« ペルネティアナ 地方4戦目は2着 | トップページ | ペルネティアナ 地方5戦目を快勝! »

2008年1月17日 (木)

愛馬近況 1/17

今週は愛馬に良い知らせがいくつか出てきました。

レッドスプレンダー 牡5
(NF空港)
屋内坂路でハロン18秒のキャンター1本。
「しばらくは疲れが噴き出すことを懸念し、加減した調整を続けてきましたが、そういった心配はもう要らないようです。乗り出してからもとても快活な動きを見せています。坂路入りした後もへたばることはありません。今後も段階を踏んで15-15に近づけていきたいと思います」(空港担当者)

やっと本格的な調教ができるようになってきたみたいですね。
ようやく上向いてきたことですし、春頃には万全の体勢になって復帰してきてもらいたいものです。
もう1度、重賞戦線で走りを見てみたいですしね。

グラントリアノン 牡4
(作田厩舎)
17日は障害試験を受け、無事合格。
「まだ慣れないせいか、踏みきりが一歩遠い感じがしますが、飛び自体は非常にうまいですね。目標レースは未定ですが、このぶんなら楽しみです」(作田師)

めでたく試験に合格し、障害馬にジョブチェンジしました。
2月には障害レースで見ることができるでしょうか。
1つ勝ったら平地も挑戦して、両方で勝利してくれると最高なんですけどね。

ルージュアルダン 牡3
(山元TC)
周回で1000mのあと、坂路でハロン16~17秒のキャンター調整。
「今週より坂路も取り入れて調教を行っています。以前見られたソエも落ち着いていますし、左前ツメも安定しています。ただし一旦舎飼までペースを落とした馬ですから、この後もじっくり進めていくことになるでしょう」(山元担当者) 

ソエもツメも大丈夫そうですね。
3月復帰を目指しているそうですので、あと1ヵ月半は基礎体力を付けることに専念して頑張ってもらいたいものです。

フォレストチャーム 牝3
(NF空港)
周回でハロン20秒のキャンター2500mの後、屋内坂路でハロン18秒のキャンター1本。
「じっくりやってきたことが良かったようです。年明けから調子がかなり上向き、坂路入りができるまでになりました。ただし、芯が完全にしっかりしたとは言い切れない部分もあるので、今後も慎重にペースを選んでいきたいと思います」(空港担当者)

なんか、コメントが良いのか悪いのか分かりませんが、坂路で18秒できるまでになったんですね。
で、いつ北海道を出てくるのでしょうか?春過ぎなんですかねぇ?

フィックルベリー 牝3
(大久龍厩舎)
16日に栗東帰厩。
「帰ってきたばかりなのではっきりはしていませんが、2回京都のオープン戦を視野に入れています」(大久龍師)
今のところ2月9日の京都競馬(エルフィンS・芝1600m)を視野に入れている。

フィックルベリーが帰ってきました。
次はオープン挑戦ですね。いまだに距離適正が分からないのですが、今回好走すると重賞挑戦とか見えてきちゃうんですかね?
桜花賞、出れたら最高なんですけどねぇ。
2月9日は楽しみですね。

|

« ペルネティアナ 地方4戦目は2着 | トップページ | ペルネティアナ 地方5戦目を快勝! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ペルネティアナ 地方4戦目は2着 | トップページ | ペルネティアナ 地方5戦目を快勝! »