« グラントリアノン 障害デビュー戦2度目明けて | トップページ | 愛馬近況 6/20 »

2008年6月16日 (月)

フィックルベリー 3戦目明けて

フィックルベリー 牝3
(大久龍厩舎)
14日の中京競馬ではスタートで遅れ最後方から。3コーナーから手が動き出すも反応ひと息で10着。

「横を向いてる時にスタートを切られて出遅れる格好になってしまいました。前々で運ぶというこの馬の競馬ができなかったし、この結果も仕方ないですね。これまで試行錯誤しながら競馬を使ってきて、今日も輸送して増減なしで競馬ができました。今日は残念でしたが、これからの馬。このタイミングでひと息入れてあげて成長を促してあげたいと思います。様子を見た上で空港牧場へ移動させ、涼しい北海道で休ませてあげるつもりです」(大久龍師)

「過去2戦の内容から前へ行こうと考えていましたがスタートが悪く後ろからになってしまいました。1コーナーまでは力んで走っていたのですが、その後は折り合えました。走りは悪くなかったし、もう少しいいところ見せてくれると思ったんですが、思ったほど反応してくれませんでした。素質は感じますが、体も小さな馬なので、成長してパワーアップしてくればまた違ってくるはずです」(鮫島騎手)

なんというか、パドックからイレ込んで大量の汗を書いていましたから、この結果も仕方がないという感じでしょうか?出遅れというよりも気性の問題のような気がするので、今回は勝負がスタートする前についていたということでしょう。
このまま夏休みに入るみたいですが、秋の大きいところを狙うには早めに帰ってこないといけないでしょうから、北海道シリーズがやっているうちに戻ってきてほしいですね。

|

« グラントリアノン 障害デビュー戦2度目明けて | トップページ | 愛馬近況 6/20 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« グラントリアノン 障害デビュー戦2度目明けて | トップページ | 愛馬近況 6/20 »