« 2009年8月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年9月16日 (水)

初の出資馬 レッドスプレンダー引退

レッドスプレンダーが引退しました。
一口馬主を初めて最初に出資した馬でした。

何も分からなかった頃に、当時ランキング上位にいた小島太厩舎予定であることと、サクラバクシンオー産駒ということで決めました。
なんと新馬勝ちしてくれたときは嬉しかったですね。
中山で500万下を勝った時は口取りも出来ました。
今では引退した大西直宏騎手と一緒に写真に納まったのは貴重な体験でしたね。
重賞であるファルコンSに1番人気で出走して3着になったのも良い思いでです。

色々勉強させてもらったレッドスプレンダー。
この後の馬生が気になりますが、乗馬にでもなってくれることを祈っています。

レッドスプレンダー 牡6
(引退)
「好条件のレースでしたし、まずまずの枠を引けましたが、理想より前につけることができませんでした。最近は以前ほどのダッシュが利かないのは、やはり背中から腰にかけての状態が良くないからでしょう。山元トレセンでもじっくり取り組んでもらいましたが、時間をかけてもなかなか変わってこないです。厩舎でもこれまで以上にしっかり治療し、少しでもこの馬にいい走りをさせてあげられるようにしたいという一心で取り組んできました。しかし、それでもガラッと変わりきれないのが現状で、肉体的にも走る分だけ負担がかかり、フラフラになってしまいます。可能なら連戦していきたいのですが、それも難しい状態です。高齢になってきたこともあって、立て直しの時間も長く必要になり、思うようにレースを使っていくことが困難です。結果を出せずに大変申し訳ありません」(小島太師)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月10日 (木)

愛馬近況 9/10

今週の愛馬近況です。
今週から秋競馬なんですね。
東京、中山で愛馬が走るときは応援しに行くようにしますよ~

レッドスプレンダー 牡6
(小島太厩舎)
9日は美浦南Pコースで追い切りました(62秒6-49秒2-37秒2-12秒9)。
「先週はウッドチップで追い切ったところ、時計がかかる馬場ということもあって終いがかかってしまいました。背腰がパンとし切れない部分は残るので、多少は仕方ないのでしょう。今週はポリトラックで追い切りましたが、こちらだと負担も少なく、走りやすいことから上々の時計を出せていますし、まずまずの動きを見せてくれています。あまりやりすぎるとガタっときてしまうし、連戦するのが難しい馬ではあるので、出走のタイミングが難しいのですが、今のところ追い切り後にガタっと来ないようであれば今週の競馬を考えています。力はあるのでこのクラスならば上位でしょうし、直線1000mも過去に好走している条件ですので、いい走りをしてほしいと思います」(小島太師)
12日の新潟競馬(飛翼特別・芝1000m)に小島騎手で出走いたします。

今週、レッド君が久々のレースに出ます。
直線競馬になりますが、過去に3着がありますので期待できるかもしれません。
ただ、鞍上が太一君か。。。

ペルネティアナ 牝5
(グリーンW)
周回でハロン17~18秒のキャンター調整を行い、週2回は坂路で15-15を行っています。11日に栗東トレセンへ帰厩する予定です。
「順調ですね。心身ともにリフレッシュできているし、いい状態にあると思います。当初はもう少しこちらでじっくり乗り込んでから送り出そうかと考えていましたが、状態がいいうちにトレセンへ入れてもらって、厩舎でしっかり乗り込んでもらってから競馬へ向かうことになりました」(GW担当者)

明日帰厩するんですね。
リフレッシュできたみたいですし、残り少ないですから中央1勝を目指して頑張ってほしいですね。

ルージュアルダン 牡4
(山元TC)
周回でハロン16秒のキャンター調整を行い、週2回は15-15を行っています。
「いい意味で変わりなく乗れていますし、順調ですね。トモの状態も以前に比べれば目立って気になりませんし、この調子で乗り込んで、状態を上げていきたいと思っています」(山元担当者)

まだまだ調整中のアルダン君。
福島を目指しているので、まだ時間がありますね。
じっくり仕上げて戻ってきてほしいですね。

フィックルベリー 牝4
(NF空港)
ウォーキングマシン運動を行っています。
「こちらに帰ってきてからは、まず疲れを取るためにマシンでの運動に留めています。もう少々は様子を見て、それから方針を決めていくことになるでしょう。馬体重は437キロです」(空港担当者)

北海道開催では好走するも勝てませんでした。
連戦の疲れがあるでしょうから、ここはゆっくり休んで暮れくらいの復帰を期待したいですね。
親孝行な馬ですよ。本当に。

スパラート 牡3
(山元TC)
周回でハロン18秒のキャンター調整を行っています。
「ハロン18秒程度のキャンター調教を行っていますが、依然疲れの見られるトモの状態はひと息に感じますね。厩舎もできれば秋口の競馬を考えていたいと思っているようですが、現状からはいつごろの競馬というような具体的な予定を決めることは難しいです。まだまだこれからの馬ですし、今は焦る時期でもないでしょうから、馬の状態に合わせて取り組めればと考えています」(山元担当者)

なんか、パターンがレッドスプレンダーに似てきたかなぁ。。。
早い復帰は期待せずに、じっくり調整してもらいたいですね。
まだ3歳なんですし。

クラサヴィカ 牝2
(大久保龍厩舎)
9日は栗東坂路で追い切りました(53秒6-39秒0-25秒2-12秒8)。
「併せた相手には少し遅れましたが、相手は今週使う2歳新馬なので、来週予定のクラサヴィカとしてはこれでちょうどいいでしょう。ここまでいい状態で進めてきましたし、時計も上々です。テンションが上がることは心配ですが、今のところ辛抱しています。調教の動きからしても初戦から動けるタイプだと思いますし、いい状態でレースまで持っていきたいですね」(大久保龍師)
21日の阪神競馬(2歳新馬・ダ1200m)に出走を予定しています。

デビューが近づいてきましたね。
初戦から期待できそうですので、是非良い騎手を手配してもらいたいです。

ファーベルハフト 牡2
(NF空港)
屋外坂路コースでハロン17~18秒のキャンター2本を基調に、週2日はハロン14~15秒を計時しています。
「落ち着いて日々のトレーニングに取り組むことができています。負荷を高めてもこたえる様子はありません。馬体重は538キロです」(空港担当者)

良い感じで調教できていますね。
速い時計も出し始めていますし、馬体重からパワーとスピードがありそうです。
そろそろ移動の話がでますかね~

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年11月 »