« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月28日 (木)

愛馬近況 2/28

今週の愛馬たちの近況です。
そろそろ入厩しても良さそうな馬はいるんですが…

レッドスプレンダー 牡5
(山元TC)
25日に山元トレセンへ移動。周回で軽めのキャンター調整。
「月曜日に移動してきましたが、特に問題はなさそうです。まだ具体的な話は出ていませんから、こちらで更に乗り込んでいき、入厩後すぐ競馬となっても対応できるように取り組んでいくつもりです」(山元担当者)

ついに牧場から山元TCへやってきました。
小島厩舎に小島太一君が戻ってきてしまったので、復帰戦に乗られる可能性が高くなってしまったのが気掛かりですが…
レッド君自身はとても体調が良さそうなので、あっさり500万下クラスは突破してほしいですね。

グラントリアノン 牡4
(小松温泉)
周回でダクとハッキング調整の後、坂路で1本目ハロン18秒、2本目ハロン16~17秒のキャンター調整。週2回はハロン15秒も取り入れている。
「調教の出だしに硬さが見られ、集中力に欠ける点も見受けられることがあります。ただ調教ペースを上げても、状態は安定していますし、今後も継続して乗って移動までに出来るだけ状態をアップしたいと思います」(牧場担当者)

初障害戦で惨敗してしまいましたが、調子自体は悪くなさそうですね。
あとはアノン君に走る気があるかどうか。
あと1ヶ月は乗り込むでしょうから、その期間内でどれだけ変わるかですね。
期待したいです。

ペルネティアナ 牝4
(グリーンW)
周回と坂路でハロン17~18秒のキャンター調整。
「馬自体がガタガタになっているわけでもないし、調子が悪いというわけではありませんが、レースを使ってきた影響からか全身に皮膚病が出ています。毛ヅヤもひと息なことから無理して今週入れるのではなく、もう数週間馬体の改善にあてた上で送り出そうと思います。外見上だけの問題なので、落ち着けばそう時間を掛けずに入厩へと向かっていけるはずです」(GW担当者)

地方連戦の影響が出てきてしまったという感じでしょうか。
今週入厩予定でしたが、延期になってしまいましたね。
ま、良い休養期間ということにして、万全の状態で中央復帰戦を戦ってほしいものです。
今度こそ、中央での勝利を期待したいと思います。

フィックルベリー 牝3
(宇治田原)
周回コースで軽めのキャンター1800mと坂路で軽めのキャンター調整。
「継続して乗っていますが、動き自体は徐々にスムーズさが増してきていますね。そこに馬体が付いて来ると更にいいのですがね。飼い食いも安定はしていますが、まだ細い印象もありますし、今後も食わせ込んでいきます」(牧場担当者)

動き自体にはまったく問題ないのに、体がついてこないと…
暖かくなれば食欲増してくれないですかね?
420kgにならないと帰厩できないでしょうから、なんとか3月中に戻って4月頃にクラシックトライアルに挑戦できないものか祈るばかりです。

フォレストチャーム 牝3
(NF空港)
屋内坂路でハロン15~16秒のキャンター2本。
「まだまだな面はありますが、坂路で速めのキャンターを繰り返すことでここ最近はグッと良化してきました。ようやく展望が開けてきた感じです。このままいけばそう遠くなくいい感じに仕上がってくれるでしょう」(空港担当者)

ここ最近、ちょっと良いコメントが出ているんですが、具体的な移動予定が出ないんですよね。
新馬戦には間に合いませんけど、そろそろ入厩する予定が出てきてほしいのですが…
3月は良い近況を見たいものです。

ルージュアルダン 牡3
(山元TC)
周回と坂路でハロン17~18秒のキャンター調整。週2回は坂路で15-15。
「現在は週に2回、坂路で15-15を取り組んでいます。ただし、先週に引き続き速いところをやるとトモの歩様がイマイチですね。今後も入念にケアを施しながら乗り進めていきます。移動の話をするにはまずはトモの歩様がしっかりしてこないといけませんね」(山元担当者)

なんかまだ脚の調子が良くないんですね。
最近のコメントからそろそろ帰厩かと思ったんですが、意外と3月中旬から後半になりそうな気がしてきました。
ファルコンSとか期待していたんですがねー

| | コメント (0)

2008年2月22日 (金)

今年も出るか 調教師引退馬券

競馬界では3月~2月が1年ということで、今週は2月最終週。
毎年、この時期は引退、勇退する調教師の華むけなのか、管理馬が馬券になりやすいことでも有名です。

今年は、福島 勝調教師(栗東)、松元 省一調教師(栗東)、笹倉 武久調教師(美浦)、加賀 武見調教師(美浦)、矢野 進調教師(美浦)、増沢 末夫調教師(美浦)の6名。
この調教師の管理馬は要注意です。

| | コメント (0)

愛馬近況 2/22

今週の愛馬の近況です。
入厩馬は1頭もいませんが、牧場で調子が上がってきた馬がいますので、3月に入ればまた楽しめそうです。

レッドスプレンダー 牡5
(NF空港)
周回でハロン20秒程度のキャンター2000mの後、屋内坂路でハロン15秒のキャンター1本。入厩前調整のため、早ければ今週末に山元トレセンへ移動予定。

「この中間から速めのキャンターを開始しましたが、思っていた通りいい動きを示しています。休養前に見られた疲れもすっかり抜け、完全にリフレッシュした状態といえます。今の雰囲気を保ったまま実戦に向かえれば違った結果が出ていいと思います。馬体重は512キロです」(空港担当者)

「ようやく良くなってきたようですね。輸送をスムーズにこなしてもらって、問題ないようであればそう遠くなく帰厩の段取りを組めるようにしていくつもりです」(小島太師)

ようやく帰ってきますね。
馬体重も500kg台になりましたので、パワーアップしたということでしょうか?
スプリンターはやはり馬体重は多いほうが良いですからね。
来月の中山で復帰できそうな気がしますので、そのときは応援に駆けつけたいですね。

グラントリアノン 牡4
(小松温泉)
周回で軽めのキャンター1800mの調整。
「到着後状態を確認していますが、レース後の疲れはさほど見られませんね。調教師からは緩めずに乗ってほしいと言われていますし、早速乗っていますが、若干背腰や踏み込みが甘いかなと感じるところもあります。また飼い葉を食べるのに時間がかかることがありますね。こちらにいる間はそのあたりに注意を払いながら進めていきますが、状態も安定していますし徐々に早めのところを取り入れていきます」(牧場担当者)

温泉療養しながら再調整されるアノン君ですが、馬体には特に問題も無いようで安心しました。
前走大敗しているだけにどれだけ間隔を空けられるか分かりませんが、次走は見所のある走りをしてほしいものですね。

フィックルベリー 牝3
(宇治田原)
周回コースで軽めのキャンター1800mと坂路で軽めのキャンター調整。
「トレセンで一時期400キロくらいだった馬体重は410キロくらいまで増えています。ただし、見た目にもまだまだ肉付きが足りないですね。今後は馬体造りがメインになるでしょう。当面は適度な負荷を掛けつつ乗り進めていきます」(牧場担当者)

410kgまで回復したようですが、すぐに馬体重が減るので430kgにならないとトレセンに戻らないかもしれません。
肉付きも足りないとのことですので、春のクラシックは厳しいでしょうかね?
せっかく新馬戦でアインラクスを負かしているんですから、この仔もクラシック候補になっても良いのですけどね。
桜花賞は無理でもオークスは…、輸送があるから無理ですかねぇ。。。
いや、東京でG1走る姿を期待して経過を見ましょう。

フォレストチャーム 牝3
(NF空港)
屋内坂路でハロン15~16秒のキャンター2本。
「まだ幼い面も残りますが、確実に上昇しており、この中間から始めたハロン15秒の調整でも問題なく消化することができています。今後は3月中の移動を想定し、更に負荷を高めていきたいと思います。馬体重は480キロです」(空港担当者)

やっと15秒の調教が始められました。
これなら来月には入厩出来そうですね。
姉のアルセイドは調教メチャクチャ走りましたから、この仔もそれだけ走れれば期待が持てそうですね。

ルージュアルダン 牡3
(山元TC)
周回と坂路でハロン17~18秒のキャンター調整。日によって15-15も取り入れている。
「先週の状態を見た上で速い調教を再度取り入れ始めました。多少、右トモの歩様が物足りなさそうな印象は受けますが、入念にケアを行っていけば問題ないでしょう。まずは状態を安定させることに専念し、その上で移動などの具体的な話ができればと考えています」(山元担当者)

ルージュも15秒に入れました。
ちょっと右トモは心配ですが、移動の話も出てきましたし、来月には復帰戦を戦えるかもしれませんね。
路線的にはNHKマイルCを目指してほしいなぁ…

| | コメント (0)

2008年2月17日 (日)

ペルネティアナ 再転入は吉田厩舎に

キャロットクラブより、ペルネティアナの近況が更新されていました。

ペルネティアナ 牝4
(奥西S)
20日にグリーンウッドへ移動し、27日もしくは28日に栗東入厩予定。当初は音無厩舎への再転入を予定していましたが、現状で早期入厩の目処が立たないため、クラブ、音無師、吉田師で検討を行った結果、栗東・吉田厩舎所属として中央再転入することになりました。今のところ1回中京開催での出走を目標にしています。

なんと、音無厩舎ではなく吉田厩舎になってしまいました。
音無先生は期待していてくれていたんですが、馬房数の関係でしょうか?
しかし残念です。
で、吉田調教師って聞いたこと無いな?って思ってJRAで調べましたが、昨年新規開業した厩舎なんですね。
昨年は8勝で、特に活躍馬はいませんね。
どうなるのか分かりませんが、ペルネはペルネらしく頑張って欲しいものです。
中京開催の中央復帰ですから、今まで名古屋競馬で走っていたペルネにとっては場所があまり変わらないですね。
まずは復帰してどれだけ中央に通用するか期待して見ていたいと思っています。

がんばれ!ペルネティアナ

| | コメント (0)

2008年2月14日 (木)

地方最強の男、中央へ殴りこみ 内田博幸

14日、JARは平成20年度の騎手免許試験合格者を発表しました。
その中に、地方競馬4年連続リーディングジョッキー、3000勝を記録した内田博幸騎手の名がありました。
昨年もG1NHKマイルCを勝つなど大活躍した、地方最後の怪物が中央競馬へ来るとなると、西高東低と言われた競馬界のパワーバランスが変わる可能性がかなり高いですね。
現状、西には武豊、安藤勝己、岩田康誠の3巨頭を筆頭に、藤田伸二、福永祐一とスタージョッキーがきらめく中、東の美浦に内田博幸騎手が所属することになれば、関東のジョッキー達も奮起するのではないでしょうか?
08年が終わる頃には、武豊と内田博幸のリーディング争いになっているかもしれません。

一口馬主を関東在住でやっている身としては、これで美浦所属の馬を買いやすくなりますしね。
私の場合、レッドスプレンダー、ルージュアルダン、ビワプランサーの03が美浦所属ですから、この3頭に内田博幸騎手が騎乗してくれることを切に願いたいものですね。

| | コメント (0)

2008年2月13日 (水)

愛馬近況 2/13

クラシック戦線へのステップレースが始まる時期ですが、愛馬たちはどうでしょうか?

レッドスプレンダー 牡5
(NF空港)
周回で軽めのキャンター1000mの後、屋内坂路でハロン16秒のキャンター1本。
「ペースこそ変わりませんが、いい動きを示しています。あとは速めのキャンターを適時取り入れ仕上げを進めていくだけです。この分でいくと3月中には入厩態勢が整うと思います」(空港担当者)

まだ先ですが、入厩が見えてきましたね。
今年こそは飛躍の年になるように頑張ってほしいですね。
今年は重賞出れるくらいに出生しないかな…

グラントリアノン 牡4
2/12
作田厩舎
11日の京都競馬では道中最後方からの競馬。直線でも前の馬に離され伸びを欠き12着。
「初障害になりましたが、何回か障害の大分手前から飛越していたように、まだ不安定なところがありました。今日は道中のペースが速く、また久々のレースで障害初戦ということもあり結果は振るいませんでしたが、次走は息の入りも良くなるでしょうし、巻き返しを期待したいです」(内田浩騎手)
「飛越が安定しなかったように、もっとリラックスして競馬に臨めるといいですね。一度使って慣れるところも出て来るでしょうし、変わり身を期待します。次走についてはレース後の状態を確認してから決めていくことになるでしょう」(日吉助手)

2/13
(小松温泉)
13日に小松温泉牧場へ放牧。
「飛越が安定しませんでしたね。初障害なので致し方ないところもあるでしょう。上の着順を拾えなかったので間隔を空ける必要があります。小松温泉牧場へ移動させますが、今のところ3週間くらいで戻す予定でいます」(作田師)

初障害は残念な結果に終わりました。
3週間ほど放牧へ出されましたね。
これくらいの期間で何か変わるか分かりませんが、次はレースになるように走ってほしいですね。

ルージュアルダン 牡3
(山元TC)
周回と坂路でハロン17~18秒のキャンター調整。
「先週の段階で右トモの歩様がイマイチだったのですが、一過性の疲れだったようです。先週よりはだいぶ歩様も良化していますし、問題ないだろうと判断して坂路での調整も再度取り入れています」(山元担当者)

先週少し心配しましたが大丈夫そうですね。
このペースなら3月中には復帰戦でしょうか?
早く競馬場で見たいです。

フィックルベリー 牝3
(宇治田原)
周回コースで常歩とハッキング程度。
「軽めに乗り始めていますが、状態は安定しています。ただやはり身体が寂しく映ることに変わりありませんので、背腰を刺激しつつ少しでも飼葉が実になるように気をつけて進めていきたいです」(牧場担当者)

体重を増やすために放牧に出たフィックルベリーですが、どのくらい期間かかるのか分かりませんね。
桜花賞はもうあきらめて、オークスとか目指したりするんでしょうか?
先週出走予定だったエルフィンSはポルトフィーノが圧勝しましたが、この状態だと出なくて正解でしたね。
もっとゴハン食べて下さい…

フォレストチャーム 牝3
(NF空港)
屋内坂路でハロン16秒のキャンター2本。
「基礎作りを主眼に置き、ハロン16秒を継続していますが、こちらが意図するような成長を見せています。この分なら2月中に速いところを開始し、入厩を睨んだ調整ができると思います」(空港担当者)

15-15はまだでしょうかね?
入厩の2文字が出ましたが、3月中に出来れば御の字ですね。
頑張ってほしいです。

| | コメント (0)

2008年2月11日 (月)

グラントリアノン 障害デビュー戦は惨敗

惨敗です。見せ場も無かったですね。

ゲートにボロをしながら入ったと思ったらスタート。
大きく出遅れました。そりゃ、人間でもウンコしながら走れませんわ。

道中はカメラからほとんど映らない最後方を追走。
飛越も危なっかしく、いつ落馬するかとヒヤヒヤでした。

ゴールもスローで映し出す中に入らずに切られる始末。
故障としか思えない走りでした。

う~ん、もう1度チャンスをもらえるんでしょうか?
明日の更新で引退の2文字がチラつきますね…

| | コメント (0)

2008年2月 9日 (土)

グラントリアノン 2度目の雪開催中止

はい、京都は3R以降雪で中止になりました。
アノン君は雪男ですか?

3R以降のレースは月曜日に開催するらしいですが、再出馬投票から行なうらしいので、アノン君が出るかは決定事項ではありません。
買った競馬新聞どうしてくれる?

東京は夜の時点で大雪。積もってます。
明日は東京が中止になりそうですね。
京都はどうなんでしょうか…?

| | コメント (0)

2008年2月 8日 (金)

グラントリアノン 障害デビュー戦2度目

明日はグラントリアノンが障害デビューします。
先週は雪だったために中止になってしまいましたが仕切り直しです。

グラントリアノン 牡4
(作田厩舎)
「想定を見比べて京都に使うことにしました。障害初戦になりますが、状態はまずまずいいですしどのような走りをしてくれるか楽しみにしています」(作田師)
9日の京都競馬(4歳上障害未勝利・ダ2930m)に内田浩騎手で出走。

先週は今村騎手の予定でしたが、今週は内田浩一騎手。
内田騎手もグラントリアノンの調教に乗ってくれていた騎手ですので安心ですね。
ただ、明日も京都は雪の予報。
また中止になったらどうなるんでしょうね?
障害レースのある4Rまで降らないことを祈るばかりです。

| | コメント (0)

2008年2月 6日 (水)

愛馬近況 2/6

先週は雪が降ったりと大変でしたね。
グラントリアノンの障害デビューが延期になってしまいましたし。
今週はどうでしょうか?

レッドスプレンダー 牡5
(NF空港)
周回で軽めのキャンター1000mの後、屋内坂路でハロン16秒のキャンター1本。
「しっかりと休ませたことがよかったようで、これまでに見られた疲れも見られず、ますます快調なキャンターをしています。実際に週を追う毎に良化しており、頼もしい限りです。馬体重は514キロです」(空港担当者)

先週と変わらないように見えますが、順調そうです。
暖かくなる4月くらいには復帰戦を見ることができそうですね。
早く帰ってきてもらいたいものです。

グラントリアノン 牡4
(作田厩舎)
「幸い、出走権利はそのまま持ち越せるとのことで、今週の京都か東京に出走することにしました。どちらに使うかはメンバー等を見てからになりますが、東京の場合は輸送があるので強いところはやらず、明日ぐらいに15-15程度をやるだけにします」(作田師)
9日の京都競馬(4歳上障害未勝利・ダ2930m)もしくは10日の東京競馬(4歳上障害未勝利・ダ3000m)に出走予定。

出走権利はそのままということで、今週出走です。
東京も選択肢に入っているみたいですので、是非東京に来てほしい!
まだ1度も生でグラントリアノンを見ていないんですよね。
輸送があって大変かもしれませんが、丈夫なアノン君です。きっと大丈夫。
明日の出走確定まで期待しながら待てますね。

ルージュアルダン 牡3
(山元TC)
周回でハロン17~18秒のキャンター2000mの調整。
「左前脚のソエの状況は先週とそう変わりありません。ただし、先週に右トモの歩様がイマイチに映ったため、念のため坂路調教をやめて、周回のみのメニューに切り替えています。これまで調教を継続してきたことで馬に疲れが出ているのでしょう。しばらくは様子を見ながらの調整になりますが、そう心配は要らないと思います」(山元担当者)
 

順調だったんですが、ちょっと頓挫してしまいました。
何事も無ければ良いのですが…
来週の更新が今からドキドキです。

フィックルベリー 牝3
(宇治田原)
2日に宇治田原優駿ステーブルへ放牧移動。ウォーキングマシン調整。
「こちらには初めてやってきましたが、調教師からも聞いていた様に、やはり身体にもっと肉がついて欲しいなという印象を受けました。移動して間もないので現状マシン程度ですが、今後はやはり身体を造りつつ調教負荷を掛けていくことになるでしょう。まずはこの牧場の環境に慣らして行ってあげたいですね」(牧場担当者)

カイバを食べないことで馬体重が減ったため放牧に出されてしまいました。
ただ、グリーンWではなく、宇治田原に出されました。
ここはかなり良い外厩らしく、スタッフの腕も良いらしいので、一段とパワーアップして戻してくれることを期待したいですね。

フォレストチャーム 牝3
(NF空港)
屋内坂路でハロン16秒のキャンター2本。
「徐々にしっかりはしていますが、まだまだな部分もあります。ただし、ハロン16秒を継続できているように昨年と比べると全体的な底上げがなされたことは間違いありません。今後の良化スピードにもよりますが、2月中に15-15を開始できればと思っています。馬体重は472キロです」(空港担当者)

コメントは良いのですが、やはりちょっと遅いです。
今月中に15-15出来るとして、移動は3月くらい?
早くて4月デビューになるっぽいですね。
1日でも早くデビューできることを祈るばかりです。

| | コメント (0)

2008年2月 3日 (日)

グラントリアノン 障害デビューは雪で延期

今日の京都4R、障害未勝利戦に出走予定だったグラントリアノンですが…

雪でレースが中止

9時現在、東京は全レース中止で、京都は障害戦のみ中止という事態。
う~ん、残念ですねぇ。
来週の未勝利戦に出るのかは、来週のクラブの発表を待たなければいけません。
ま、風邪でちょっと外に出るのが億劫なので、今日出なくてちょうど良かったのかもしれませんが。

今日は雪の影響がなさそうな小倉開催のレースでも買って楽しみますか。

| | コメント (0)

2008年2月 1日 (金)

フィックルベリー エルフィンS回避

残念なお知らせがキャロットクラブから発表されました。

フィックルベリー 牝3
(大久龍厩舎)
「1日の朝に馬体重を量ったところ、馬服を着た状態で402キロしかありませんでした。このままでは、400キロを切る体重で競馬に向かうことになってしまうので、来週の競馬は回避します。木曜の追い切りではいい動きを見せていただけに残念ですが、エルフィンSが最終目標ではありません。能力のある馬ですし、先々のことを考えて、ここは一度放牧に出し立て直そうと思います」(大久保龍師)
予定していた9日の京都競馬(エルフィンS・芝1600m)は回避することになった。近日中にグリーンウッドもしくは宇治田原優駿ステーブルに放牧予定。

がーん。
拒食症のフィックルベリー。
エルフィンS回避ですって。
まあ、評判のポルトフィーノも参戦してくるので、当たらなくて今は良かったのではと前向きに考えましょう。
まだまだ先はありますし、3月に間に合えば、いきなり桜花賞トライアルに出ても良いですから。
しかし、どうしたらカイバを食べてくれるんでしょうね。
追い切りは良いんだから好勝負できるんだけどなぁ…

| | コメント (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »