« エリザベス女王杯 フサイチパンドラ完敗 | トップページ | ペルネティアナ 地方初戦は2着 »

2007年11月20日 (火)

愛馬近況 11/20

風邪をひいてしまって久々の更新になりました。

レッドスプレンダー 牡4
(山元TC)
ウォーキングマシン調整。
「ショックウェーブを当てた両前腕は、見た感じでは少し楽になってきたように感じます。まだマシンで様子を見ている段階ですが、このまま良化するようであれば近々試し乗りを行いたいと考えています」(山元担当者)

療養放牧中のレッド君ですが、若干回復傾向にあるみたいです。
でも、復活してくるのにはあと数ヶ月はかかるでしょうね…
来年の今頃はどの条件で走っているんでしょうか?

グラントリアノン 牡3
(NF空港)
屋外直線坂路でハロン16秒のキャンター1本。
「乗り続けていますが、懸念された腰の状態に悪化はありません。まだ障害調教を行うには早い感じがあるので、今後もショックウェーブ治療を継続して行い、状態の改善を図っていきます」(空港担当者)

一時頓挫していましたが、だいぶ上向いてきたようです。
あとはいつ障害レースで姿を見せてくれるかですね。

フィックルベリー 牝2
(グリーンW)
周回と坂路でハロン17~18秒のキャンター調整。21日に栗東帰厩予定。
「ようやく体の張りも出てきて、よりいい状態になってきたという印象をもっています。師とも話をして、タイミングもよく今週帰厩することになりました。頑張り屋な面があり、環境の変化に気持ちが参りやすいのかもしれませんが、これも経験によって成長してくれるでしょう」(GW担当者)

明日入厩予定ですね。
デビューは新年早々になるでしょうか?年内だったら嬉しいんですけどね。
この仔はまったくの未知数なので初戦からは分かりませんが、良い意味で期待を裏切ってくれると良いですね。

フォレストチャーム 牝2
(NF空港)
周回でダク400m、ハロン25秒のキャンター2500m。
「ペースに強弱をつけたことで、馬自身も楽に調教をこなせているようです。課題だった左前上腕の張りも、ここ最近は出ていません。今後もゆったりとしたペースで乗り進め、全体的な底上げを図っていきたいと思います。馬体重は461キロです」(空港担当者)

出資している2歳馬の中で一番遅れていますが、馬体重も増えて成長が著しいですね。
とりあえず、春になる前にはデビューしてくれると嬉しいのですがどうなんでしょうね?

ルージュアルダン 牡2
(山元TC)
ウォーキングマシン調整。
「両前のソエ、特に右前のソエにまだ痛みが強く残っている状態です。水冷によって熱感と腫れはだいぶ楽になっているのですが、乗り出すにはまだ時間が必要ですね。また右トモにも疲れがあるので、しっかり休ませて回復に専念していきます」(山元担当者)

先週、ソエが出てしまって帰厩が白紙になってしまいました。
といっても、2歳時に勝ち上がってくれたので焦る必要もないので安心ですけどね。
ソエが出るということはスピードがある証拠ですから今後に期待できますね。

|

« エリザベス女王杯 フサイチパンドラ完敗 | トップページ | ペルネティアナ 地方初戦は2着 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エリザベス女王杯 フサイチパンドラ完敗 | トップページ | ペルネティアナ 地方初戦は2着 »