« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月31日 (日)

フィックルベリーの復帰戦は9着

今日は中京12Rでフィックルベリーの復帰戦がありました。

フィックルベリー 牝5
(大久保龍厩舎)
31日の中京競馬では先団を見ながら進出の機会をうかがうも、前残りの展開で思ったような伸びが見られず9着。
「道中は不利もなくスムーズな競馬ができたので、もっと上位争いできると思ったのですが、勝負どころから徐々に手ごたえがなくなってしまいました。前残り流れで展開も向かなかったこともありますが、結果からすると久しぶりのレースということが影響したのかもしれません」(吉田稔騎手)
昨夏以来の競馬でしたが、もともと仕上がりが早く、牧場から継続して乗ってきたことで、いい状態で復帰戦を迎えることができました。今回の競馬では思ったような結果を出せませんでしたが、このクラスでは力上位ですし、しっかり態勢を立て直し次走に向かっていきたいと思います。

4コーナーまでは気配良く進んだんですが、直線では伸びませんでした。
長期の休み明けもあると思いますが、左回りのコースが合わないのかもしれませんね。
次はこのまま続戦してくれると思いますが、なるべく中京よりも京都、もしくは少しまって良績のある阪神で出走することを望みたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月30日 (土)

愛馬近況 1/30

明日はフィックルベリーの復帰戦です。
その前に今週の愛馬の近況を…

フィックルベリー 牝5
(大久保龍厩舎)
27日は栗東坂路で追い切りました(54秒2-38秒9-25秒3-12秒4)。
「終い重点での追い切りでしたが、相変わらずキビキビした動きを見せており好調です。朝一番の走りやすい馬場だったとはいえ、ラスト1ハロン12秒4というのはなかなかですね。カイバはまずまず食べてくれていますが、あまりビッシリやるとテンションが上がってしまうので、そこだけは気をつけて調整しています。今回は久々になりますが、中京への輸送さえクリアして当日の落ち着きがあればクラス上位の力を見せてくれると思います」(大久保龍師)
31日の中京競馬(千種特別・芝1800m)に吉田稔騎手で出走いたします。

久しぶりに出走しますが、追い切りも本数を重ねて良いみたいです。
メンバー的にもチャンスがありそうなので、ここはキッチリ勝ってもらいたいですね。

ルージュアルダン 牡5
(NF早来)
屋内周回コースでハロン20秒程度のキャンター2000mと、屋内坂路コースでハロン20秒程度のキャンター1本を行っています。
「先日和田正道調教師が来場し、状態を確認してもらいました。軽めの運動ですが坂路にも入り始めましたし、歩様も元気いっぱいです。馬体重は528キロです」早来担当者)

坂路に入れるくらい回復しましたね。
まだ時間は掛かるでしょうが、このまま順調にいくと良いですね。

クラサヴィカ 牝3
(グリーンW)
「予定を早めて26日に無事抜糸を終えて動かせる状態になったので、27日にグリーンウッドへ移動することになりました。ゲート試験合格前にグリーンウッドでゲート練習をしっかりやってもらって非常にスムーズに行きましたので、今回もしっかり練習をしてもらいます」(大久保龍師)
27日にグリーンウッドへ放牧に出ました。

放牧ですね。
ゲートが課題となってしまったので、はやくクリアして戻ってきてもらいたいです。

ファーベルハフト 牡3
(西山牧場)
ウォーキングマシン調整を行っています。
「ササ針治療を施すと休ませなければいけませんし、肉が少し落ちます。一度痛いところを取ってあげてから動かして良質の筋肉をつけていくようになりますので、これからの変化がどう出るかがポイントになるでしょう。先週まではパドック放牧のみでしたが、現在はウォーキングマシンでの運動を始めました。少しずつ前へと進めることができています。状態を見て、ある程度乗れる状態になれば山元トレセンへ移動することになると思います」(牧場担当者)

。。。戻ってこれるんでしょうか?
どうなるんでしょうね。

シーザリオの08 牝2
(NF早来)
屋内周回コース1200mを軽めのキャンターで乗り込み、週3回はトレッドミルで5分ハロン30秒のペースで運動しています。首の状態は徐々に良くなってきており、それに伴って運動負荷を少しずつ上げています。基礎的なことの反復にしっかり取り組み、今後のペースアップに備えていきます。

早い組でもなく、遅い組でもないので問題ないでしょう。
出来れば今年中にデビュー目指せるようにいってもらいたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月23日 (土)

愛馬近況 1/23

最近愛馬が走らなくて寂しいです。
もう1頭出資しようかと考える今日この頃ですが、どうしようかな…

フィックルベリー 牝5
(大久保龍厩舎)
20日は栗東坂路で追い切りました(57秒2-41秒4-26秒5-12秒9)。
「先週に引き続き終い重点の追い切りですが、この馬らしい軽快な脚さばきで好調です。体重が減らないように気をつけて調整していますが、今与えている胃薬が体質に合っているようで、カイバ喰いは悪くありません。精神面は落ち着いていますし、もともと仕上がりに時間がかからないタイプなので、来週の競馬なら十分態勢は整うでしょう。体調をキープしていい状態でレースに臨みたいですね」(大久保龍師)
31日の中京競馬(千種特別・芝1800m)に吉田稔騎手で出走を予定しています。

来週復帰戦が決まりました。
鞍上も地方の吉田稔騎手ですから、良い味を出してくれそうですね。
500万は一気に突破しましょう!

ルージュアルダン 牡5
(NF早来)
屋内周回コースで軽めのキャンター2000mの運動を行っています。
「様子を見ながら運動を行っていますが、ザ石してしまった箇所を気にする様子はありませんので、ペースを上げました。今後も順調に負荷を高めていけそうです」(早来担当者)

乗り込み出来るようになりましたので、これから徐々に復帰へ向かってトレーニング開始ですね。
それほど数を使っている馬ではないので、今年中に復帰して来年取り戻すかのように走ってもらいたいです。

スパラート 牡4
(NF空港)
周回ダートコースでハロン24秒程度のキャンター2500mを行っています。
「ダートコースで体をほぐすように長めをゆっくり乗っています。体が増えていますので、脚元に無理な負担がかからないように、もうしばらくは適度な運動量を確保しながらじっくり進めていくつもりです。馬体重は477キロです」(空港担当者)

馬体重が増えていますが、これからどんどん乗り込んで絞っていければ良いと思います。
来月くらいには坂路に入れるでしょうかね?

クラサヴィカ 牝3
(大久保龍厩舎)
20日はゲート練習を行いましたが、縛りの際に外傷を負ったため、短期放牧に出る予定です。
「先週末のゲート練習で立ち上がってしまったので、今朝は縛りを行いました。やはりまだ納得していないようで、何度かトモを落としたりバタバタしたりして、その際に右ヒザに外傷を負ってしまいました。診療所で診てもらったのですが、浅いながら血管にかかる傷でかなり出血してしまいました。しばらくは動かせないので、会員の皆さんには非常に申し訳ないのですが、一度短期放牧に出して傷を治してから再度入厩させるつもりです」(大久保龍師)
近日中にグリーンウッドへ放牧に出る予定です。

気性難が。。。
外傷負ってしまったので放牧です。
まともに競馬できるようになるのはいつになるでしょうか…

ファーベルハフト 牡3
(西山牧場)
パドック放牧を行っています。
「引き続き小さなパドックで放牧を行っています。治療のあとは徐々に癒えてきていますが、少なくとも今週一杯はパドック放牧で楽をさせることになるでしょう。体調を崩すことはありませんから、その点は心配要りません。様子を見ながら徐々に曳き運動やマシン運動を取り入れていきます」(牧場担当者)

放牧中。。。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2010年1月17日 (日)

愛馬近況 1/17

最近愛馬の出走が無くてさみしいです。。。

フィックルベリー 牝5
(大久保龍厩舎)
13日は軽めの調整を行いました。14日は栗東坂路で追い切りました(54秒8-40秒2-25秒8-12秒7)。
「帰厩して間もないですが、非常に順調に調整できていますので、今朝坂路で終い重点に追い切りました。馬場のいい早い時間帯でしたが、終い13秒を切ってきましたし、素軽い動きを見せています。例年なら小倉に滞在させるところですが、今年は中京開催ですので、うまく輸送をクリアできるように体調に気をつけて調整していきます。日程は未定ですが、中京開催には芝1800m戦が毎週組まれていますので、馬の状態を見ながらいずれかのレースに使うつもりです」(大久保龍師)

さ、復帰が見えてきました。
中京開催目標とのことですので、来週か再来週には出走できるかもしれませんね。
500万下は早く卒業してくれますよね?

ルージュアルダン 牡5
(NF早来)
厩舎内廊下で常歩運動を行っています。
「脚元を気にすることもなくなってきましたので、まずは軽い乗り運動を始めています。今後も様子を見て進めていきます。馬体重は535キロです」(早来担当者)

ずいぶん体重が増えました。
ダイエットしつつ脚元を良くしていってほしいです。

スパラート 牡4
(NF空港)
周回ダートコースでダク500mとハロン24秒のキャンター2500mを行っています。
「年が明けてから騎乗運動を開始した後も、脚元に不安が出ることはなく乗り込みを重ねることができています。状態を確認しながらペースアップを考えていきます」(空港担当者)

蹄の状態も良くなってきたみたいですから、どんどん乗り込んでいってもらいたいですね。

クラサヴィカ 牝3
(大久保龍厩舎)
「今朝、久々にゲート練習に行ったところ、ゲート内で立ち上がって暴れてしまいました。カイバ喰いはだいぶ戻ってきていたのですが、これではすぐに出走は難しいでしょう。笠松競馬の出走は取りやめて、来週から少し縛りの練習をします」(大久保龍師)
選出されていた20日の笠松競馬(若菜賞・ダ1400m)は回避することになりました。

笠松で復帰戦の予定でしたが、また悪い面が出てしまって出走回避してしまいました。
少しは気性の成長があるかと思ったんですが。。。
どうなることやら…

ファーベルハフト 牡3
(西山牧場)
パドック放牧を行っています。
「ササ針治療を行った後は舎飼でしたが、今週から少しずつ動かしていくために小さなパドックに入れて放牧運動を行っています。体が大きく、まだ中身が固まりきっていないのが現状なので、今回の休養でしっかりと疲労を取ってから乗り進めていったほうが後々のためになると思います。状態を見ながら徐々にマシン運動などを取り入れて、乗り運動につなげていく予定です」(牧場担当者)

時間がかかりそうですが、疲労をとってから成長を待つしかないですね。

シーザリオの08 牝2
(NF早来)
馬体重:436kg

12月下旬より乗り運動を開始しました。その後寝違えてしまったのか、首を痛めて休ませた日がありましたが、再度軽めの運動を始めています。現在、屋内周回コース800mをダクで乗り込み、週3回はトレッドミルで5分ハロン30秒のペースで運動しています。首の痛みは時間の経過とともにどんどん良くなってきています。騎乗スタッフからは、「さすがに血統馬らしくいい背中をしている」と高い評価を受けています。

少し頓挫していますが、まだまだこの時期なら取り戻しは出来ますから大丈夫でしょう。
ただ、兄がまだデビューできていないことを考えると心配ですね。。。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年1月 6日 (水)

愛馬近況 1/6

あけましておめでとうございます。
今年も愛馬たちにがんばってほしいですが、一番心配なのは明け3歳の仔たちなんですよね。
今年はオープン馬が愛馬から出ますでしょうか。。。?

フィックルベリー 牝5
(宇治田原)
周回コースで軽めのキャンター1800mを行い、坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「この中間カイバ喰いも良好ですね。実際馬体は見た目に腰周りがふっくらして徐々に戻っているようです。調教の動きも悪くないようですし、状態を見ながら速めを行えるように態勢を整えていきます」(牧場担当者)

今月中に入厩出来るでしょうか?
今年はなんとしても上の方へ向かって行ってもらいたいですね。

ルージュアルダン 牡5
(NF早来)
ウォーキングマシンで1時間の運動を行っています。
「ザ石した箇所の様子を見ていますが、まだ少し気にするところが見られます。焦らずに乗り出すタイミングを判断していきます」(早来担当者)

かなり頓挫していますが、復帰はどれくらいになるでしょうかね?
夏までには復帰してもらいたいですが。。。

スパラート 牡4
(NF空港)
周回ダートコースでダク500mとハロン24秒のキャンター2500mを行っています。
「年末年始のマシン運動を経て、年明けは順調に乗り出すことができています。まだ軽めのキャンターではありますが、蹄に違和感が出ないのは何よりです。この分なら休まず乗り進めていくことができそうです」(空港担当者)

乗り運動を開始できたようですね。
暖かくなる頃には復帰できそうなペースですので、このまま順調にいってもらいたいですね。

ファーベルハフト 牡3
(西山牧場)
5日にササ針治療を行いました。
「4日にこちらへ移動してきて、さっそく今朝ササ針で治療しました。調教師からも報告を受けていましたが、やはりトモの状態があまり良くないですね。しばらくは舎飼とマシン運動で休養し、本格的に乗り出せるようになれば山元トレセンへ移動することも考えることになると思います」(牧場担当者)

惨敗の後に放牧に出ました。
能力的にこれからどうなるか分かりませんが、ギリギリまでがんばってもらいたいですね。

クラサヴィカ 牝3
(山元TC)
周回でハロン18秒のキャンター調整を行い、週1~2回は坂路で15-15を行っています。7日に栗東トレセンへ帰厩する予定です。
「順調に調教を行えています。速いところの調教を継続しても脚元の状態は変わりありませんでしたし、いい雰囲気を保ちながら乗ることができています。調教師と相談し、さっそく帰厩の段取りを組むことになりました。今のところ今週中に送り出す予定なので、あとはしっかりと体調を整えていきます」(山元担当者)

明日帰厩予定です。
デビュー戦は競馬になっていませんでしたが、今度は格好をつけてもらいたいものです。
なんとか今年の期待馬になってもらいたいものです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »