« 愛馬近況 5/30 | トップページ | フィックルベリー 3戦目明けて »

2008年6月10日 (火)

グラントリアノン 障害デビュー戦2度目明けて

グラントリアノン 牡4
(作田厩舎)
8日の中京競馬では飛越が安定せず馬群からも置かれてしまい13着。

「1つ目の障害から飛び方がバラバラで飛越のたびにどんどん遅れてしまいました。ペースが速かったにしても1頭だけついて行けずバテた馬を交しただけですからね。性格的にも障害に向かって行くという気持ちがないので、障害に慣れて来たとしても勝ち負けするまでには相当時間がかかると思います」(岩崎騎手)

「最初の障害から見ていてヒヤリとする飛び方だし、平地の脚も他馬と比べて足りない感じですね。途中から飛越が怪しくなったりするのならまだレースを何回か使ってよくなって行く可能性はあるけど、障害転向2戦を見る限り少し難しいと思います」(作田師)

出資者ながらあの飛越はひどかったです。
調教師もあきらめムードですから引退ですかね。
平地の脚もないと言われてしまいましたから。。。

|

« 愛馬近況 5/30 | トップページ | フィックルベリー 3戦目明けて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 愛馬近況 5/30 | トップページ | フィックルベリー 3戦目明けて »