« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月 7日 (火)

愛馬 出走明けて 10/7

1日空いてしまいましたが、土日に走った愛馬の陣営からのコメントが更新されました。

フィックルベリー 牝3
(札幌競馬場)
5日の札幌競馬ではスタートでやや立ち遅れ中団からの競馬も、直線鋭く脚を伸ばし優勝。7日に空港牧場へ放牧予定。

「前のレースで落馬のアクシデントがあったのですが、この馬に迷惑はかけられないと、逆に燃えましたよ。前半は周りが速かったのでじっくり中団からの追走になりましたが、最後はいい脚を見せてくれましたね。今回の距離は適性よりやや短い感じがしましたが、しっかり走ってくれました。いい馬ですね」(藤田騎手)

「滞在効果で体を増やしてレースに臨むことが出来ました。ここで決められて本当に良かったです。この後は火曜日にNF空港へ放牧に出しますが、ある程度強い調整をした方が飼い食いがよくなるタイプなので、少しリフレッシュさせたらすぐに15―15程度を始める予定です。血統的にもこれからですし、もっと上を目指したいですね」(大久保龍師)

ベストとはいえない距離でもキッチリ勝ち上がってくれましたね。
藤田騎手には落馬事故の直後の騎乗だったのですが、良くぞ勝たせてくれました。感謝です。
この後は短期放牧ですので、次に見れるのは冬でしょうかね?

フォレストチャーム 牝3
(中竹厩舎)
4日の阪神競馬ではスタート良く好位を追走し、直線脚を伸ばすが前も止まらず4着。
「スタートが良かったので好位に取り付くことができました。道中も砂を被らない位置でスムーズに進めることができたし、直線もバタバタにならずしっかりと伸びていましたが、前も止まらず捕まえきれませんでした。体質面にまだ緩さを感じますので、パンとしてくればもっと走れると思いますよ」(浜中騎手)

残念ですが、惜しかったです。
なんか、騎手はまだこれからみたいなことを言っていますが、再ファンドでもあるんでしょうか?
今日か明日には去就が発表されるかもしれないので、待ちたいと思います。

スパラート 牡2
(武藤厩舎)
4日の中山競馬では発馬後躓き離れた最後方を追走。3コーナー付近から徐々に距離を詰めて直線外から勢いよく伸びてくるも僅かに届かず4着。

「躓いてしまいましたからね。これも競馬だから仕方ありません。普通ならどこにもないような競馬なのにあれだけの凄い脚で伸びてくるのだからやっぱり力がありますね。調教で後ろからの競馬も想定して取り組んでいたということもありましたし、単調な逃げ馬とはまったく思っていませんでした。勝ち切っていればベストでしたが今日のようなシチュエーションでもやれるということが証明できたので、内容のある一戦だったと思います。この後は美浦に戻った状態をまず見た上でローテーションを再検討したいと思います」(武藤師)

「ゲートに入るまでは落ち着いていたのですが、いざ開く時になって馬が気持ちばかり前へ行ってしまい体がついてきていませんでした。その結果躓いてしまったのですが、バランスを大きく崩してしまったため立て直すのに時間がかかってしまい、馬群から取り残される形になってしまいました。その後は腹を括って後半勝負に徹したのですが、切れましたね。チャカチャカしがちなのですが走っているときの感触が凄くいい馬なので楽しみです。だからこそ勝てなくて悔しいです」(吉田豊騎手)

惜しかった~
しかし、陣営は希望を持ったようですので次走は期待ですね。
次はどこに向かうのか今から気になります。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 5日 (日)

m今週は1着4着4着

nお今週は愛馬の3頭出しでした。

土曜日阪神5Rはフォレストチャームが未勝利戦を走って4着。
最後の未勝利戦だったんですが、残念ながら結果が出ずに終わってしまいました。
道中は好位を進んで、直線伸びるかな?と思いましたが届かず4着。
最後に良い競馬をしたんですが残念です。
多分これで引退ですので、繁殖に上がってくれれば良いなと思います。
頑張ってくれてありがとう!

土曜日中山9Rの芙蓉ステークスにはスパラート
中山競馬場に行ったんですが、いつもと違うルートで行ったために発走の5分前に着いてしまいました。ですので、写真が残念ながら撮れませんでした。
スタートがいきなり躓いてしまって大きく最後方からの競馬になってしまいました。
4角まで諦めていたんですが、最後の直線で怒濤の追い込み。
時すでに遅く4着でしたが、この末脚にはビックリしました。

レクチャーを聴いてきてんですが、
・スタートは気持ちだけが前に出すぎて失敗。2,3歩ヨロけて立て直しが出来ずに最後方を進む形になってしまった。

・あの末脚には今後に期待を抱かせるものだった。

・だから、帰ってきた時には「申し訳ありません」と謝りっぱなしだった。(吉田騎手か武藤師のどちらが言ったか忘れました)

・武藤師はかえって色気を持ってしまった。

・今後は京王杯を含めてどこに向かうかを再検討する。

・放牧か続戦かは数日様子を見て決める

と言ってましたね。
調教師に気に入られたみたいですので、この結果以上に収穫のあるレースになったんではないでしょうか?
スパラートにはかなり期待できそうな手応えを持ちましたので、慎重に次のレースを決めて欲しいですね。早めに2勝目を上げて、重賞戦線に乗っかって欲しいですね。

日曜札幌7Rはフィックルベリーが走りました。
鞍上が藤田伸二騎手だったんですが、なんと6Rで落馬事故。乗り替りか?と思ったんですが大丈夫のようでした。(その後、負傷のため乗り替り。無理して乗ってくれたんですね…)
パドックでは気合も入り良い感じに見えました。
スタートはまずまずで好位をキープ。
3角から4角で押して押して上がって行き、直線グイグイと伸びて1着でゴールイン!
待望の2勝目を上げました。
さすが藤田騎手。あの追い上げはさすがとしか言えません。
これで滞在競馬3戦目で結果が出ましたので、遅い夏休みに入ることでしょう。
残念ながら秋華賞出走は叶いませんでしたが、来年の牝馬重賞出走を目指して冬の京都で1000万下を頑張って欲しいですね。
今年中にあと1勝出来れば未来が広がるので、あらためて精一杯応援していきましょう。
ひとまずは、お疲れさまでした。フィックルベリー。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »