« 2009年9月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月29日 (日)

愛馬出走 11/29

昨日はペルネティアナ、今日はファーベルハフトが出走しました。

ペルネティアナ 牝5
(吉田厩舎)
28日の京都競馬では中団後方の内々を進み、直線でもじりじり伸びたものの8着。
「どうしても最初の芝部分で置かれてしまい、ポジションを取るのに脚を使ってしまいます。もう少し楽に行けて、道中うまく脚を溜められれば最後の反応も違うと思うのですが、今日は前があいてもじわじわとしか伸びてくれませんでした。外からプレッシャーをかけられて少し内に逃げていたのも影響したのかもしれません。それでも以前に乗ったときよりも落ち着きがあって、レースに集中できていたのは良かったと思います」(角田騎手)
「スタート後の芝部分で前に進まず位置取りは悪くなりましたが、内々でロスなく進めて最後もじりじりと伸びていました。着順ほどは差のない競馬でしたし、今日はジョッキーがうまく乗ってくれたと思います。左前の球節に疲れが出やすい馬なので、しっかり状態を見てから今後を考えたいと思います」(吉田師)
このあとは脚元の状態を確認してから、いったん放牧に出すか、続戦していくかを判断します。

8着と健闘しました。
でも、やっぱりスタートは遅いし、勝負どころで置かれてしまいます。
直線も伸びませんね。
できれば続戦したほうが良いと思うのですが、スタートが芝ではないところで次は試してもらいたいですね。

ファーベルハフト 牡2
(上原厩舎)

29日の東京競馬では後方を追走。3角手前から鞭が入るが直線に入っても伸びは見られず12着。
「芝の切れ目でジャンプしていたし、まだ若さが目立ちますね。今後も馬場を気にするようであればシャドーロールを着けたほうがいいかもしれません。体がまだ重いし、これから良くなる馬です。ダートは合っていると思います」(デムーロ騎手)
「芝とダートの切れ目で飛んでしまい、そこで踏ん張りが利かなくて流れに乗れませんでした。520キロ台で出走できると思っていましたが、考えていたより重かったですね。大型馬ですし、使いながら良くしていきたいと思います。左前の出が少し硬いので、レース後の状態をしっかり見て、可能ならば中1~2週で次走へ向かうつもりです」(上原師)
レース後の状態をしっかり確認して、問題なければ中山開催へ向かう予定です。

調教動かないので好戦は難しいと思っていましたが、レースにもなっていませんでしたね。
これは使いながらどこまで改善されるか分かりませんが、条件を変えていかないと駄目そうです。
ダートは向いていないのかもしれませんね。
こちらも続戦していったほうが良さそうですね。
馬体は良いんですけどね~

Img_2211

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月18日 (水)

愛馬近況 11/18

ついに出走予定が出ましたよ。
なんと東京で!

ペルネティアナ 牝5
09/11/17
グリーンW

17日は坂路で15-15強めの追い切りを行いました。18日に栗東トレセンへ帰厩する予定です。
「明日トレセンへ入厩予定なので、今朝は坂路で強めに追い切りました。それほど長い放牧ではなかったので大きく変わった点はありませんが、ここまでは順調に調整できましたし、変わりなくきているのが何よりです。以前に比べて精神面に進境が見られ、だいぶ落ち着いているのもいいと思います。帰厩後、あまり時間を置かずに競馬になると思いますが、仕上がり具合としてもちょうどいい状態です」(GW担当者)

09/11/18
(吉田厩舎)
18日に栗東トレセンへ帰厩しました。

短期放牧から戻ってきました。
現役も残り少ないので、なんとか良いレースをしてもらいたいですね。

ルージュアルダン 牡4
(山元TC)
ウォーキングマシン調整を行っています。
「前回と同じ左トモ脚に裂蹄を発症してしまったので、乗り運動を止めて、マシン調整を行っています。これから寒くなり蹄が伸びにくい気候になることを考えても、回復にはしばらくは時間が必要そうです。なかなかスムーズに行かなくて申し訳ありません」(山元担当者)

完全に頓挫しました(涙
復帰は来年になりますね。。。

フィックルベリー 牝4
(NF空港)
周回ダートコースでダク500m、ハロン24~25秒のキャンター2500mを基調に、週2日は屋内坂路コースでハロン18~20秒のキャンター1本を追加して行っています。
「体力強化のためにダートで乗りながら、坂路に入れる日を設けて徐々にトモにも負荷をかけています。両前の骨膜が気になることはありませんし、スムーズにペースアップしていけると思います」(空港担当者)

徐々に復調してきましたね。
来年早々に復帰できるでしょうか。
京都で復帰かな?

スパラート 牡3
(武藤厩舎)
18日は美浦南Pコースで追い切りました(68秒8-52秒1-37秒9-12秒6)。
「週末に坂路で終い重点の調教を行いましたが、まずまずの時計を出せました。また、今日の追い切りでも上々の動きを見せており、問題なく今週の競馬へ向かえます。芝にするかダートにするか考えていましたが、具合のいいときにダートを試してみたいので、東京へ向かうことにしました。やや非力なので軽い馬場向きかなと思っていましたが、道悪や時計のかかる馬場のほうがいい成績を残すことができています。兄ダンディズムを筆頭に、ダートで走る血統ですから、いい走りを見せてくれるのではないかと思っています」(武藤師)
21日の東京競馬(3歳上1000万下・ダ1400m)に三浦騎手で出走を予定しています。

ついにダートですね!
兄弟がダートで活躍しているので期待大です。
鞍上も三浦君なんで、陣営も狙っているのかもしれませんね。
生観戦したいんですが、当日は友人の結婚式…

ファーベルハフト 牡2
(上原厩舎)
18日は美浦南Wコースで追い切りました(85秒8-70秒6-55秒6-41秒3-14秒4)。
「ウッドチップで追い切ったのですが、雨で馬場が悪く、ノメるほどでした。まだ力がつき切っていないため、最後は一杯になってしまいました。ただし、これは通常の馬場ならば違ったと思いますので、今日の追い切りを見て心配する必要はありません。本数をかなり重ねてきて、心肺の状態は仕上がってきました。体も徐々に良化し、今朝で526キロと少しずつ引き締まっています。中山1週目くらいのタイミングでデビューするのが理想的ですが、外国産馬であるがゆえにレースが限定されてしまいます。中山の2週目だと少し時間がありすぎます。調教をやりすぎると精神的にも良くありませんし、脚元にも負担がかかってしまいます。使いながら良くしたいと思っていますので、1週早いですが来週から始動していこうと考えています」(上原師)
29日の東京競馬(2歳新馬・ダ1600m)にデムーロ騎手で出走を予定しています。

デビュー戦が決まりました!
東京のダート1600m戦ですね。
しかも鞍上はデムーロ騎手。
調教はあまり動いていないらしいですが、厩舎からは期待されているんじゃないでしょうか?
当日は応援に行きます~

クラサヴィカ 牝2
(山元TC)
周回でハロン18秒のキャンター調整を行っています。
「この中間から少しペースを上げて、現在は普通キャンター程度を行っています。脚元の状態は変わりないのですが、調教でガーッと引っかかって走ってしまい、人とのコミュニケーションが取りにくい状態です。じっくり乗り込んで、いい走りができるように改善していきます」(山元担当者)

この仔は体調よりも気性の方が課題ですね。
もしかしたら少し時間が掛かりそうです。
なんとか精神的成長を期待したいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月15日 (日)

引き際とエリザベス女王杯

今日のエリザベス女王杯、まさかのクィーンスプマンテの優勝で大波乱。
道中はテイエムプリキュアを連れて10馬身以上の大逃げ。
そのまま2頭でゴール。圧倒的1番人気のブエナビスタは凄い脚で追い込むも3着。
クィーンスプマンテ鞍上の田中博康はしてやったりといったところでしょうか。
あれは取れないですわ~

今日は朝からいたんですが、7Rまでには資金が2倍になったんですが、その後は儲けも溶かしてマイナス収支に。
教訓として、儲けが出たら引き際を間違えるなということで。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月14日 (土)

愛馬近況 11/14

今週の愛馬近況です。

ペルネティアナ 牝5
(グリーンW)
坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「精神的にも落ち着いていて、問題なく乗り込めています。大きく変わった点や良化したところはありませんが、レースも近いですし体調をキープして状態を整えてあげることを第一に調整しています」(GW担当者)

短期放牧中です。
身体的には問題がないようですので、あとはどこかで好走できるかですね。

ルージュアルダン 牡4
(山元TC)
ウォーキングマシン調整を行っています。
「以前、裂蹄した部分をあまりよく見せません。大きな裂蹄ではありませんが、気にしていますし、再度マシンに落として様子を見ています。できれば年内の競馬を目指したいと思っていましたが、しばらくは様子を見る必要がありそうです」(山元担当者)

良い感じで回復してきて復帰も見えてきていたんですが、また頓挫してしまいました。
復帰は来年になりそうです。
裂蹄はツメが伸びないと治りませんから時間が掛かりますね…

フィックルベリー 牝4
(NF空港)
周回ダートコースでダク500mとハロン24~25秒のキャンター2500mを行っています。
「脚元の状態は安定しており、徐々に距離を延ばして乗りこみを重ねています。2ヶ月ほどは乗っていない期間がありましたので、まずはダートコースで長めに乗って、体力を戻していきたいと思います」(空港担当者)

ようやく乗り込みを開始しましたので、ここからですね。
こちらも年内は無理ですが、年明け早々にでも復帰して一気に勝ち上がってもらいたいですね。

スパラート 牡3
(武藤厩舎)
11日は美浦南Pコースで追い切りました(65秒7-50秒7-38秒4-12秒7)。
「先週末から少しずつ時計を出し始めていますが、順調ですね。この馬としては落ち着きもあります。今朝は宮崎騎手を背にポリトラックで時計を出しました。66秒を軽く切るくらいの動きを見せていますし、前回の競馬前よりも雰囲気はいいと思いますよ。今日の感触ならば、来週の競馬に十分間に合うと思います。今のところ福島を本線で考えていますが、最終的に福島にするか東京のダートを試してみるかは来週の追い切りを見た上で判断したいと思います」(武藤師)
21日の福島競馬(みちのく特別・芝1200m)か同日の東京競馬(3歳上1000万下・ダ1400m)に出走を予定しています。

来週復帰戦ですが、ダートも両にらみみたいです。
兄のダンディズムがダートでオープンまで行ったので、スパラートも得意そうな気がします。
意外と化けそうな感じもあるので、ダートにならないか期待したいですよ。

ファーベルハフト 牡2
(上原厩舎)
11日は美浦南Wコースで追い切りました(70秒4-54秒7-40秒2-13秒4)。
「週末にウッドチップで時計を出しましたが、少しずつ動けるようになってきていますね。今日も馬場が重たいにも関わらずラスト1ハロン13秒台と、先週より約1秒詰めることができています。数字だけではありませんが、いい傾向にあると思います。この調子でうまく乗り込んでいけば、思っていたより早くデビューできるかもしれませんね」(上原師)

今週の調教は良かったみたいで、デビューが見えてきた感じですね。
中山でデビューできそうなので楽しみになってきました。
来週の追い切りも期待して待ちたいですね。

クラサヴィカ 牝2
(山元TC)
周回で軽めのキャンター調整を行っています。
「この中間からキャンター調整に移行しました。脚元が変わりないのはいいことですが、口向きが良くないですね。以前から気持ちが先行しやすい部分があったようですし、人間とのコンタクトがうまく取れるようにその点も教えながら乗り込んでいければと思います」(山元担当者)

気性的に悪いところがまた出てきているようですね。
なんとか早く精神的な成長をして復帰戦に望んでもらいたいです。

シーザリオの08 牝1
(NF早来)
馬体重:425kg

ウォーキングマシン1時間の準備運動の後、屋内周回コース1200mをハロン25秒で乗り込まれています。この短期間でスムーズに乗り運動へ移行できており、周回コースでの調教へと進んでいます。乗り出しとしては、順調なステップアップができました。ここまで一気に進めてきましたので、ここからは焦らず、じっくりと進めていきます。

順調ですね。
ただ、1つ上の兄が頓挫してまだデビューできていないので、この娘も心配です。
なんとか順調に夏をむかえられますように…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 1日 (日)

久々の愛馬近況ダイジェスト

とても久しぶりの更新になってしまいました。
転職して1ヶ月経ちましたが、まだまだ落ち着かないですね。
愛馬近況ですが、今回はダイジェストでいきます。

ペルネティアナ 牝5
今日、京都で出走しました。
結果は12着。
大雨が降ってしまいましたので、馬場が合わなかったと思いたいですね。
あと何戦できるか分かりませんが、最後まで頑張ってほしいですね。

ルージュアルダン 牡4
裂蹄で休養していますが、最近はずいぶん回復したようです。
年内には復帰できるか分かりませんが、1度500万下は勝っていますから、復帰戦は期待したいですね。

フィックルベリー 牝4
夏のダメージで休養していますが、少し回復してきたみたいです。
この娘も年内は休養っぽいですが、復帰戦はいきなり勝ち負けと期待しています。
来年は期待したいですね。

スパラート 牡3
やっと復調したようで、近々帰厩できるようです。
期待の愛馬なので、良いところまで行ってほしいですね。

ファーベルハフト 牡2
ゲート試験に合格しております。
けど、なんかモッサリというか疲れが出ているというか、とにかく万全ではないようで、デビューは時期を見ているようです。
デビューするなら勝ち負けできると思うまで調整してほしいので、あせらず見守りたいと思っています。

クラサヴィカ 牝2
更新停滞している間にデビューしました。
結果は8着。
どうも、まだまだ走る気がないような感じでしたね。
今は骨膜が剥がれかかっているとかで、自然治癒するまで放牧に出ています。
ちょうど良いリフレッシュ期間と思い、来年期待したいと思っていますよ。

シーザリオの08 牝1
更新停滞中に出資が決まりました。
良血の娘ですので、獲得できて本当に嬉しいですね。
この娘には再来年、クラシックで活躍する夢を見ていますので、応援してあげてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年12月 »