« 愛馬近況 2/6 | トップページ | 名障害騎手・白浜のファインプレー »

2010年2月11日 (木)

愛馬近況 2/11

我がキャロットクラブは今週も好調でした。
愛馬たちも頑張ってもらいたいですがー

フィックルベリー 牝5
(宇治田原)
周回コースで軽めのキャンター1800mと坂路でハッキング程度を行っています。
「馬体重は445キロあるのですが、見た目にはもう少し余裕があってもいい状態ですね。ただ、動きからレースの疲れを感じることはなく、カイバ喰いも安定していますので、この調子で乗りながら体に余裕を作っていきたいと思います」(牧場担当者)

445キロもあるんですね。結構増えたもんです。
これなら早めに帰ってこれそうですので、次を期待ですね。

ルージュアルダン 牡5
(NF早来)
屋内周回コースでハロン20秒程度のキャンター2000mと、屋内坂路コースでハロン20秒程度のキャンター1本を行っています。
「引き続き順調に調教を行っています。この寒い時期に焦ってペースを上げる必要はないので、馬の様子を見ながら、じっくりと負荷を高めていきます」(早来担当者)

並みの調教が出来ていますので蹄は大丈夫みたいですね。
あと1,2ヶ月もすれば帰ってこれるかもしれませんね。

スパラート 牡4
(武藤厩舎)
10日は美浦南Dコースで追い切りました(70秒9-55秒8-41秒3-14秒4)。11日は軽めの調整を行いました。
「水曜日にダートコースで5ハロン70秒くらいのところを行いました。決して無理したものではありませんし、馬なりでじわっと回ってきたものです。脚元は引き続き変わりありませんし、この調子で少しずつピッチを上げていきたいですね。週末の状態次第ですが、今週は水曜日の1本に時計はとどめて、来週から徐々に増やしていくつもりです。具体的な目標を決めるのは来週か再来週の感触を見てから考えたいと思っています」(武藤師)

トレセンに戻って調整中です。
どれくらいかかるか分かりませんが、来週以降に目標が発表されるみたいですので、待ちましょう。

クラサヴィカ 牝3
(グリーンW)
ウォーキングマシン調整を行っています。
「まだケガをした箇所が完全に治りきっていないので、傷口が開かないように他の馬とは別メニューでウォーキングマシン調整を行っています。運動量が極端に落ちないように気をつけていますが、今のところイライラする素振りも見せず落ち着いています。傷口がふさがり次第、ゲート練習などに移行していきます」(GW担当者)

ゲート練習。。。
う~ん、どうなるか分かりませんがグリーンWのスタッフにがんばってもらうしかないですねー

ファーベルハフト 牡3
(山元TC)
常歩運動を行っています。
「先週末にこちらへ移動してきました。ササ針治療を施した後ですし、西山牧場ではほとんど乗り運動を行っていなかったので、こちらで一から作っていくように乗り込んでいきます。少し時間はかかるでしょうが、より良い状態でトレセンへ送り出せるようにしたいですね」(山元担当者)

山元TCに移動して最初から始めるみたいですね。
間に合うかなー?
いっそう地方所属にならないでしょうか~

|

« 愛馬近況 2/6 | トップページ | 名障害騎手・白浜のファインプレー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109384/47541138

この記事へのトラックバック一覧です: 愛馬近況 2/11:

« 愛馬近況 2/6 | トップページ | 名障害騎手・白浜のファインプレー »