« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月30日 (金)

愛馬近況 5/30

今週はダービーですが、未だに愛馬がクラシックに挑戦したことがありません。
でも、私の愛馬は晩成型と信じて応援していきますよ!

レッドスプレンダー 牡5
(山元TC)
常歩運動のみ。
「26日から乗り運動を開始したところです。ただし、まだ腰の疲れが目立っている状態なので、少しずつ乗っていくという意味で常歩までに留めています。今後も腰を始め馬の状態を考えながらメニュー内容を変えていくことになるでしょう」(山元担当者)

さて、今回はどれくらい時間がかかるんでしょうか。常歩を今から始めているということは、キャンターまではすぐとしてもハロン15秒になるまでには3~4ヶ月かかりそうな感じですね。
秋初頭には戻ってきてもらえるでしょうか…

グラントリアノン 牡4
(作田厩舎)
「今週はまだ調整程度。来週障害コースで飛ばして、再来週の競馬を予定しています」(作田師)
今のところ6月15日の中京競馬(4歳上障害未勝利・芝2800m)に出走予定。

次戦の予定がたちましたね。再来週、障害2戦目ということになります。
初戦が案外な飛越でしたので、今度は変わってくれることを願うばかりです。

ペルネティアナ 牝4
(グリーンW)
29日にグリーンウッドへ放牧移動。

右前脚の不安により放牧に出されてしまいました。
中央に戻っての2戦は力差を感じましたが、もっと良くなる素質はありますし、復帰に期待をかけることにします。

ルージュアルダン 牡3
(山元TC)
「前走後は中京後半から福島開催へと向かう計画でした。しかし、この中間ソエが出ているということで、残念ながら予定は白紙にせざるを得ません。山元スタッフにはしっかりと治療をして早期に治して欲しいと伝えてありますので、少しでもいいタイミング、いい状態で戻ってきて欲しいと思います」(和田師)
目標にしていた6月8日の中京競馬(3歳500万下・芝1200m)や6月15日の中京競馬(3歳500万下・芝1200m)への出走は白紙となった。

残念ながらソエが出てしまったので放牧となってしまいました。
ただ、ソエが固まれば力を十二分に発揮できるので、帰ってきたら500万下はあっさりかもしれませんね。
期待して待っていましょう。

フィックルベリー 牝3
(大久龍厩舎)
「こちらに来てすぐ、体重は426キロとまた落ちてしまいましたが、月曜の調教を宇治田原で見た感じ、やはり走るな、という印象を持ちました。キャンター程度でもストライドが大きいので、迫力があるんです。牡馬と一緒のレースになってしまいますが、十分勝ち負けできると思います」(大久龍師)
6月14日の中京競馬(ぶっぽうそう特別・芝2000m)を目標に進められる

調教師から走るというお墨付き?をもらいました。
次戦は中京で芝2000mということで、ここは何とか勝って秋の秋華賞に向かってもらいたいですね。

フォレストチャーム 牝3
(山元TC)
坂路でハロン17~18秒のキャンター1~2本。週1回は15-15。
「左前腕の張りは相変わらずですが、乗っていってもいい意味で変化がないので今週より少し負荷を強めて乗っています。まだやり始めたばかりなのですぐに帰厩とは行きませんが、この流れを維持して少しでも早期に戻して上げられるようにしたいと思っています」(山元担当者)

早い時計で坂路を駆け上がれるようになってきました。
ただ、まだすぐに帰厩出来るわけではないそうですので、早く戻ってこれるように頑張ってもらいたいですね。
デビュー戦は…、7月ですか?

| | コメント (0)

2008年5月22日 (木)

愛馬近況 5/22

今週の愛馬近況第2弾です。

ペルネティアナ 牝4
08/5/21
(吉田厩舎)
21日には栗東坂路で追い切り(53秒1-39秒4-26秒6-13秒7)。
「追い切りはいい動きだったのですが、追い切り後に右前を気にするそぶりをしていたので、念のため獣医に診てもらったところ、骨には異常がありませんでした。筋肉をいためたのかもしれませんし、少し慎重に様子を見ます」(吉田師)

08/5/22
(吉田厩舎)
「昨日から気になっていた右前脚ですが、骨に異常なく、痛み止めを打って慎重に様子を見ています。今のところ歩様に異常はきたしていないので大丈夫だと思います」(担当助手)

右脚が少し心配ですね。
ここまでの連戦が響いているのでしょうか?
大丈夫なことを祈って来週の近況を待たないといけませんね。

フィックルベリー 牝3
(宇治田原)
周回で軽めのキャンター調整と坂路でハロン18秒程度のキャンター調整。週1回は15-15を行っている。
「調教負荷を強めていますが、状態は安定していますし、先週と比べても10キロ近く馬体重が増えてくれています。精神面でも余裕が出てきてくれているようですし、ただ食わせ込むのではなく乗りながら体重が増えてくれているのもいい傾向でしょう」(牧場担当者)

馬体重が10キロも増えたんですね。これでそろそろ帰厩出来そうですね。
あとはどこの3歳限定戦を選ぶかですね。
なんとか夏前に2勝目をあげて秋に備えてもらいたいものです。

| | コメント (0)

2008年5月20日 (火)

愛馬近況 5/20

今週の愛馬の近況です。
かなり久々に愛馬の出走が今週はないですね。
今までよく続いてました(笑)。

レッドスプレンダー 牡5
(山元TC)
ウォーキングマシン調整。
「こちらに移動してきてから状態をチェックしていますが、やはり腰を中心に疲れが溜まっているようです。まだマシンだけで楽をさせている状態で、まずは回復に専念させることになるでしょう」(山元担当者)

さて、今回はどのくらいの期間になるんでしょうか?
そろそろ体もしっかりしてこないとツライものがありますからね。
なんとか頑張ってほしいものです。

グラントリアノン 牡4
(栗東HC)
周回でハロン18秒のキャンター調整。検疫次第だが、24日に栗東へ帰厩するプランもある。
「まだ確定ではありませんが、今週末に移動する可能性もあるようですし、移動へ向けて最終調整を行っています。ここまでも継続していい調教負荷を掛けてくることが出来ましたし、帰厩してもスムーズに運べる状態にありますね」(牧場担当者)

今週帰ってくるみたいですね。長かったです。
グラントリアノンの初勝利はいつ訪れるんでしょうかね?
次の障害戦は期待したいですね。

フォレストチャーム 牝3
(山元TC)
坂路でハロン17~18秒のキャンター1~2本。
「左前腕に張りに関してはそう変わらないように思いますし、疲れによって悪く見せることはありません。若干非力な面がありますので、乗り重ねながら鍛えていき、送り出せるようにします」(山元担当者)

なんか全然デビューの目処が立たないです。
未勝利戦が終わるまでにデビューできるんでしょうか?
非力な面があるらしいので、早く強くなってほしいのですがどうなんでしょうね?

ルージュアルダン 牡3
(山元TC)
20日に山元トレセンへ放牧。今のところ短期放牧の予定。6月8日の中京競馬(3歳500万下・芝1200m)か6月15日の中京競馬(3歳500万下・芝1200m)に出走予定。

短期放牧に出たアルダン君ですが、もう次の予定が出ました。
次は中京ですね。新潟よりは直線が短いので、好位につけられればなんとかなりそうですね。
2勝目を上げてもらえるように精一杯応援しますよ。

| | コメント (0)

2008年5月19日 (月)

ルージュアルダン 6戦目は4着

ルージュアルダン 牡3
(和田厩舎)
17日の新潟競馬では道中内々6、7番手を追走し、直線外に出ししぶとく伸びるも前には届かず4着。
「道中は内でロスなくスムーズに運べました。直線でも終いまでしっかり伸びてくれましたが、最後にもう一段ギアを上げることが出来れば更にいい競馬が出来たと思います。その辺りは今後競馬を重ねていけば変わってくれるでしょう。休養後、復帰初戦の福島で乗った時より馬体が絞れ、馬の状態、走り共に良くなっていましたね。持っているものは高いものがありますし、次走の走りに期待したいです」(北村友騎手)
今後は1週間程度の短期放牧に出し、6月8日の中京競馬(3歳500万下・芝1200m)か6月15日の中京競馬(3歳500万下・芝1200m)に出走予定。

道中好位追走していましたが、直線思ったよりも伸びなかったように思います。
キレがもう少し欲しいところですが、直線が短いコースのほうが良いかもしれませんね。
短期放牧後にすぐに出走予定ですので、この短い休養でしっかり体調を整えてほしいですね。

| | コメント (0)

2008年5月16日 (金)

愛馬近況 5/16

今週の愛馬の近況第2弾です。

レッドスプレンダー 牡5
(山元TC)
15日に山元トレセンへ放牧。
「先週の段階ではレースから間もなかったのもあり腰の状態が言うほど目立たなかったのですが、気持ちの面で落ち着いてきたらガタっと疲れが目立つようになりました。なので1週間楽をさせて回復を待っていましたが、現状は角馬場を乗るのが精一杯くらいで進めていくには少し辛い状態なので一旦放牧に出すことになりました。できれば続戦したいと思っていただけに残念です。戻すタイミングに関しては回復状況によって決めることになるでしょう」(小島良助手)

今回も2戦して疲れてしまったみたいですね。
こうなると体質が強くならない限り勝てないような気がしてきました。
今回はどのくらい放牧されるか分かりませんが、これから暑くなってくるともっと疲れやすくなってダメなんでしょうね。
早くて秋頃なんでしょうかね…

ルージュアルダン 牡3
(和田厩舎)
14日は美浦南Wコースでの追い切り(70秒5-55秒3-40秒5-13秒3)。
「中1週になりますが前走後の反動がなかったし、状態面はいい意味で平行線を保っています。予定通り今週の競馬に投票予定ですが、出馬状況を見ると権利持ちも多く、除外になる可能性が濃厚のようなのでその点も考慮して調整しています。ただし、くじ運のいい馬ですし今週の出走の可能性も十分あるでしょう。追い切りもまずまずの動きも見せてくれていますし、入ってもいい走りをしてくれると思いますよ」(和田師)
17日の新潟競馬(ゆきつばき賞・芝1200m)に北村友騎手で出走。

土曜日の出走が確定しましたね。
ここのところ中1週で走っていますから、今回結果が出ないと放牧のような気がします。
幸い強い相手も1頭くらいのようですから、ここはなんとか勝ってほしいですね。
明日は私の誕生日ですから、お祝いをルージュアルダンからもらいたいですね!

| | コメント (0)

2008年5月13日 (火)

愛馬近況 5/13

今週の愛馬の近況です。
土曜日のペルネティアナのレース後のコメントも合わせて更新です。

グラントリアノン 牡4
(栗東HC)
周回でハロン18秒のキャンター調整。
「調教師も現状を把握していますが、今のところ具体的な帰厩予定は決まっていないようですね。馬の状態と検疫の状況を見つつということになるでしょうが、今日も問題なくスムーズに調教できているように、馬の状態は好調をキープできています。今後も継続して乗り進め、更に状態を上げていつ声が掛かっても対応できるように進めていきます」(牧場担当者)

帰厩予定がたっていないのが歯痒いです。
予定では短期放牧とあったので、もうすぐに戻ってくると思っていましたから。
でも、この様子ならいつでも戻ってこれるんでしょうね。期待します。

ペルネティアナ 牝4
(吉田厩舎)
10日の新潟競馬では前が引っ張る速い流れの中、中団で折り合って直線勝負をするも伸び切れず11着。

「わりと流れが速かったので、中団で折り合いながらの競馬をしました。直線で狭くなり、引っ張らなければいけない不利がありました。その後、また盛り返してしぶとく伸びているだけに、もっとスムーズな競馬をさせてあげられれば、結果も違ったと思います」(北村友騎手)

「気持ちが入りやすい馬ですが一回使ったことで前回ほどイレ込むことはありませんでした。レースでは一度ブレーキをかけたシーンがあったように、もう少しスムーズな競馬ができればと思うと残念。しかし、今日は外にずっと馬がいる形だったし、あの競馬も仕方ないでしょう。様子を見てからになりますが、問題なければ続戦するつもりです。勝てる力がある馬なので何とか次はいい走りをさせてあげたいですね」(吉田師)

土曜日のレースは位置取りやらペースやらが原因とコメントされていますね。騎乗ミスだったんでしょうか?
調教師は勝てる力があると言ってくれていますから、次戦は期待しましょう。

フィックルベリー 牝3
(宇治田原)
周回で軽めのキャンター調整と坂路でハロン18秒程度のキャンター調整。
「最新の計測で馬体重は425キロです。レース後特に疲れも見せず徐々に馬体は戻ってきていますが、まだまだ回復が必要でしょう。調教師には短期で戻して競馬を使う考えがあるようですし、少しでも飼い葉を食わせ込みつつ、調教負荷を掛けて行きます」(牧場担当者)

馬体は徐々に回復してきましたが、3歳限定戦があるうちに戻ってこれるかは微妙になってきました。
このまま休養に入ったほうが良いのか、成長を最優先にするのかはまったく素人には分からないですね。
できれば、先にもう1勝してくれると嬉しいのですけれどね。。。

フォレストチャーム 牝3
(山元TC)
坂路でハロン18秒のキャンター1~2本。
「右前脚の傷腫れは心配要りません。左前腕に張りがあるので心配していましたが、以前から疲れが出ると多少そのように張りが出てくることがあったみたいなので、ケアをしながら進めていこうと思います」(山元担当者)

なんか、まだまだデビューまで遠そうです。
いつも自分的ドラフト1位の馬がデビューに躓く気がしてならないです…
夏が来る前には何とかデビューしてもらいたいですね。

| | コメント (0)

2008年5月 9日 (金)

愛馬近況 5/9

今週も金曜日になってしまいましたが、愛馬の近況です。
なんと今週も出走がありますよ!

レッドスプレンダー 牡5
08/5/7
(小島太厩舎)
4日の新潟競馬では3~4番手につけ直線前を捕らえにかかるも、最後は伸び切れず7着。
「前の馬を見つつリズムを作りながら競馬をしてもらえました。内容は十分見どころのあるレースだったと思います。本来ならもう少し上のクラスにいなければいけない馬だと思うので、この2走を叩いてさらに状態が上向いて欲しいですね。この後も腰をはじめ、レース後のチェックをしてから、次を決めることになるでしょう」(小島勝助手)

「楽に前につけることができたし、道中はいい感じで運べました。理想的な競馬だっただけに勝ちたかったけど、もうひと踏ん張りが利かなかったですね。もう少し粘り強さが出てくれば、勝ち負けできると思います」(田中勝騎手)

08/5/8
(小島太厩舎)
「復帰初戦に比べると内容も良くなっていましたが、直線で踏ん張り切れないところを見るとまだ本調子ではないのでしょう。帰ってきた様子を見ると腰に目立つほどのガタつきはないものの、レースを使った分だけ疲れが見られますね。まずは楽をさせて状態を戻してあげた上で次走ということになると思います。今後の馬の様子によって次走予定を立てていくことになります。そこまで回復に時間を要さないのであれば新潟も考えますが、おそらく中京開催あたりになるのではないでしょうか」(小島太師)

先週の結果は残念でしたが、大きな負けではなかったので次に期待です。
幸い、ダメージも少ないようですので、順調なら近いうちにもう1戦してくれそうですね。

グラントリアノン 牡4
(栗東HC)
周回でハロン18秒のキャンター調整。
「先週と調教ペースは変わりありませんが、動きの質は先週よりもよくなっていると思います。継続して乗っていても脚元に不安が出ることはありませんし、その他馬体面で気になるところはありませんね」(牧場担当者)

短期放牧中のアノン君ですが、短期でなくなってきたような気がします。
先週からペースが変わっていませんが、そろそろ戻ってきてくれないですかね?

ペルネティアナ 牝4
(吉田厩舎)
7日は栗東CWコースでの追い切り。
「終いはかかりましたが、全体の時計はいいですし、久々を一度使った上積みはあると思います。前走の走りを見ると500万で十分通用する器だと思いますし、前走以上のレースを期待したいですね」(吉田師)
10日の新潟競馬(4歳上500万下・牝馬限定・ダ1800m)に北村友騎手で出走。

明日の新潟に叩き2走目に臨むペルネティアナです。
強い相手が何頭かいますが、前走悪くない走りでしたので今回は見せ場を期待したいですね。
そろそろ中央初勝利も見たいですが…

ルージュアルダン 牡3
08/5/7
(和田厩舎)

4日の新潟競馬では五分のスタートも追走に苦労し、後方のまま13着。

「早いうちからムチを入れなければいけないほど、追走に苦労しました。直線1000mは忙しい印象でしたね。コーナーのあるような競馬場だと、また結果も違うでしょう。現状ではもう1ハロンくらいあったほうが、競馬はしやすい印象ですね」(中館騎手)

「スピードをフルに活かす競馬をと思って今回臨みましたが、結果的には忙しすぎて合わなかったですね。現状では1400mくらいまでは対応してくれるとは思いますが、ベストは1200mと考えています。戻って状態を見てからになりますが、問題なければ中1週で投票していくつもりです」(和田師)

今のところ17日の新潟競馬(ゆきつばき賞・芝1200m)に出走予定。

08/5/8
(和田厩舎)
「まともな競馬が出来なかったということもあってか疲れた様子もなく、馬は元気いっぱいですよ。今はレース後のケアに専念していますが、続戦するには問題ないと思います。先生から中1週で投票していくと聞いていますし、来週の競馬に備えて週末そして来週と調教を行っていくことになるでしょう」(野平厩務員)
17日の新潟競馬(ゆきつばき賞・芝1200m)を目標に調整される予定。

先週の直線競馬は向かなかったですね。
疲れもないようですので、中1週で使うようです。
今度も中舘騎手にお願いできれば、500万下は突破できるんじゃないでしょうか?
来週期待しましょう。

フィックルベリー 牝3
(宇治田原)
周回で軽めのキャンター調整。
「軽めに動かして様子を見ていますが、脚元等は問題ないようですし、競馬の疲れが目立つこともありません。ただし、戻ってきての第一印象は、やはりもう少し馬体に余裕が欲しい感じですし、まずは軽めに乗ってリラックスさせつつ進めて行きたいと思います」(牧場担当者)

馬体回復のために短期放牧に出ているフィックルベリーですが、まだまだ体が細いみたいですね。
3歳限定戦があるうちに馬体が増えるのかなぁ…

フォレストチャーム 牝3
(山元TC)
坂路で軽めのキャンター1本。
「右前脚の傷腫れ自体は良化傾向にあるのですが、左膝裏の血管に多少張りが見られますね。負担が掛かっていることの証拠なので、今は軽めで様子を見ているところです。ゲートは受かっている馬なので、競馬に向かっていけるように少しずつでも進めて行きたいと思います」(山元担当者)

ゲート試験合格後に放牧に出ました。
はやくデビューするところが見たかったのですが残念です。
あとどれくらいかかるか分かりませんが、早い時期にデビューできるように祈るばかりです…

| | コメント (0)

2008年5月 5日 (月)

レッドスプレンダー、ルージュアルダン 共に惨敗

昨日は新潟で愛馬のレッドスプレンダーとルージュアルダンが走りました。

レッドスプレンダーは9Rに出走。
鞍上は田中勝春と太一君に比べればはるかに良い騎手です。
スタート後、行為に位置取り、4コーナーでは先頭に並びかけるも直線では失速し7着と敗退してしまいました。
ただ、1着とは0.4差ですからそれほど負けていなかったんですね。でもこのメンバーで勝てないとなるとちょっと厳しいですね。。。

ルージュアルダンは10Rのはやぶさ特別に出走。
1番人気で、騎手も現在関東リーディング1位の中舘英二でしたが、直線のみの千mはルージュアルダンには向いていなかったようです。
終始後方のまま13着で入選。
確実に直線競馬は向いていなかったですね。

2頭とも残念な結果になってしまいましたが、このまま続戦するのか、放牧に出されるのかは連休明けのクラブの近況更新を待たなければなりませんね…

| | コメント (0)

2008年5月 2日 (金)

愛馬近況 5/2

今週も愛馬の出走があって最近は週末が楽しみなんですが、そろそろ勝利の美酒を味わいたいですね。

レッドスプレンダー 牡5
(小島太厩舎)
30日は美浦南Wコースでの追い切り(67秒5-52秒7-39秒0-13秒2)。
「心配していたほど腰にガタっと来なかったので今週の競馬に向けて取り組んでいます。調教の動きもスムーズだったし、長期休養を叩いた上積みは確かでしょう。息遣いにまだ良化の余地がありますがその点も前走よりはいいはず。あとは新潟の開幕週がどうかということですね。前回の福島くらいの馬場が理想的な馬なので極端な時計勝負となると分が悪いのですが、そこさえクリアできれば前進してくれるはずです」(小島太師)
5月4日の新潟競馬(4歳上500万下・芝1200m)に田中勝騎手で出走。

日曜日に出走するレッド君ですが、なんと田中勝春騎手になりました。
G1のある週に新潟にいることが珍しいというか、なんで?というかですが、太一君に比べれば断然格の違う騎手ですから、陣営はここを勝負だと思っているんでしょうね。
これは勝利に期待が持てます。期待しましょう!

グラントリアノン 牡4
(栗東HC)
周回でハロン18秒のキャンター調整。
「ペースをアップ後の調教も安定して取り組んでくれていますし、徐々に気配が上向いてきています。今後も継続して乗っていけば状態はさらによくなるでしょうし、状態を見ながら調教負荷を掛け、この馬のよさをさらに引き出して行きたいですね」(牧場担当者)

この調子なら帰厩も間近といったところでしょうか?
障害戦も良いのですが、長距離戦への挑戦もしてほしいのですが、どうなんでしょうね?

ペルネティアナ 牝4
(吉田厩舎)
30日は栗東CWコースで馬なり程度。
「一度使って、息の入りなどもかなりよくなっていますね。前走以上の状態でレースに送り出せそうですよ。来週の新潟を予定していますが、牝馬限定戦は頭数が集まり易いのでこの馬のレース間隔では難しいかもしれません。その際は京都に使うことになるでしょう」(吉田師)
10日の新潟競馬(4歳上500万下・牝馬限定・ダ1800m)に出走予定。除外になりそうな場合は同日の京都競馬(4歳上500万下・ダ1800m)に回る予定。

順調に調整されているペルネティアナの次走予定が発表されました。
来週の新潟か京都みたいですね。この週は東京でG1ですから、新潟と京都だと騎手の差はあまりないように思えますからチャンスですね。
牝馬限定戦の方が好走の可能性が高いですから、除外にならないよう祈るばかりです。

フィックルベリー 牝3
08/4/30

(大久龍厩舎)
「行く馬がいなければ逃げてもいいとジョッキーには言っていたのですが、あの展開なら抑えずに行ってほしかったですね。それでも、着順ほど負けていませんし、乗り方ひとつであるいは、という素質は改めて見せてくれました。レースで右後ろに少し外傷を負いましたが、もう問題ありません。輸送もクリアしてくれましたし、レース後も火曜日が410キロ、水曜日は412キロと、レースを使ったことでむしろストレスが抜けて馬が生き生きしている感じです。放牧も考えていたのですが、この状態なら3歳限定戦があるうちにもう1戦した方がよさそうです」(大久龍師)
レースは未定も3歳限定戦があるうちに出走予定。

08/5/1
(大久龍厩舎)
近日中に宇治田原優駿Sへ放牧予定。
「厩舎で様子を見て次走に向かう予定でしたが、今朝になって馬体重が減っていたため、いったん宇治田原優駿Sへ短期放牧に出すことにしました。体を戻した上で今のところ3歳限定戦があるうちに出走する予定です」(大久龍師)

馬体重があまり減らなかったので続戦の気配もあったんですが、結局放牧に出るようです。ただ、3歳限定戦があるうちに出走する予定のようですから、1、2週間といったところでしょうね。
秋のためにも500万は勝っておきたいところですね。

フォレストチャーム 牝3
(中竹厩舎)
2日に山元トレセンへ放牧予定。
「右前の傷腫れの回復度合いが思わしくないので、一旦放牧に出すことにしました。ただし、熱などはないので、使っていくつもりで調整してもらい、1ヶ月をメドに戻す予定です」(中竹師)

デビュー間近と思われたんですが、この仔も放牧のようです。
残念ですが、万全になってデビューしてもらいたいので我慢時ですね。

ルージュアルダン 牡3
(和田厩舎)
30日は美浦南Wコースでの追い切り(66秒2-51秒6-38秒0-12秒7)。
「調教の動きもまずまずだったようだし、前走後から引き続き順調に来られていると思います。変に煩くなりすぎることもありませんし、スピードを活かした競馬をして善戦を期待したいですね。最終的にはわかりませんが、登録頭数が多そうなのでまずは抽選から勝負ということになるでしょう」(野平厩務員)
5月4日の新潟競馬(はやぶさ賞・芝1000m)に中館騎手で出走。

抽選突破しましたね。これで中舘騎手ですから勝利を期待して良いのではないでしょうか?
メンバーも強いのがいないので、ここは大チャンスです。
1つ前のレースに出走するレッドスプレンダーとともに連勝をお願いします!

| | コメント (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »