« 愛馬近況 9/10 | トップページ | 久々の愛馬近況ダイジェスト »

2009年9月16日 (水)

初の出資馬 レッドスプレンダー引退

レッドスプレンダーが引退しました。
一口馬主を初めて最初に出資した馬でした。

何も分からなかった頃に、当時ランキング上位にいた小島太厩舎予定であることと、サクラバクシンオー産駒ということで決めました。
なんと新馬勝ちしてくれたときは嬉しかったですね。
中山で500万下を勝った時は口取りも出来ました。
今では引退した大西直宏騎手と一緒に写真に納まったのは貴重な体験でしたね。
重賞であるファルコンSに1番人気で出走して3着になったのも良い思いでです。

色々勉強させてもらったレッドスプレンダー。
この後の馬生が気になりますが、乗馬にでもなってくれることを祈っています。

レッドスプレンダー 牡6
(引退)
「好条件のレースでしたし、まずまずの枠を引けましたが、理想より前につけることができませんでした。最近は以前ほどのダッシュが利かないのは、やはり背中から腰にかけての状態が良くないからでしょう。山元トレセンでもじっくり取り組んでもらいましたが、時間をかけてもなかなか変わってこないです。厩舎でもこれまで以上にしっかり治療し、少しでもこの馬にいい走りをさせてあげられるようにしたいという一心で取り組んできました。しかし、それでもガラッと変わりきれないのが現状で、肉体的にも走る分だけ負担がかかり、フラフラになってしまいます。可能なら連戦していきたいのですが、それも難しい状態です。高齢になってきたこともあって、立て直しの時間も長く必要になり、思うようにレースを使っていくことが困難です。結果を出せずに大変申し訳ありません」(小島太師)

|

« 愛馬近況 9/10 | トップページ | 久々の愛馬近況ダイジェスト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109384/46225207

この記事へのトラックバック一覧です: 初の出資馬 レッドスプレンダー引退:

« 愛馬近況 9/10 | トップページ | 久々の愛馬近況ダイジェスト »