« レッドスプレンダー、ルージュアルダン 共に惨敗 | トップページ | 愛馬近況 5/13 »

2008年5月 9日 (金)

愛馬近況 5/9

今週も金曜日になってしまいましたが、愛馬の近況です。
なんと今週も出走がありますよ!

レッドスプレンダー 牡5
08/5/7
(小島太厩舎)
4日の新潟競馬では3~4番手につけ直線前を捕らえにかかるも、最後は伸び切れず7着。
「前の馬を見つつリズムを作りながら競馬をしてもらえました。内容は十分見どころのあるレースだったと思います。本来ならもう少し上のクラスにいなければいけない馬だと思うので、この2走を叩いてさらに状態が上向いて欲しいですね。この後も腰をはじめ、レース後のチェックをしてから、次を決めることになるでしょう」(小島勝助手)

「楽に前につけることができたし、道中はいい感じで運べました。理想的な競馬だっただけに勝ちたかったけど、もうひと踏ん張りが利かなかったですね。もう少し粘り強さが出てくれば、勝ち負けできると思います」(田中勝騎手)

08/5/8
(小島太厩舎)
「復帰初戦に比べると内容も良くなっていましたが、直線で踏ん張り切れないところを見るとまだ本調子ではないのでしょう。帰ってきた様子を見ると腰に目立つほどのガタつきはないものの、レースを使った分だけ疲れが見られますね。まずは楽をさせて状態を戻してあげた上で次走ということになると思います。今後の馬の様子によって次走予定を立てていくことになります。そこまで回復に時間を要さないのであれば新潟も考えますが、おそらく中京開催あたりになるのではないでしょうか」(小島太師)

先週の結果は残念でしたが、大きな負けではなかったので次に期待です。
幸い、ダメージも少ないようですので、順調なら近いうちにもう1戦してくれそうですね。

グラントリアノン 牡4
(栗東HC)
周回でハロン18秒のキャンター調整。
「先週と調教ペースは変わりありませんが、動きの質は先週よりもよくなっていると思います。継続して乗っていても脚元に不安が出ることはありませんし、その他馬体面で気になるところはありませんね」(牧場担当者)

短期放牧中のアノン君ですが、短期でなくなってきたような気がします。
先週からペースが変わっていませんが、そろそろ戻ってきてくれないですかね?

ペルネティアナ 牝4
(吉田厩舎)
7日は栗東CWコースでの追い切り。
「終いはかかりましたが、全体の時計はいいですし、久々を一度使った上積みはあると思います。前走の走りを見ると500万で十分通用する器だと思いますし、前走以上のレースを期待したいですね」(吉田師)
10日の新潟競馬(4歳上500万下・牝馬限定・ダ1800m)に北村友騎手で出走。

明日の新潟に叩き2走目に臨むペルネティアナです。
強い相手が何頭かいますが、前走悪くない走りでしたので今回は見せ場を期待したいですね。
そろそろ中央初勝利も見たいですが…

ルージュアルダン 牡3
08/5/7
(和田厩舎)

4日の新潟競馬では五分のスタートも追走に苦労し、後方のまま13着。

「早いうちからムチを入れなければいけないほど、追走に苦労しました。直線1000mは忙しい印象でしたね。コーナーのあるような競馬場だと、また結果も違うでしょう。現状ではもう1ハロンくらいあったほうが、競馬はしやすい印象ですね」(中館騎手)

「スピードをフルに活かす競馬をと思って今回臨みましたが、結果的には忙しすぎて合わなかったですね。現状では1400mくらいまでは対応してくれるとは思いますが、ベストは1200mと考えています。戻って状態を見てからになりますが、問題なければ中1週で投票していくつもりです」(和田師)

今のところ17日の新潟競馬(ゆきつばき賞・芝1200m)に出走予定。

08/5/8
(和田厩舎)
「まともな競馬が出来なかったということもあってか疲れた様子もなく、馬は元気いっぱいですよ。今はレース後のケアに専念していますが、続戦するには問題ないと思います。先生から中1週で投票していくと聞いていますし、来週の競馬に備えて週末そして来週と調教を行っていくことになるでしょう」(野平厩務員)
17日の新潟競馬(ゆきつばき賞・芝1200m)を目標に調整される予定。

先週の直線競馬は向かなかったですね。
疲れもないようですので、中1週で使うようです。
今度も中舘騎手にお願いできれば、500万下は突破できるんじゃないでしょうか?
来週期待しましょう。

フィックルベリー 牝3
(宇治田原)
周回で軽めのキャンター調整。
「軽めに動かして様子を見ていますが、脚元等は問題ないようですし、競馬の疲れが目立つこともありません。ただし、戻ってきての第一印象は、やはりもう少し馬体に余裕が欲しい感じですし、まずは軽めに乗ってリラックスさせつつ進めて行きたいと思います」(牧場担当者)

馬体回復のために短期放牧に出ているフィックルベリーですが、まだまだ体が細いみたいですね。
3歳限定戦があるうちに馬体が増えるのかなぁ…

フォレストチャーム 牝3
(山元TC)
坂路で軽めのキャンター1本。
「右前脚の傷腫れ自体は良化傾向にあるのですが、左膝裏の血管に多少張りが見られますね。負担が掛かっていることの証拠なので、今は軽めで様子を見ているところです。ゲートは受かっている馬なので、競馬に向かっていけるように少しずつでも進めて行きたいと思います」(山元担当者)

ゲート試験合格後に放牧に出ました。
はやくデビューするところが見たかったのですが残念です。
あとどれくらいかかるか分かりませんが、早い時期にデビューできるように祈るばかりです…

|

« レッドスプレンダー、ルージュアルダン 共に惨敗 | トップページ | 愛馬近況 5/13 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« レッドスプレンダー、ルージュアルダン 共に惨敗 | トップページ | 愛馬近況 5/13 »