目明けて

昨日快勝したルージュアルダンの陣営コメントが出ました。

ルージュアルダン 牡2
(和田厩舎)
4日の福島競馬では、好スタートから先頭に立ちレースの主導権を握ると、持ち前のスピードを活かしてそのまま逃げ切り優勝。今のところ6日に山元トレセンへ放牧予定。

「スピードが違いましたね。キレがあるという感じではないのですが、自分のペースでレースを運ぶと楽々と後続を振り切ってくれました。勝ち気な気性の持ち主ですが、リラックスして走ってくれれば距離ももう少しこなしてくれると思います。今後が楽しみな馬です」(大野騎手)

「素質の高い馬を預からせてもらいましたし、早い段階で結果を出したいと思っていました。まだまだこれからですが、とりあえず一つ勝たせることが出来てホッとしています。新馬戦でかなりいい脚で差してきたようにダートでもやれる馬ですが、今の時点では芝でスピードを活かす競馬の方がより良さそうですね。この後はレース後のケアの為に山元へ放牧に出しますが、問題ないようであればそう長くない放牧にして中山開催に向かうつもりです。今後も楽しみですね」(和田師)

安心してみていられるレースっぷりでしたね。
好スタートから終始逃げ切り体勢で、直線さらにひと伸びしてゴールしました。
タイムは2歳では普通ですが、この走りっぷりなら全然タイムは縮められそうですね。
で、やはりというか放牧。
この厩舎、在厩で調整というやり方はないんですねぇ(笑)。

| | コメント (0)

2007年11月 3日 (土)

ルージュアルダン 3戦目前夜の評価は?

久しぶりに愛馬の出走なので、前夜の評価を。
今回は1馬の評価。

印は◎▲▲注▲○でした。

ルージュアルダン 情報注目馬
和田師
『仕上がりは良いし、芝替わりもプラスだろう』(落合TM)

福島1Rなので、記事も小さめですが大体2番手か3番手評価といったところでしょうか。初めての芝なので専門家も強気の予想はしてくれないでしょうね。
でも、ルージュアルダンは芝向きの馬だと思うので、明日はなんとか勝ち上がってほしいですね。

| | コメント (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »