« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月29日 (火)

フィックルベリー フローラS明けて

フィックルベリーのフローラS後の陣営のコメントが更新されました。

フィックルベリー 牝3
(大久龍厩舎)
27日の東京競馬では2~3番手につけ、直線で粘り込みを図るも最後は脚が上がり12着。「ある程度前に行ければ折り合いのつく馬だし、結果論だけど、あのペースなら思い切って先頭に立つ乗り方をして欲しかったですね。ここまで馬体維持に苦労したし、厩舎一丸で努力してきました。その結果、マイナス2キロと大きく減らさずに出走できただけに、チグハグになってしまったのは残念です。そんな中でも直線半ばまで粘っていたのは力がある証拠だし、これからも大事に使ってあげればもうひとつ上のランクの馬になれるはずです。今後は様子を見た上で放牧に出すか判断します」(大久龍師)

「他の馬の出方によってはハナに行くことも考えていましたが、主張する馬がいたため控える乗り方を選択しました。しかし、折り合いを欠いてしまう形になり、結果的には無理にでもハナへ行ったほうがよかったのかもしれません。今回でキャリア2戦目だったし、慣れてくればこういう競馬もできるようになると思います。初めて跨がりましたが、小さい馬だけど凄くバネがあって感触がとてもいい馬です。距離はまだあってもこなせそうだし、いいモノを持っている馬です。せっかくのチャンスだったし、もっと大胆に乗れればと思うと非常に悔しいです」(大庭騎手)

騎手も調教師も「逃げればよかった」という見解なんですね。ちょっと意外でした。確かに新馬戦を逃げ切っていたことを考えると、フィックルベリーは逃げてなんぼということなのかもしれませんね。
この後放牧だとは思うのですが、馬体重が大幅に減らなかったので続戦もありうるかもしれません。そうなった場合は輸送距離の短い京都で3戦目を期待したいですね。

| | コメント (0)

2008年4月27日 (日)

フィックルベリー フローラSは12着

今日は東京競馬場にフィックルベリーを応援に行って行きました。
関西所属の出資馬には滅多に会えないので楽しみでした。

パドックでは心配された馬体重も前走比-2kgで、輸送に成功といったところでしょうか。ただ、周回中は少しカリカリしていたでしょうか?ちょっとイレ込まないか心配でした。

Fickle_berry_1

Fickle_berry_2

レースは好スタートから番手につけると折り合いながら道中は追走。3コーナーから徐々に先頭にせまり、直線入り口ではトップに躍り出ようかというところでしたが、直線の叩き合いは伸びることが出来ず後続に飲み込まれてしまいました。
結果12着で入選。オークスへの切符を獲得することが出来ませんでした。

しかし、体重の心配な仔が輸送をクリアし、結果はどうあれ見せ場たっぷりのレース内容は非凡な才能をのぞかせたと思います。
今回は経験値の差でしょう。秋に向けてまた体を作って、秋華賞に出れたら良いですね。

今日は前向きな敗戦として、悪くない1日でした!

| | コメント (0)

2008年4月26日 (土)

愛馬近況 4/26

今週も時間が取れなくて週末の更新になってしまいましたが、今週の愛馬の近況です。

レッドスプレンダー 牡5
(小島太厩舎)
23日は美浦南Pコースでの追い切り(71秒4-55秒3-41秒7-14秒4)。
「去年は使った後の反動が多少目立っていましたが、今回はそれほどではありませんでしたね。年を重ねて少し体質面も強くなってくれているのでしょう。今週は71秒くらいのところを行っていますが、動き自体も悪くないです。節の問題もあるので、出走に関しては微妙なところですが、来週の新潟を視野に取り組んでいるところです」(小島良助手)
5月4日の新潟競馬(4歳上500万下・芝1200m)に出走予定。

前走久々を走っての反動が心配でしたが、問題が無いようですね。
なんとG.Wの新潟競馬場に出走するみたいですね。
今度は太一君じゃないように切に願いたいです。

グラントリアノン 牡4
(栗東HC)
周回でハロン18秒のキャンター調整。
「状態も安定していたので徐々にペースを上げて調教を開始しています。調教後も右トモの状態は変わりなく安定していますし、その他では気になるようなところもありませんので、状態を見ながら負荷を掛けて行きたいと思います」(牧場担当者)

唯一1頭入厩していないグラントリアノン君ですが、状態的には安定しているみたいです。
帰厩は5月中旬くらいですかね?

ペルネティアナ 牝4
(吉田厩舎)
「転厩初戦で、久々の実戦だったのでまずまずの内容でした。楽しみが広がりましたね。あの内容ならもっと走れる馬ですし、1度使って良くなると思います。次走はまだ確定ではありませんが、続戦の予定です」(吉田師)

前走直線で見せ場を作ったペルネですが、続戦するみたいですね。
次は1つでも順位を上げられるように頑張って欲しいです。
500万下では上位着順を繰り返すことが出来そうですから、再ファンドして正解でしたよ。

フィックルベリー 牝3
08/4/23
(大久龍厩舎)

23日は栗東坂路での追い切り(53秒5-39秒2-26秒0-13秒2)。
「動きはいいし、素質的にもいいものを持っていますが、馬体はギリギリといったところでしょうか。この後どのくらい我慢してくれるかでしょう。正式な出否は投票ぎりぎりまで様子を見てからになります」(担当助手)
今のところ27日の東京競馬(サンスポ賞フローラS・芝2000m)に出走予定。

08/4/24
(大久龍厩舎)
「23日の追い切り後の状態もよく、24日の計測では422キロをキープできていました。今の感じなら問題なくレースに使えそうなので出馬投票を行いました。東京までの輸送で10キロくらい減ると思いますが、410キロを割らなければいい競馬ができると思います」(大久龍師)
27日の東京競馬(サンスポ賞フローラS・芝2000m)に大庭騎手で出走。

ついにフィックルベリーの重賞挑戦が決まりました。しかもオークストライアルですので、3着までに入ればG1への道が開けます。
人気は全然ないと思いますが、新馬戦で見せた能力が発揮できれば期待はあると思います。
がんばれ!フィックルベリー!!

フォレストチャーム 牝3
(中竹厩舎)
24日はゲート試験を受けるも不合格。
「駐立も良く、出も合格圏内だと思うのですが、これで不合格ではちょっと厳しすぎるという内容。様子を見て馬に問題なければ、明日、僕が乗ってもう一度受けてみようと思っています」(中竹師)

ゲート試験落ちてしまいました。。。
調教師から厳しすぎるとの言葉なので、特にゲート難ではないことは確かですから少し安心しました。
すぐにでも再試験を受けるみたいですので、これが合格できればそろそろデビューですね!

ルージュアルダン 牡3
(和田厩舎)
「負けはしましたがいい競馬だったのではないでしょうか。ジョッキーも評価してくれたようですし、いいスピードを見せてくれたと思います。やはり短いところで力を発揮するのが良さそうですし、次もその点を生かす競馬ができれば。幸いレース後も疲れは目立ちませんし、来週の直線競馬を考えていますよ」(和田師)
5月4日の新潟競馬(はやぶさ賞・芝1000m)に中館騎手で出走予定。

早速次走の予定が出たアルダン君です。
なんと直線競馬に中舘騎手で挑戦ですね。これで外枠を引いたらかなり期待できるのではないでしょうか?
しかも同じ日に新潟でレッドスプレンダーも走りますから、5月4日は2勝という期待も膨らみます。秋のためにもここはなんとか勝ってほしいですね!

| | コメント (0)

2008年4月21日 (月)

ペルネティアナ、ルージュアルダン レースから一夜明けて

昨日は試験で愛馬のレースが見れませんでした。
帰ってからレースを見たんですが、両馬とも勝てませんでしたが頑張ってくれました。

ペルネティアナ 牝4
(吉田厩舎)
20日の福島競馬では中団やや後方からジリジリと伸びてくるも6着。

「パドックなどでイレ込みが目立っていましたが、競馬に行くと多少は落ち着いていました。ただ、力みがあったのは確かで最後も惰性で流れ込んだ形。もっとリラックスして走れれば終いもよりいい脚が使えると思います。この条件もまったく気になりませんでしたよ」(北村友騎手)

「輸送を経たということもあるのでしょうが、体が極端に減っていましたからね。そのあたりが次の課題になるでしょう。レース後の状態を見た上でになりますが、問題なければこのまま続戦して、もう一度同じような条件のレースに向かうつもりです」(吉田師)

確かに馬体重が大幅に減っていましたが、後方から良く追い込んで6着まで来たと思います。この後、問題なければ続戦するみたいですので、なるべく輸送距離の短い京都あたりで出走できたら良いですね。

ルージュアルダン 牡3
(和田厩舎)
20日の福島競馬では先団の外につけ、4コーナーで前を捕らえに行くも直線で伸びを欠き4着。
「今日は休み明けでしたからね。体に少し緩さがあって手前の替え方もスムーズではなかったし、最後はひと息になりました。前日の降雨による荒れ馬場も気にしてなかったし、スピードもあります。初めて乗りましたけど素質を感じるし、いい馬ですね。一度使ったことで次はもっと良くなると思います」(北村友騎手)

4コーナーでは勝てると思ったんですが、直線向いてから止まってしまいましたね。
休み明けでもありますし、このまま続戦すれば次はもっと良い結果になりそうです。
秋に向けてもう1勝出来れば楽になりますから、次は勝ってほしいですね。

| | コメント (0)

2008年4月19日 (土)

愛馬近況 4/19

今週は忙しくて愛馬の近況が週末になってしまいました。
明日は2頭も愛馬が出走します。

レッドスプレンダー 牡5
(小島太厩舎)

「やはり久々の影響は大きかったというレースぶりでしたね。今日から動かして、歩様を含め馬の状態をチェックしていくところですが、レースを使った分だけ腰に疲れが出てくるとは思います。少なくとも数日は様子を見た上でどの程度のものか判断し、進めていけるようであればこのまま次へと向かっていきたいと考えています」(小島勝助手)

先週はガッカリな結果でしたが、このあと問題が無ければ続戦してもらって欲しいですね。
その時は太一君以外の騎手をお願いしたいものです。。。

グラントリアノン 牡4
(栗東HC)
周回でダク調整。
「今日からダク程度に乗り始めています。調教後も右トモを含め脚元は安定しています。その他飼葉食いも安定していますし、気になるようなところはありません。今後も状態を見ながら無理をすることなく、乗り進めることになるでしょう」(牧場担当者)

一頓挫してしまったアノン君ですが、状態も安定していますので安心しました。
そういえば、愛馬で入厩していないのはアノン君だけなんですよね…

ペルネティアナ 牝4
(吉田厩舎)
16日は栗東CWコースでの追い切り。
「ゲートも一応通しましたが、問題はなさそうです。転厩初戦で掴みきれない部分もありますが、しっかり乗り込んできましたし、いい状態で復帰戦を迎えられそうですね」(吉田師)
20日の福島競馬(4歳上500万下・牝馬限定・ダ1700m)に北村友騎手で出走。

今週、といっても明日福島でペルネティアナの中央復帰第1戦が決まりました。
鞍上も北村友一という若手で乗れているホープですから、安心して応援できます。
さ、地方とは違うと思いますが、ここは期待していても良いのではないでしょうか?

ルージュアルダン 牡3
(和田厩舎)
16日は美浦南Wコースでの追い切り(66秒7-52秒1-38秒3-13秒1)。
「順調ですね。先週末にもそれなりの負荷を掛けた調教を行えていますし、16日の追い切りの動きも上々。久々になりますし、実質昇級初戦ですからどこまでやれるかといったところですが、スピード豊かな馬だし、楽しみにしていますよ。かなり登録頭数が多かったので、あとはスムーズに出走できるかどうかですね」(和田師)
20日の福島競馬(雪うさぎ賞・芝1200m)に北村友騎手で出走。

ルージュアルダンも明日の福島に出走です。鞍上もペルネティアナと同じ北村友一君です。
アルダン君はNHKマイルCを狙って欲しかったんですが、ちょっと時期が遅くなってしまいました。でも、この特別戦に勝てればまだ望みはあるでしょうか?
ここは一発、良いレースを見せて欲しいですね。

フィックルベリー 牝3
(大久龍厩舎)
17日は栗東坂路での追い切り(55秒4-40秒0-25秒8-12秒6)。
「雨で馬場が悪く、同じ時間帯に走って終い13秒を切る馬はほとんどいない中でも、しっかりと反応して12秒6。いい走りをするし、改めて能力を確認しました。馬体重は水曜日で424キロ。ここから20キロほど減ってしまった前回の帰厩時のようになってしまったら、さすがに反動がキツイでしょう。なんとか今ぐらいをキープできればいいのですが・・・」(大久龍師)
あくまでも馬の状態次第だが、27日の東京競馬(サンスポ賞フローラS・芝2000m)への出走を視野に入れている。

やはり段々馬体重が減ってします。なんとかこれ以上減らないで欲しいですが。。。
状態次第だそうですが、フローラSに出走してくれるなら絶対応援に行きますので、なんとか減らないで欲しいです!

フォレストチャーム 牝3
(中竹厩舎)
16日はゲート練習。
「乗りながら、馬場内のゲートで出入りの練習をしています。入った頃よりはマシですが、今ひとつ毛ヅヤがパッとしないので、昨日は整腸剤を飲ませました。暖かくなってきて、体調が上向けば良くなるでしょう」(中竹師)

さて、入厩したは良いですが、毛ヅヤがイマイチなようでちょっと心配です。
早くゲート試験に合格してデビュー戦を見たいんですけどねぇ…

| | コメント (0)

2008年4月14日 (月)

レッドスプレンダー 11戦目明けて

レッドスプレンダーの陣営のコメントがあがりました。

レッドスプレンダー 牡5
(小島太厩舎)
12日の福島競馬ではスタートを決め、楽に逃げるも直線に入ってから突き放せず7着。

「じっくりやってきたことでだいぶ良くなっていましたが、本来の出来にはありませんでした。実際、レース直後にかなり息が上がっていたし、長いブランクの影響があったレースでした。心肺面をはじめ、今回使って良くなるはずですが、弱いところがある馬なので、まずはしっかり状態をチェックしてから今後のことは考えます」(小島太師)

「ゲートが速く楽に先頭に立てました。極端に速い逃げではなかったのですが、結果的には前に行った分、最後は伸びを欠いてしまったのかもしれません。また、今回は長期休養明けでしたし、最後は苦しがっていました。レース直後は問題なかったのですが、腰をはじめ弱いところがある馬なので、肉体面の反動が出ずに次に向かうことができれば走りは良くなると思います」(小島騎手)

休み明けで本来の調子ではなかったというのが陣営のコメントですね。
…が!
騎手の騎乗についてはなにも無いんですね。
ガッカリです。
このまま次も太一で行くならもう諦めますよ、この厩舎。。。

| | コメント (0)

2008年4月12日 (土)

レッドスプレンダー 8ヶ月ぶりの復帰戦は7着

福島9Rでレッドスプレンダーが復帰戦を戦いました。

ですが…
あまりの結果にガッカリ過ぎて言うことがありません。

パドックでは体も大きくなりパワーアップしているように見えました。
毛ヅヤも良く、歩様も問題なかったですね。

レースはスタートを決め、逃げるかたちになりました。
4コーナーまで持ったままで進み、直線追い出すも何をしているのか小島太一、フラフラとよろけて隣の馬にぶつかりそうになりました。
そのまま後退していき、結果7着で入線。

小島太一。あまりの騎乗に初めて怒りが湧いてきました。
こんな騎乗をするんだったら騎手を辞めていただきたいです。
小島厩舎も息子に甘やかすくらいなら信用できなくなりました。
今日ほど転厩を願ったことはない一日でした。

次走は小島太一以外でお願いしたいですね。

| | コメント (0)

2008年4月10日 (木)

愛馬近況 4/10

今週は久しぶりに愛馬の出走があります。
その他の愛馬も続々出走予定がたってきました。

レッドスプレンダー 牡5
(小島太厩舎)
9日は美浦坂路での追い切り(53秒0-37秒2-24秒9-13秒0)。
「帰厩直後は軽くキャンターを踏むだけで息が上がっていましたが、じっくり乗り込んできたことでだいぶ変わってきました。実際に動きも良くなっているし、今週の競馬に行くには問題ないと思います。特別戦になるか平場になるかは相手関係などを考慮して決めることになると思います」
(小島良助手)12日の福島競馬(4歳上500万下・芝1200m)小島騎手で出走。

特別戦ではなく平場での出走に決まりました。こちらのほうがメンバーは弱化されているからチャンスはありますね。
問題は…、鞍上ですけどね。。。

ペルネティアナ 牝4
(吉田厩舎)
9日は栗東坂路での追い切り(55秒6-40秒7-26秒6-13秒1)。
「先週木曜にゲート試験に合格。最初の試験で暴れた以外は問題なく、今は落ち着きも出ています。まだしっかりとは追っていませんが、久々の競馬になりますし来週の競馬に向けてしっかりとペースアップしていきます」(吉田師)
20日の福島競馬(4歳上500万下・牝馬限定・ダ1700m)に出走予定。

ペルネティアナがついに中央復帰戦ですね。来週がとても楽しみです。
転厩初戦ですから良い方向に変わってくれることを願います。
鞍上は誰になるんでしょうね?

グラントリアノン 牡4
(栗東HC)
3日に栗東ホースクラブへ放牧移動。ウォーキングマシン調整。
「右トモにフレグモーネが出たため、放牧になりましたが、今のところ腫れはない状態ですし、体温も安定しています。現状マシン程度ですが、調教師は短期の放牧を考えているとのことですし、状態を見ながら軽めに乗って行きたいと思います」(牧場担当者)

一頓挫してしまいました。でも短期放牧予定ということは軽い症状なんでしょうね。
早く帰ってきてくれることを願います。

フィックルベリー 牝3
08/4/8
(宇治田原)
周回コースで軽めのキャンター1800mと坂路でハロン17~18秒のキャンター調整。週1~2本は坂路でハロン15秒のキャンター調整。今週中に栗東帰厩予定。
「順調に調教をこなしてくれています。馬体重も430キロ台後半で推移していますし、見た目にも悪くないですね。こちらでは約2ヶ月乗り込んできましたが、環境にも慣れてくれたのか、ゆっくりながら確実に馬体重は増えてくれました。トレセンでもいい意味で気を抜いてリラックスして進められれば馬体も維持できるでしょうし、力を発揮できるはずです」(牧場担当者)

08/4/10
(宇治田原)
12日に栗東帰厩予定。「馬体重が444キロまできています。まずは入れてみて、身体の推移を見たいと思います。減ってこなければその段階から出走するレースを決めていきたいと思います。万が一減るようなことがあれば無理をせず、放牧に出すことに検討することになるでしょう」(大久龍師)

馬体重が回復しましたね。ここからどれだけ減ってしまうかが問題ですが、430キロ台ならレースには出れそうですね。
土曜日に入厩ということですので、トライアルはフローラSを狙うんでしょうか?
というより出れるのかな…?

フォレストチャーム 牝3
(中竹厩舎)
10日はゲート練習。
「入厩直後より明らかに毛ヅヤが良くなってきたように体調はとてもよさそうです。今週からゲート練習を始めましたが、スムーズにこなしています。試験までには2週間程度の練習を積みたいと思います」(中竹師)

ついに入厩しました。長かったですね。
まずはゲート試験に合格することを目指して頑張ってもらいましょう!

ルージュアルダン 牡3
(和田厩舎)
5日に美浦帰厩。9日は美浦南Pコースでの追い切り(70秒6-55秒6-40秒7-13秒0)。
「急遽検疫が確保できたということもあり、先週末に帰厩させました。予定より長い休養になってしまいましたが、戻ってきて改めて見ると一回り大きくなったような感じがしますね。そういった意味ではいい休養になったでしょう。脚元も問題なさそうだし、早速調教を重ねているところです。今日の動きも上々だし、このまま順調に行けば勝ち上がった時と同じ舞台で復帰したいと考えています」(和田師)
20日の福島競馬(雪うさぎ賞・芝1200m)に出走予定。

ルージュアルダンも戻ってきました!しかも次走の予定まで決まりました。
ここはスっと勝って秋につなげたいですね。

| | コメント (0)

2008年4月 3日 (木)

愛馬近況 4/3

そろそろクラシックが近づいてきましたが、愛馬たちにはなんか関係ないのが悲しいですね…
今週の近況です。

レッドスプレンダー 牡5
(小島太厩舎)
2日は美浦南Pコースでの追い切り(66秒2-49秒6-36秒3-12秒5)。
「帰厩後継続して入念に乗り込んでいます。調教本数を重ねてきたことで徐々に状態も上向いてきてますよ。まだ良化途上であるのは確かなので、週末と来週の追い切りを重ねて、問題なければ来週の福島競馬を考えています」(小島太師)
今のところ12日の福島競馬(4歳上500万下・芝1200m)もしくは13日の福島競馬(喜多方特別・芝1200m)に小島騎手で出走予定。

来週復帰戦か!と喜んだのも束の間。
太一君ですか…
期待されていないんですかね。
去年は蛯名騎手や柴田騎手に乗ってもらえたのに…
ま、もし太一君でも勝てるんだったら相当復調しているという物差しにはなるかもしれません。
ここで結果を出して有力騎手に固定されるのを期待するしかないですかね。

グラントリアノン 牡4
(作田厩舎)
「先週末に右トモにフレグモーネを発症してしまいました。状態もあまりよくなく、このままレースには向かえないので一旦放牧に出します。おそらく2~3週の短期になると思います」(作田師)
今週中に栗東ホースクラブへ放牧予定。

せっかく戻ってきたのにまた放牧ですか。。。
しかし、今度は栗東ホースクラブへ放牧って、色んなところを転々としますね。
2~3週間の短期放牧とのことですから、5月にはまた戻ってこれるんですよね?

ペルネティアナ 牝4
(吉田厩舎)
2日はゲート練習。
「先週に引き続きゲートで縛っていますが、特になにもせず大人しくしています。このぶんなら近々試験を受けられそうです。合格すれば福島のダ1700mあたりを使いたいと思っています」(吉田師)

そろそろゲート試験が受けられそうとのことですので、早ければ今週にでも受かるんじゃないでしょうか?
福島での中央復帰みたいですから、頑張れば応援に行けるんですけどね。
そういえば、吉田厩舎って騎手は誰を使うんでしたっけ?
ローカルなら中館騎手とか良いのですけれどもね。

フィックルベリー 牝3
(宇治田原)

来週中に栗東帰厩予定。
「440キロまでの回復を帰厩の一定ラインに置いていました。現在436キロですが、軽めを乗っても体重は減らないと報告を受けているので帰厩させることにしました。帰厩後はオークス目標に進めてみようと思います。ただし、またあまりにも身体が減るようなら、春はきっぱり諦めて再度放牧に出し、秋目標に成長を促すことになるでしょう」(大久龍師)

来週戻ってくるみたいですね。
でも、体重減ったら秋まで放牧のようですけど。
なんとか減らないでオークス目指してくれると良いのですが…

フォレストチャーム 牝3
(NF空港)
屋内周回コースで軽めのキャンター800mの後、屋内坂路でハロン15秒のキャンター2本。週1回はハロン13秒を計時。2日に空港牧場を出発し、山元トレセン経由で4日に栗東入厩予定。
「ここまでは身体の緩さが目立ちましたが、丹念に乗り進めてきたことでようやく解消してきた感じです。実際にハロン13秒ではかなりの動きを見せています。この分ならレースに行っても楽しみは多いと思います。馬体重は467キロです」(空港担当者)

ようやく入厩ですよ。長かったです。
ようやく動きも良くなって期待できそうな感じになってくれたので、緒戦から期待したいですね。
ゲートは一発合格してほしいですね。

ルージュアルダン 牡3
(山元TC)
周回と坂路でハロン17~18秒のキャンター調整。週2回は坂路で15-15。
「継続して15-15を乗れているし、トモの歩様の乱れも見られません。いい傾向ですね。まだ腹回りに余裕がある状態ですが、動きは良好ですし、このまま続けていきたいですね」(山元担当者)

なんか最近コメントが変わっていないように感じます。
なんか、いつ帰ってくるのか全然分からなくなってきましたよ。
一時期はNHKマイルC出走を期待していたんですが、それも無理そうですね…

| | コメント (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »