« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月27日 (土)

スパラート 復帰戦は5着

まさかまさかの掲示板確保でした。出資者ながら驚きました。
スタートは他馬と互角ながら行き脚がついて2番手追走。
直線は一瞬夢を見ましたが、後続に交わされながらも5着で入選。
これならいつかは1000万下も勝ち上がれるかもしれませんね。
次走に期待です。

スパラート 牡4
(武藤厩舎)
27日の中山競馬では5着。
「いい雰囲気で心身ともに成長しているのを感じとれたので、どれだけやれるか楽しみにしていました。行きたい馬がいるのはわかっていたので、レース前にジョッキーと相談して、番手から運ぶことにしました。理想的に行ったし、このクラスにメドの立つ内容でした。一時期のスランプは脱してくれたと思います」(武藤師)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

愛馬近況 2/27

今日は愛馬スパラートの復帰戦です。
正直、調整に焦りが見受けられますが、出走するからには見せ場は作ってほしいところです。

ルージュアルダン 牡5
(NF早来)

 「頻繁に牧場へ行って見ていますが、順調に乗れているようですね。まだ体には余裕があるし、動きももっとシャープになってくれれば移動を考えていけると思います。今後の良化具合にもよりますが、可能ならば春の福島開催か新潟開催を考えていきたいですね」(和田道師)

和田先生も頻繁に見に来てくれているようで、ちょっとうれしいですね。
春には復帰できるように考えてくれているみたいですから、出来れば得意の福島で復活してもらいたいものです。

フィックルベリー 牝5
(宇治田原)
坂路で1本目にハッキング程度、2本目にハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。また、週1日は坂路で15-15を消化しています。
「右前脚の疲れは完全にすっきりしたとは言い切れませんが、水冷等を施ししっかりケアしていますので、徐々に良化してきています。この中間から速めを開始していますし、今後も乗り込みを続けてさらなる状態アップを図っていきます」(牧場担当者)

坂路で15秒できるようになったみたいですから、帰厩は近いかもしれませんね。
まだ脚には不安があるみたいですから悪化しないように祈りましょう。

スパラート 牡4
(武藤厩舎)

24日は美浦南Pコースで追い切りました(51秒1-37秒7-12秒4)。
「今朝はレースで乗ってもらう予定の宮崎騎手を背に、ポリトラックで追い切りました。半マイル51秒くらいで、時計的にはまずまず。当初はもう少し時間がかかるかもと思っていましたが、動きは相変わらず良かったし、これならば問題なく今週の競馬へ向かえそうです。この馬のことをよく知っているジョッキーも状態はいいと言ってくれています。距離は1600mになりますが、芝へ向かいます。前走だけでダートの適性はわからないですが、芝のほうがベターということは間違いないでしょう。スタートに波がある馬なので、実戦でスムーズに出てくれるかが大きなポイントですが、いいスタートを切れるようならば逃げてもいいと思っています」(武藤師)
27日の中山競馬(4歳上1000万下・芝1600m)に宮崎騎手で出走を予定しています。

本日、中山最終レースに出走です。
久々の芝1600m戦ですが、正直微妙です。
先行するのか追い込むのか分かりませんが、極端な競馬の方が良いかもしれません。
それでも勝ってくれることを期待して応援しますけどね!

クラサヴィカ 牝3
(グリーンW)
ウォーキングマシン調整を行っています。
「怪我をした部分はかなりきれいになってきました。傷口が開かないように今週一杯はウォーキングマシンでじっくり体を動かし、問題ないようなら来週から乗り出していく予定です」(GW担当者)

がんばれ。

ファーベルハフト 牡3
(山元TC)
周回で軽めのキャンター調整を行っています。
「先週まではダク調整にとどめていましたが、この中間からキャンター調整を開始しています。トモがまだクタッとしているし、動き自体もモタモタしています。これからしっかりと馬体のケアを行いながら、いい走りができるように鍛えていきたいと思います」(山元担当者)

がんばれ(笑)。

シーザリオの08 牝2
(NF早来)
週3回は屋内周回コース1800mで軽めのキャンターを行い、残りの週3回はトレッドミルでハロン25秒のペースで5分の運動を行っています。順調に乗れていることから、少し距離を延ばして調教を進めています。まだ軽めではありますが、スムーズに対応してくれていますし、背中の良さを十分に感じさせています。

早い組ではありませんが、順調に育成中です。
背中の良さと言われましたから、デビューが楽しみですね。
兄がまだデビューできていないのが気になりますが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月21日 (日)

今年最初の中央G1 フェブラリーステークス

今日はフェブラリーステークスを見に東京競馬場へ行ってきました。
どうも、今年は空いているような気がします。寒いからですかね?

本命はエスポワールシチー。昨年の最優秀ダート馬は今年も圧倒的1番人気。
連覇を狙うサクセスブロッケンも強敵で、この2頭が抜けている感じ。
エスポの1着固定でサクセスブロッケン、テスタマッタ、グロリアスノアへの3連単を購入。

レースはエスポワールシチーが好位につけると直線は楽に先頭たって余裕の1位入選。
2着にテスタマッタが上がり、3着にサクセスブロッケン。
単勝と3連単は見事に的中しましたが、3連単で4,000円とは。。。

ま、今年最初のG1を勝つことで幸先の良いスタートが切れましたし、今年は良い感じに競馬を楽しめそうですねー

| | コメント (1) | トラックバック (0)

愛馬近況 2/21

今週の愛馬近況です。
がんばれ3歳馬。

フィックルベリー 牝5
(宇治田原)
坂路で1本目にハッキング程度、2本目にハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「歩様に見せている訳ではありませんし、運動を行えているように問題ない程度ですが、右前脚に疲れが溜まりやすいところが見られたので、この中間は坂路調教のみで進めています。脚元には念のために水冷を施しています。カイバはこの馬なりに食べてくれていますし、今後も状態を確認しながら運動を続けていきます」(牧場担当者)

脚に異変が…
まだ大丈夫みたいですけど、ここにきて脚に違和感が出てきてしまったようです。
残り1年しかないので、なんとか無事にいってほしいんですけど…

ルージュアルダン 牡5
(NF早来)
屋内周回コースでハロン20秒程度のキャンター2000mと、屋内坂路コースでハロン18秒程度のキャンター1本を行っています。
「まだまだ体を太く見せていますので、しばらく乗り込みが必要でしょう。脚元に再び不安を見せることはありませんので、このままペースを上げて調教を行っていきたいと考えています」(早来担当者)

坂路のペースも少しではありますが上げられているので、心配さ無そうです。
これからはダイエットの時期ですねー

スパラート 牡4
(武藤厩舎)
17日は美浦南Pコースで追い切りました(64秒9-50秒2-37秒3-12秒6)。18日は軽めの調整を行いました。
「先週時計を出してからもまったく問題なかったので、徐々に負荷を強めています。今週はポリトラックに入れて時計を出しましたが、やり出せばやはり早いですね。楽にいい時計を出せているし、これならそこまで時間がかからずに、競馬へ向かえそうです。今後の状態を見ながらになりますが、来週以降の競馬を考えてもいいかもしれません」(武藤師)
来週の追い切りの動きを見てからになりますが、早ければ27日の中山競馬(4歳上1000万下・芝1600m)や28日の中山競馬(4歳上1000万下・ダ1200m)に出走する可能性もあります。

調教が良いのはいいんですけど、牧場では施設の関係上調整できないから入厩したのに、もうレースに使うなんて無謀じゃないですか?武藤先生?
ま、使うからには期待しますが、またやってしまわないようにお願いしますよ~

クラサヴィカ 牝3
(グリーンW)
ウォーキングマシン調整を行っています。
「先週に引き続き、まだ怪我をした箇所は万全ではないので、ウォーキングマシン調整を行っています。今はリハビリの段階という感じですが、イライラすることもなく落ち着いて運動に取り組めています」(GW担当者)

なかなか怪我が治らないですね。外傷だからすぐにふさがると思ったんですが。。。

ファーベルハフト 牡3
(山元TC)
周回でダク調整を行っています。
「先週から乗り出して、現在はダク調整を始めています。まだ初期段階なので、本格的な調教を行っていくのはもう少し先になります。一からの立ち上げになるので、時間はかかりますが、しっかり鍛えていきたいと思います」(山元担当者)

時間が掛かりそうですが、じっくり頼みたいですね。
勝ち上がりは…、まだ期待していますよ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年2月15日 (月)

種牡馬から追加出資を考える

最近、愛馬の引退が続き寂しい今日この頃。
追加で愛馬を出資したいんですが、お財布事情もありますし、出来るだけコストパフォーマンスの良い馬を見つけたいんですよね。
で、考えたのが種牡馬。
私の出資した愛馬の種牡馬を思い返してみると、こんな感じになりました。

サクラバクシンオー 2頭
クロフネ 2頭
キングカメハメハ 2頭
ゴールドアリュール 1頭
ドリームウェル 1頭
クリプトクリアランス 1頭
コジーン 1頭
ホワイトマズル 1頭
ワイルドラッシュ 1頭
ファルブラヴ 1頭

なんともマイナー種牡馬の多いこと。
ちなみに、この中で一番優秀なのが2頭勝ちあがっているサクラバクシンオー。
当たりのでかさは無いですが、コンスタントに稼いでくれる良い種牡馬ですね。

で、気づいたんですが。。。
サンデー系が足りない!
ってことです。
唯一のサンデー系であるゴールドアリュール産駒が1頭いましたが、未勝利引退…
母父でのサンデー系はクロノロジストというクロフネ産駒がいましたが勝ち上がっています。故障して2戦で引退しましたが。
あとはシーザリオの08が母父スペシャルウィークということでサンデー系ですが、まだ2歳でデビュー前なので結果は先ですね。

ということで、これからの出資馬はサンデーサイレンス直仔の種牡馬を狙おうと思っています。
その中ではもちろん、ディープインパクトも狙いたいですし、ネオユニバース、マンハッタンカフェ、スペシャルウィーク、アグネスタキオンが良いですね。
ただ、ディープ産駒は高いので財布と相談ですが。。。

非サンデー系はこれからも狙っていきますが、その中でもタニノギムレットとシンボリクリスエスは実績からも狙っていきたいですね。

さて。様子見の募集場の中から該当するのは2、3頭いるんですが、どうしようかなぁ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月14日 (日)

名障害騎手・白浜のファインプレー

今日の京都4R障害未勝利戦で1番人気のスプリングカエサルが、2週目正面の障害であわや落馬。と思ったらなんとまだ騎手がしがみついているではないですか。
鞍上の白浜雄造騎手は鐙が外れた状態で、完全に馬の背にお尻をついている状態。これではレースが出来ないはずなんですが、そのまま続行。
まるで誘導馬のような騎乗フォームで最後まで走りぬき、2着入選。無理に鐙を直そうとはせず、乗馬スタイルで走りぬいた白浜騎手のファインプレーでしたね。
ゴールの瞬間、場内から拍手が起こって和やかな空気になりました。
珍しいシーンを見ましたね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月11日 (木)

愛馬近況 2/11

我がキャロットクラブは今週も好調でした。
愛馬たちも頑張ってもらいたいですがー

フィックルベリー 牝5
(宇治田原)
周回コースで軽めのキャンター1800mと坂路でハッキング程度を行っています。
「馬体重は445キロあるのですが、見た目にはもう少し余裕があってもいい状態ですね。ただ、動きからレースの疲れを感じることはなく、カイバ喰いも安定していますので、この調子で乗りながら体に余裕を作っていきたいと思います」(牧場担当者)

445キロもあるんですね。結構増えたもんです。
これなら早めに帰ってこれそうですので、次を期待ですね。

ルージュアルダン 牡5
(NF早来)
屋内周回コースでハロン20秒程度のキャンター2000mと、屋内坂路コースでハロン20秒程度のキャンター1本を行っています。
「引き続き順調に調教を行っています。この寒い時期に焦ってペースを上げる必要はないので、馬の様子を見ながら、じっくりと負荷を高めていきます」(早来担当者)

並みの調教が出来ていますので蹄は大丈夫みたいですね。
あと1,2ヶ月もすれば帰ってこれるかもしれませんね。

スパラート 牡4
(武藤厩舎)
10日は美浦南Dコースで追い切りました(70秒9-55秒8-41秒3-14秒4)。11日は軽めの調整を行いました。
「水曜日にダートコースで5ハロン70秒くらいのところを行いました。決して無理したものではありませんし、馬なりでじわっと回ってきたものです。脚元は引き続き変わりありませんし、この調子で少しずつピッチを上げていきたいですね。週末の状態次第ですが、今週は水曜日の1本に時計はとどめて、来週から徐々に増やしていくつもりです。具体的な目標を決めるのは来週か再来週の感触を見てから考えたいと思っています」(武藤師)

トレセンに戻って調整中です。
どれくらいかかるか分かりませんが、来週以降に目標が発表されるみたいですので、待ちましょう。

クラサヴィカ 牝3
(グリーンW)
ウォーキングマシン調整を行っています。
「まだケガをした箇所が完全に治りきっていないので、傷口が開かないように他の馬とは別メニューでウォーキングマシン調整を行っています。運動量が極端に落ちないように気をつけていますが、今のところイライラする素振りも見せず落ち着いています。傷口がふさがり次第、ゲート練習などに移行していきます」(GW担当者)

ゲート練習。。。
う~ん、どうなるか分かりませんがグリーンWのスタッフにがんばってもらうしかないですねー

ファーベルハフト 牡3
(山元TC)
常歩運動を行っています。
「先週末にこちらへ移動してきました。ササ針治療を施した後ですし、西山牧場ではほとんど乗り運動を行っていなかったので、こちらで一から作っていくように乗り込んでいきます。少し時間はかかるでしょうが、より良い状態でトレセンへ送り出せるようにしたいですね」(山元担当者)

山元TCに移動して最初から始めるみたいですね。
間に合うかなー?
いっそう地方所属にならないでしょうか~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 6日 (土)

愛馬近況 2/6

私の入っているキャロットクラブの馬が勝ちまくってます。
愛馬もこの中に入ってくれれば良いのですが、なかなか順調にいかないですね。
期待の3歳勢も夢見れるように頑張ってもらいたいのですが。。。

フィックルベリー 牝5
(宇治田原)
「追い切りの動きからは久々でもやれる感触をつかんでいたのですが、どうもレースぶりが良くありませんでした。今までの戦績を見ると、左回りは苦手なのかもしれません。一度放牧に出しましたが、馬体がふっくらするのを待って戻す予定です」(大久保龍師)

やはり左回り苦手みたいですね。
そうなると無理に中京に向かうのではなく、右回りの阪神で再挑戦してもらいたいですね。

ルージュアルダン 牡5
(NF早来)
屋内周回コースでハロン20秒程度のキャンター2000mと、屋内坂路コースでハロン20秒程度のキャンター1本を行っています。
「順調に調教を行えています。体も徐々に引き締まってきていますので、今後も乗り込みを継続して状態を上げていきたいですね」(早来担当者)

良い感じで調教をこなしているみたいですね。
これなら遠くなく復帰できそうです。
福島開催は4月ですので、そこを目指すことになるのかな?

スパラート 牡4
(武藤厩舎)
3日、4日は軽めの調整を行いました。
「先週末に帰厩してから体調を崩すことはありませんし、元気な様子を見せてくれています。まだ速いところを始めていないというのもありますが、テンションがあまり上がっていないのはいいことですね。若いときは元気が良すぎて、牝馬のように繊細なところが目立っていたけど、年を重ねて少しずつ古馬の牡馬っぽくなってきました。脚元については、以前出血した部分にあたらないような鉄をNF空港にいるころから継続して履かせていますし、しっかりケアしていけば問題ありません。装蹄師にも定期的にチェックしてもらいながら進めていきます。速いところは来週あたりから始める予定で、慌てずじっくり進めていくつもりです」(武藤師)

北海道では調整するのに適した環境が無いので帰厩しました。
2、3ヶ月は乗り込むみたいですが、トレセンの施設なら良いトレーニングも出来ますので安心ですね。
このまま順調にいってもらいたいです。

クラサヴィカ 牝3
(グリーンW)
舎飼で様子を見ています。「怪我をした右ヒザの状態を確認したところ、少し膿が出ていましたので、 こちらで傷口を再度きれいにしました。少し深い傷ですがスパッと切れているので治りは早いでしょう。しっかりふさがるまでは舎飼で傷口を動かさないようにしています」(GW担当者)

頓挫してしまっていますが、今回は外傷が原因ですから治れば早く復帰できそうですね。
仕切り直しの復帰戦になりますが、早く勝ち上がってほしいなぁ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »