« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月21日 (火)

19日の結果

ちょっと遅くなりましたが、日曜日に愛馬の出走がありました。

フィックルベリー 牝4
(札幌競馬場)
19日の札幌競馬ではスタートを決め4番手へ。3角から動き出し、先頭に並びながら直線へ向くが、最後の最後で勝ち馬に交わされ惜しい2着。
「うまく目標にされてしまいましたね。内枠でジッとして、直線でスパッと抜け出す競馬ができたら楽勝したと思うけど、道悪で外枠だったので早めに動いていきました。それに外から動いてくる馬がいたので、早めに動かざるを得なくなったのも痛かったですね。外から馬がきてもカッとならず、折り合いもうまくつきましたし、1800mの距離も全く問題ないですね。また騎乗できるのであれば、次は勝たせてあげたいです」(藤田騎手)
一旦は先頭に立つ惜しい競馬でしたが、力は示してくれました。馬体に問題なければこのまま在厩で調整することになります。

う~ん、惜しかった。
でも、確実にこのクラスは勝てるという自信にもなりましたね。
状態によるでしょうけど、勝ってから放牧に出てほしいですね。
次も藤田騎手でお願いします!

スパラート 牡3
(札幌競馬場)
19日の札幌競馬では積極的に前々からの競馬。最後は一杯になりながらもよく踏ん張り5着。

「いい位置から競馬ができたのですが、もうひと押しでしたね。脚を溜めるところがない厳しい展開の中、最後までよく頑張ってくれました。雨で緩んだ馬場に少し滑るような感じもしたので、馬場コンディションが良ければ、もっとやれたと思います。このクラスにもメドが立つ内容だったと思います」(宮崎騎手)

「変に頭がいい馬で我の強いところがあるのですが、今日は馬場入りに苦労しました。コースに出てから騎乗するよう工夫したおかげで、気持ちを切らさずにレースへ行けました。最後もバテそうになりながらも、よく踏ん張ってくれました。この後は一度リフレッシュさせることも考えてはいるのですが、滞在効果もあっていい状態で競馬に臨めています。あくまでもレース後の状態次第ですが、問題なさそうであれば、もう一戦することを考えたいと思います」(武藤師)

渋った馬場に脚を取られながらも、最後までよく頑張ってくれました。テンションがポイントな馬ですし、レース後の状態をしっかり見極めて、続戦するか放牧に出すか判断します。

頑張りました。1000万下で掲示板にのれれば、あと少し経験積めば勝てそうな気がします。
あとはもっと体重増えて成長してくれれば良いですね。
続戦希望します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月10日 (金)

愛馬近況 7/10

またまた久しぶりの更新。
転職活動中なんですが、早く決まってほしいなと。
今年の1歳馬募集前には決まってほしいですね。そうなれば収入も増えますし、良い馬が買えるかも…
7月は愛馬の出走も増えますから、ここいらで勝利してもらうと追い風になるんですけどね(笑)。

レッドスプレンダー 牡6
(山元TC)
周回でハロン16~18秒のキャンター調整を行い、週2回は坂路で15-15を行っています。
「月曜日に小島調教師が来場して状態を確認していきました。気になる部分はありますが、この馬として考えると順調に来れているように感じます。まだ具体的な予定を立てられるまでには至っていないかなと感じますが、2開催ある新潟開催中に競馬へ向かえるようにしたいと意識しながら取り組んでいます」(山元担当者)

ようやくマシになってきた感じでしょうか。まだまだ万全ではないですが、そろそろ復帰の予定もたちそうですし、しっかりしてきてから戻ってきてもらいたいですね。
しかし、もう6歳なんですね~
引退の話が出てきてもおかしくないので、最後に1勝してほしいなぁ。。。

ペルネティアナ 牝5
(グリーンW)
周回でハロン17~18秒のキャンター調整を行っています。
「引き続きフラットで距離を長めに乗っています。今は体調を維持し、しっかりとした土台を構築している期間です。そこからコンディションを上げていけば、いい状態で送り出すことができるでしょう。状態が上がってきたら調教師と相談して、具体的な目標を設定していければと考えています」(GW担当者)

順調に調整できているみたいですね。
現役もあと1年切っていますし、復帰は万全になってから戻ってきて、良いレースをしてもらいたいものです。

フィックルベリー 牝4
(札幌競馬場)
8日は札幌ダートコースで馬なり程度の追い切りを行いました。
「8日に札幌で追い切りました。サッと脚を伸ばす程度ですが、動きは良かったと報告を受けています。レース後も特に問題なく順調に乗っていますし、状態はいいようです。滞在が合っている馬ですし、ひと叩きした今回はもう少し楽に追走できるでしょうし、今度は大丈夫でしょう」(大久保龍師)
19日の札幌競馬(宗谷特別・芝1800m)に池添騎手で出走を予定しています。

前走は4着と惜しい結果でしたが、ひと叩きした今回は勝利もありえるんじゃないでしょうか?来週の競馬になりますが、馬体重が増えてくれれば良いですね。
次は池添騎手に替りますが、フィックルベリーには合うかなぁ?

ルージュアルダン 牡4
(和田牧場)
7日に和田牧場へリフレッシュ放牧に出ました。
「レース後無事帰厩して数日様子を見ましたが、傷みはないようです。いったん放牧に出しましたので、状態を見ながら調教を再開していくつもりです。レース後は札幌参戦を第一に考えていましたが、比較的出やすい1000mがいいのか、やや出にくいことが予想されるけど少し競馬のしやすい1200mの方がいいのか検討しているところです。北海道となれば輸送のことも考えなければいけませんから、今後の状態と照らし合わせながら方針を決めていきたいと思っています」(和田道師)

前走降級戦にもかかわらず大敗してしまったのは残念ですが、大敗と好走を繰り返すのがこの馬の特徴ですしね。次は期待できるでしょう。
札幌と新潟で迷っているようですが、個人的には札幌で滞在競馬が良いんじゃないかと思いますね。比較的出やすいならチャンスも多いですし、欧州種牡馬の仔ですから札幌の洋芝でも合うんじゃないかと思いますしね。

スパラート 牡3
(札幌競馬場)
8、9日は軽めの調教を行いました。
「今回は地下馬道で人を乗せて、通常の馬場入場をしましたが、相変わらずチャカチャカして若い面を見せていましたね。ジョッキーにも前もって言っておいたし、上手く対処してくれましたが、返し馬でもそうだし、競馬でも若さがあったようです。まだキャリアも浅いですし、元々少し敏感なところがある馬ですから、そのあたりは工夫しつつも経験を積んで成長を促していくしかないでしょう。権利を取ることができなかったので、一度は放牧も考えたのですが、やや物足りない結果になりましたからね。このまま再度放牧というのも悔しいですし、そう間を空けずに出走できるのではないかという読みも含めて続戦することにしました。レース後の状態も問題ありませんし、予定通り早ければ来週の競馬から動けるように取り組んでいきます」(武藤師)
19日の札幌競馬(白老特別・芝1200m)に宮崎騎手で出走を予定しています。

前走の大敗は残念でした。でも、このまま続戦するみたいですね。
来週出れれば少しは前進してもらいたいです。
普段調教つけている宮崎騎手なら期待できるかもしれませんね。

レイクルイーズ 牝3
(手塚厩舎)
8日は美浦南Pコースで追い切りました(67秒7-52秒6-38秒7-13秒2)。
「先週の除外は残念でしたが、翌週になることも見越して調教していましたし、悪い影響はもちろんありません。馬のコンディションはいい意味で変わりないですし、順調に調教を積めています。今日はわりと動けるポリトラックでの追い切りだったということもありますが、まずまずの動きを見せていたし、何とか前進してくれればと思っています。いつも一生懸命に走る馬ですし、頑張ってほしいですね」(手塚師)
12日の福島競馬(3歳未勝利・牝馬限定・ダ1700m)に的場騎手で出走いたします。

今週出走です。
そろそろ未勝利戦も終盤に近づいてきましたから、ここら辺で前進してほしいですね。
なんとか目処のたつ競馬を!

クラサヴィカ 牝2
(グリーンW)
周回でハロン17~18秒のキャンター調整を行っています。
「引き続き調教と併行しながらゲート練習を行っています。調教は坂路で行うことが多かったのですが、興奮して力みやすかったので、今日からフラット主体に切り替えました。ゲート練習も今までは坂路下の静かなところで行っていたのですが、フラットの方でやりだしています。そこでの練習は今日が初めてだったということもあるのですが、1回目で我慢し切れないところがありました。しかし、2回目は納得したようでまずまず落ち着いてこなせていました。まだ慣らす必要がありますが、カッと気負ってしまう面をリラックスさせてあげられるように取り組んでいきたいですね」(GW担当者)

まだまだ精神が安定しないみたいです。
でも色々工夫してくれているので、ゲート試験には近々受かってくれるんじゃないでしょうか?
デビューできれば期待できそうですし、ここは我慢ですね!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »