« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月31日 (月)

07年 愛馬の活躍回顧

今年の一口馬主ライフは、3年目ということもあって、出走数も増えて充実したものになりました。
1頭づつ振り返ってみます。

レッドスプレンダー 牡4
レッド君には不振な年になった07年。
昨年末に放牧に出され、復帰したのは6月。降級しての復帰戦はさすがの潜在能力を見せ、2着となりました。
その後は続戦するかと思いきや一頓挫もあり、少し間隔を空けて7月の最終週に復帰2戦目を走りましたが、10着と大敗してしまいました。
結果、体調が悪くなり、結局は今年2戦で終わってしまいました。

(NF空港)
周回でダク800m、ハロン22~23秒のキャンター1000m。
「この中間からコース入りを開始しましたが、一頃よりも疲れは抜けてきた感じです。両前腕もだいぶ楽になっているようです。ただし、まだ軽めの調整ということで表面に出ていない可能性もあるので、様子を見ながら少しずつ進めていきたいと思います」(空港担当者)

やっと少し調教が出来るようになりましたが、まだまだ復帰には時間がかかりそうですね。
来年は飛躍できると良いのですが…

グラントリアノン 牡3
2歳でデビューしたアノン君は、その後も順調に未勝利戦を戦いましたが、あと1歩及ばず、勝利を得られないまま未勝利戦が終わってしまいました。
しかし、通常なら引退のところを調教師の作田先生が障害挑戦を掲げ、現役続行となりました。

(作田厩舎)
26日は障害練習。
「今朝から障害練習を始めました。空港牧場でも十分練習は積んできているし、特に問題はありません。このまま練習を進めて、まずは試験合格を目指していきます」(作田師)

今月入厩して障害練習をしています。
年明け早々に障害試験に合格できれば、1月中には障害デビューできるでしょうか?
現役続行を決断した調教師のためにも、結果を出して欲しいですね。

ペルネティアナ 牝3
この娘は不幸の連続でしたね。
2歳でデビューできると思っていたのですが、鼻出血のおかげで3月デビューと遅くなってしまいました。しかも、今度は喉鳴りという挫折もあり、2度の手術が終わったころには未勝利戦の残りもわずかになってしまいました。
結局、勝ち上がることは出来ませんでしたが、地方へ転出して中央再転入を目指している現状です。今では3戦1勝となり、あと1勝で中央へ戻ってこれます。

(名古屋競馬)
26日の名古屋競馬ではスタートから好位につけ、直線で勝ち馬に追いすがるも2着。
「勝ち馬に楽をさせすぎてしまいましたね。最後は少し差を開かれましたが、バテている訳ではないですし、マイルでも問題なかったと思います。レース後の歩様も特に問題ないですし、次は1月3日のレースに使おうと思います。3着以下は大きく引き離していますし、次こそは決めたいですね」(角田輝師)

正月早々に4戦目ですね。ここで勝ってもらって、速効で中央に戻ってきて欲しいですね。

ルージュアルダン 牡2
2歳出資馬で1番の勝ち上がりを果たしてくれました。
ダートでデビューしましたが、芝に替わったとたんに勝つとは、将来が楽しみです。

(山元TC)
舎飼休養。
「徐々に負荷を掛け、調教を進めていましたが、今週になって左前ツメの内側を気にする素振りを見せました。原因はハッキリしませんが、25日も多少歩様が乱れていますので無理をしていません。落ち着くまでは舎飼で様子を見て、回復に専念します」(山元担当者)

ちょっと一頓挫していますね。
ただ、もう勝ち上がっているので、焦る必要もないので安心していられますね。
ただ、クラシックは挑戦してほしいのですがどうでしょうね?

フィックルベリー 牝2
新馬戦を大逃げで勝ったのはビックリでした。
阪神芝2000mで勝ったことは胸を張って良いのではないでしょうか?
来年のクラシックが楽しみですね。

(グリーンW)
ウォーキングマシン調整。
「やはり少しの輸送でも体は減ってしまうようですね。トレセンに入った当初は400キロくらいになっていました。しかし飼葉もこの馬なりによく食べてくれているので、今では420キロほどに回復しています。今はマシンだけで楽をさせています。落ち着いていますし、1週間ほど休ませて徐々に乗り始めていきます」(GW担当者)

体重が減りやすいのが弱点ですが、うまく使っていけば良いところを狙えると思います。
早めに2勝目を挙げて、桜花賞に…。なんてことを期待したいものです。

フォレストチャーム 牝2
2歳出資馬の中では一番調整が遅れています。
年明けにはトレセンに入るくらいでないと厳しいのですがどうなんでしょうか?

(NF空港)
周回でダク400m、ハロン20秒のキャンター2500m。
「ここ1ヶ月程度はペースアップを行っていないように、良化スピードが遅い感じです。実際に脚捌きに弱さが残ります。もうしばらくは基礎調教を続けた方が後々のためによさそうなので、年始も今のペースで丹念に乗り進めていくことを予定しています」(空港担当者)

う~ん、このままだとクラシックの時期になってもデビューできないかもしれません。
ダートで大成してくれるなら、多少遅くても良いのですが、夢は見せてほしいのですけどね…。

| | コメント (0)

2007年12月26日 (水)

ペルネティアナ 地方3戦目は2着

今日、名古屋競馬場で元出資馬のペルネティアナが3戦目を走りました。

ペルネティアナ 牝3
(名古屋競馬)
26日の名古屋競馬ではスタートから好位につけ、直線で勝ち馬に追いすがるも2着。
「勝ち馬に楽をさせすぎてしまいましたね。最後は少し差を開かれましたが、バテている訳ではないですし、マイルでも問題なかったと思います。レース後の歩様も特に問題ないですし、次は1月3日のレースに使おうと思います。3着以下は大きく引き離していますし、次こそは決めたいですね」(角田輝師)

終始、良い位置をキープしていたみたいですが、勝馬に及ばなかったという感じでしょうか?
次は年明け早々に4戦目を予定しているみたいですので、キッチリ勝って中央に戻ってきてもらいたいものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月23日 (日)

有馬記念、惨敗

惨敗ですね。

Sa3a0029

ポップロックから流しましたが、5着ではどうしようもありません。
マツリダゴッホは蛯名騎手もビックリしているくらいだから、中山巧者というのがハマった感じですね。だからといって、来年もG1取れるかは疑問ですが、中山の重賞だったらあと1コ2コは取るかもしれませんね。

ダイワスカーレットは本当に強いですね。2着とはいえ、3歳牝馬でここまでやれるんですから名牝間違いないでしょう。エアグルーヴくらいにはなるんじゃないでしょうか?

ダイワメジャーも凄いとしか言いようがないですね。この兄妹は強すぎますよ。今回は距離だけでしょうね。中距離くらいだったら、この兄妹のワンツーがあっても不思議じゃないでしょう。メジャーはこれで引退ですから、今度は種牡馬としても期待ですね。

ま、来年はもっと馬券が旨くなるように頑張りましょう!

| | コメント (0)

2007年12月22日 (土)

有馬記念の本命

明日は今年最後の中央競馬開催。
そして有馬記念の日です。
さすがにグランプリとだけあって、本命にしたい馬がたくさんいます。
そんな中、私が選んだ本命はこの馬。

ポップロック

昨年ディープインパクトの2着になり、有馬記念の相性は抜群。
有馬記念は過去を見ても、宝塚記念を好走した馬が来るという傾向があります。
ポップロックは今年の宝塚記念3着。問題ないでしょう。
秋は天皇賞・秋が4着だったものの、続くジャパンカップでは2着。1着だったアドマイヤムーンはもういません。
鞍上のペリエも、今回3枠6番が決まった時に「ヨッシャ!」と言ったそう。自信がみなぎっているみたいでした。

対抗にはダイワスカーレット
この馬、牡馬に勝てる素質は十分。自らレースのペースを作り出し、上がりも33秒台叩き出してしまっては後方の馬は追いつけるはずもありません。
距離不安とささやかれているようですが、自分でレースを作れる以上はまったく問題ないでしょう。

▲にメイショウサムソン
まさかのジャパンカップ敗戦はガッカリでしたが、アドマイヤムーンが引退した今、現役最強はこの馬でしょう。
武豊も今回はリベンジの意味で必勝を期して出てくると思いますので、要注意です。

後は3歳牡馬のロックドゥカンブドリームパスポート
ロックドゥカンブは鞍上がキネーンということもあり、外人は押さえないといけないですし、菊花賞は1番人気で3着と期待を裏切ってしまいましたが、南半球産の本馬はやっと成長が追いついてきた感じ。大物感漂うレッドランサム産駒は中山も合うはずです。
ドリームパスポートは高田潤に戻って、実力が最大限に発揮されることを信じています。

とりあえず、ポップロックの単複と、ポップロックからの3連単マルチで締めくくりたいと思ってます。
(ドリパスの応援馬券は買うかも…。)

~懸賞~
応募していたJRA-VANの懸賞に当たりました!

P1030172

ディープインパクトの本革パスケースと小銭入れ。
明日はこれをもって有馬記念の馬券を買いに行きますよ。
(これとは別に、有馬記念ファン投票のオッズカードも当たりました;)

| | コメント (0)

2007年12月21日 (金)

有馬記念・ドリームパスポートに高田潤が帰ってきた!

有馬記念の出馬表が公開されました。
馬柱を見ていると意外な組み合わせを発見。

1枠2番 ドリームパスポート 牡4 57.0 高田潤

あの高田潤が、昨年9月の神戸新聞杯以来のドリパス騎乗ですよ!
このコンビ、何故か応援したくなるんですよね。

昨年、皐月賞で2着という好走をしたにもかかわらず、ダービーでは四位に乗り替りという無念。ダービー後の神戸新聞杯では見事優勝したにもかかわらず、本番の菊花賞では横典に乗り替り。
その後も、岩田→内博→安勝と乗り替るも勝利はつかめませんでしたが、今年最後のグランプリで高田潤に手綱が戻ったことに驚きを隠せないとともに、少し嬉しい気持ちが沸き起こりました。
調教ではいつも高田がドリームパスポートに乗り、最高の仕上げをしていましたから一番この馬のことを分かっているはずです。

本当は、アドマイヤムーンが引退してお手馬がなくなった岩田が乗るんだとばかり思っていましたが、岩田は阪神での騎乗を選び、有馬記念には出場しません。空き巣の阪神で、今年最後の勝ち星量産を狙っているんでしょうか?

当日は、馬券では阪神の岩田を買って資金を増やして、有馬記念に使うのが良いかもしれませんね。

| | コメント (0)

2007年12月17日 (月)

フィックルベリー デビュー戦明けて

フィックルベリー陣営のコメントが更新されました。

フィックルベリー 牝2
(大久龍厩舎)

16日の阪神競馬では好スタートからそのままハナを切り道中後続を離しての逃げ。直線で一度は後続馬に並ばれるも最後まで抜かせず振り切り見事優勝。

「今日は好スタートを切れましたし、他馬がゆっくりだったこともあり自然と単騎逃げの形になりました。それに牝馬で初戦から包まれるのも嫌だったですし・・・。道中は後続を離しての競馬でしたが、この馬は自分のベースで走っていましたし、他馬が競って来なかったこともあり、いい感じでスローペースになりましたね。直線でも並ばれてから勝負根性を見せて終いまでしっかり走ってくれました。まだ幼いところがあり、遊びながら走ってこの結果です。今後の走りが、ますます楽しみですね」(岩田騎手)

「ジョッキーも上手く乗ってくれましたし、絶妙の逃げでしたね。馬体重も420キロと思ったより減らずに出走できましたし、状態は凄くよかったです。レース前は来週の競馬も考えていましたがテンション面で不安なところがありましたし、今週使うことにしました。今後については、やはりもう少し馬体を膨らませたいですね。まずはレース後の状態をしっかり確認して、放牧に出すことも視野に入れ進めて行きますが、跳び大きく綺麗な走りをしてくれますし、いまから次走が楽しみです」(大久龍師)

走りが綺麗だと褒められましたね。
これで次走はさらに楽しみです。
この後は馬体重を増やすために放牧でしょうかね。
とにかく、大久保龍志厩舎の皆さんには感謝です。

| | コメント (0)

2007年12月16日 (日)

フィックルベリー デビュー戦を快勝!

勝ちました!
私にとっては4頭目の勝ちあがりで、新馬勝ちは2頭目です。

阪神6R新馬戦にフィックルベリーが出走しました。
このレース、ディープインパクトの甥っ子が2頭も出走するという話題のレースでした。
もちろん、各専門誌でもフィックルベリーはドン無視。
単勝オッズは38倍で8番人気でした。

発送直前にディープインパクトの甥っ子の1頭が、馬体に故障を発生して競争除外。
ちょっとチャンスが上がりました。

スタートはポーンと飛び出してハナに立つと、一気に後続を突き放して大逃げを打ちました。道中、最大10馬身ほど差をつけて、4角から直線へ。
後続からディープインパクトの甥っ子のもう1頭、1番人気のアインラクスがせまってきましたが、なんとか頭差抑えて優勝。
岩田康誠騎手の作戦勝ちでしたね。

で、もちろん払戻は高配当。

Sa3a0026

払戻は総額5万7千円くらいでしたね。
人気薄だと勝率が上がる大久保龍志厩舎らしいですね。

年内に勝ち上がりましたので、来年のクラシックは少し楽しみにしていても良いのではないでしょうか?
オークス目標に次戦も頑張ってほしいですね!

| | コメント (0)

2007年12月12日 (水)

愛馬近況 12/12

今日は牧場組以外の愛馬たちです。

グラントリアノン 牡3
(グリーンF)
11日夕方にグリーンファーム甲南へ到着。
「両肢に軽い皮膚病がみられ、蹄サも少し気になるところがあります。ただ乗り運動に影響があるほどではないので、師と相談して12日から軽めに乗り出しています」(牧場担当者)
「入厩を視野にグリーンファームへ連れてきました。まだ未定ではありますが、年内の入厩も視野に調整していくつもりです」(作田師)

現在、入厩のために外厩であるグリーンFにいるアノン君。
去年もあった気がするけど、ちょっと皮膚病にかかっているみたいです。
でも、問題ないようなので乗り運動はしているみたいですね。
さて、いつ障害デビューするのかな…?

フィックルベリー 牝2
(大久龍厩舎)
12日は栗東坂路で併せ追い(55秒1-40秒1-26秒3-13秒2)。
「相手(ゼンノジュウシン)は1000万の馬ですし、最後までよくついていっていました。今朝の段階で馬体重が416キロとだいぶ減ってしまったのが、あと3日でどれだけ回復できるかでしょう。ただ、ガリガリという感じではなく、つくべき筋肉はついていますし、調教の動きからしても楽しみな状態であることは間違いありません」(大久龍師)
16日の阪神競馬(2歳新馬・芝2000m)に岩田騎手で出走予定。

きました!岩田騎手!
自分の中では始めて一流のジョッキーが鞍上です。
ちょっと体重が減りましたが、何とか出走できそうなので、日曜日は楽しみに観戦します。
勝ってくれるかなぁ?

| | コメント (0)

2007年12月11日 (火)

愛馬近況 12/11

今年の競馬もそろそろ終わりに近づいてきました。
今年は出走数が多かった愛馬たちですが、現時点で勝利数は1。
(地方のペルネティアナを入れれば2ですが。)
来年は何勝できるかですねぇ。

レッドスプレンダー 牡4
(NF空港)
10日に空港牧場へ到着。ウォーキングマシン調整。
「山元では軽く乗っていたようですが、両前腕に違和感があったこともあり、マシンで様子を見ています。今後は状態の把握を図った上で運動メニューを決めていきたいと思います」(空港担当者)

結局、北海道に戻っていきましたね。
何故早く牧場に戻らなかったのか不思議ですが、故郷でしっかり治してほしいですね。

グラントリアノン 牡3
(移動中)
10日に空港牧場を出発し、12日にグリーンファーム甲南に到着予定。

年内に移動できて良かったですね。
来年早々にでも障害デビューできそうで、新年の楽しみができましたよ。
さ、どんなレースをするんでしょうか?

フォレストチャーム 牝2
(NF空港)
周回でダク400m、ハロン20秒のキャンター2500m。
「まだ全体的な弱さが残っているので、これまでと同様の調教を行っています。ただし、少しずつではありますが、良化傾向にあるように、今の強弱をつけた調整が現在の本馬には合っているようです。今後も欲を出さず、ゆったりとした気持ちで接していきたいと思います」(空港担当者)

ルージュアルダン 牡2
(山元TC)
周回で軽めのキャンター調整。
「右前のソエはまだ残っていますが、軽く乗っている現状でも悪化することはありませんから心配は要らないでしょう。良化余地を残している右トモを含めて、状態を見ながら調教を重ねていきます」(山元担当者)

この冬はソエ放牧に費やしそうなアルダン君です。
乗り出しができていることからも、2月頃には帰ってこれるでしょうか?
3月までには500万を卒業してほしいですね。

| | コメント (0)

2007年12月 6日 (木)

ペルネティアナ 地方2戦目は快勝!

今日、名古屋競馬3Rでペルネティアナが地方第2戦を勝利で飾りました。
これで、中央・地方合わせての初勝利ですね。

道中は2番手追走から、3角過ぎでは先頭に並びかけて直線では鞭2発。
後続をグングン引き離して、ゴール前では手綱を抑える余裕でした。

以下、キャロットクラブより。

6日の名古屋競馬では、スタートから好位につけ直線では後続を突き放して優勝。
「向正面でも手前を替えず、ずっと右手前で走っていましたね。ゴール前でようやく左手前に替わると、後は楽に突き放してくれました。今日はスピードの違いで勝てましたが、もう少しピリッとさせて早く戻してあげたいですね。この後は状態が良ければ連闘で笠松競馬に出走予定です」(角田輝師)

なんと笠松に連闘で望むようです。
ここで2勝目を上げれば、即中央へ再転入可能です。
今日の勝ちっぷりを見れば、なんとなく勝てそうなので期待したいですね。

| | コメント (0)

2007年12月 5日 (水)

愛馬近況 12/05

今週の愛馬の近況です。
今年はあと1走くらい出来るんでしょうか。

レッドスプレンダー 牡4
(山元TC)
乗り運動を開始。
「両前腕が少しですが良化傾向にあったので、試し乗りの意味も込めて、今週から人が跨っての常歩運動を行っています。ただし、まだ万全とは言い切れない部分もありますから慎重に進めていくことには変わりありません。歩様の硬さや背腰に疲れもあるので、暫くは様子を見ながら取り組んでいきます」(山元担当者)

乗り運動をやっと開始しましたね。
ここでまたダメにならないように祈るばかりです。
復帰は来春?

グラントリアノン 牡3
(NF空港)
竹柵飛越、周回でキャンター1200mの後、屋内坂路でハロン16秒のキャンター1本。週1回はハロン15秒を計時。12月中に栗東入厩予定。
「近日中の移動に備えて、幾分時計を落として乗り進めています。一時期ペースを落としたことで疲れは完全に抜けましたし、今では快調そのものです。いい状態で送り出すことができそうです。馬体重は481キロです」(空港担当者)

今月中に入厩出来そうですね。
そうなると、年明けには障害デビューでしょうか?
馬体重も増えたことだし、期待できそうですね。

ペルネティアナ 牝3
(名古屋競馬)
2日は弥富トレセンダートコースで一杯の追い切り(53秒5-38秒8-25秒7-12秒0)。
「最終追いの動きもよかったし、引き続き状態は安定しています。100mでも前回より距離が延びるのもいいでしょうし、勝ち負けを期待できると思います」(角田輝師)
6日の公営・名古屋競馬(サラ系C13組C13・ダ1400m)に岡部誠騎手で出走。

地方第2戦です。
この追い切りだと確勝でしょうか。
早く2勝して中央に戻ってきてほしいですね。

フィックルベリー 牝2
(大久龍厩舎)
5日は調整程度。
「先週木曜の追い切り後、ガクッと疲れが出たようで飼い葉食いが上がってしまいました。予定外のことだったので日曜も軽めの追い切りをしました。動き自体はいいのですが、まだ体質的に弱いところがあるようです。明日6日に追ってみて、飼い葉食いが悪くならなければ、予定どおり来週のレースに向かおうと思います」(大久保龍師)
今のところ16日の阪神競馬(2歳新馬・芝2000m)に出走予定。

「飼い葉食いが上がってしまいました。」ってマイナス要因なんですかね?
まあ、レースを控えているのに太ってもらっても困りますが。。。
明日は無事に追い切りを消化して、16日のデビューを果たしてほしいですね。

フォレストチャーム 牝2
(NF空港)
周回でダク400m、ハロン20秒のキャンター2500m。
「引き続き、軽めの日、やや強めの日と強弱をつけて乗り込みを進めています。左前上腕を始め、悪いところはありませんが、全体的に弱さが残っている感じなので、今しばらくは急激なペースアップを図らず、淡々と乗り進めていきたいと思います。馬体重は464キロです」(空港担当者)

愛馬の中で1頭だけ出遅れた感はありますが、目標は新馬戦がなくなる前までにはデビューしてほしいですね。
5月5日生まれということで、遅生まれですからこれからでしょうかね?

ルージュアルダン 牡2
(山元TC)
周回でハッキング1000mの調整を開始。
「両前のソエは良化傾向にあるので試しにハッキング程度の運動を開始しました。ソエもありますが、動かした感じを見ると右トモの方が気になりますね。疲れが見られるので、ソエの部分も含めて入念にケアしてあげたいと思います」(山元担当者)

冬休みモードのアルダン君です。
調子が上がるのは2ヵ月後でしょうかね?
1勝していますので期限は気にしなくて良いのですが、クラシックは目指してほしいなぁ。
絶対、短距離馬ではないと思うのですが。。。

| | コメント (0)

2007年12月 2日 (日)

トールポピー 阪神JF制覇

キャロットクラブのトールポピーが阪神JFを制覇しました。

出資馬ではないのですが、うらやましいですねぇ。
私には高かったので手が出せませんでしたが、キャロットの値段付けは確かなんですね。
さすがにフサイチホウオーの全妹だけあって人気だったんですが、能力を引き出した角居厩舎も凄いですね。

来年の募集馬は、1頭のみの出資に絞って高いの買っちゃおうかな。。。

| | コメント (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »