« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月26日 (金)

愛馬近況 3/26 出走回数も増えそう

入厩馬が増えました。出走する機会も多くなりそうな季節になってきましたよ。

フィックルベリー 牝5
(大久保龍厩舎)
24日は栗東坂路で追い切りました(54秒5-40秒0-26秒2-12秒6)。
「今朝は坂路で終い重点に追い切りました。帰厩して間もないですが、来週の競馬を視野に入れてトレセンに戻しましたし、放牧先でもそのつもりで乗り込んでいましたから問題ありません。もともと仕上がりに手間のかからない馬ですし、あとは当週にサッとやれば十分でしょう。休み明けでふっくらした馬体をキープしつつ、いい状態でレースに向かいたいですね。良馬場なら前走のようなことはないはずです」(大久保龍師)
4月3日の阪神競馬(4歳上500万下・芝1800m)に出走を予定しています。

帰厩しましたね。
来週出走予定も入りましたし、あとは騎手が誰になるかが気になります。
岩田、藤田騎手のどちらかだと良いんですけどね~

ルージュアルダン 牡5
(NF早来)
屋内周回コースでハロン20秒程度のキャンター2000mと、屋内坂路コースをハロン16秒程度(週2回はハロン15秒程度)のキャンター1本の調教を行っています。
「いい動きで調教を行えています。あえて挙げればトモの運びをもっと良くさせたいなどの課題もありますが、脚元の不安は払拭されていますので、しっかり乗り込んで良くしていきたいですね。馬体重は512キロです」(早来担当者)

ペースも速くなってきました。
あとはダイエットが成功すれば出走ですね。
500キロ下回ればバッチリでしょうか。。。

スパラート 牡4
(武藤厩舎)
25日は軽めの調整を行いました。
「改めてレースを見ましたが、前半1000mで57秒を切るハイペースで前の馬が逃げていましたから、さすがに最後は余力がなくなりましたね。平均からスローのペースになることを想定して中距離を考えていましたが、速い時計でスタミナを求められる展開になるとさすがに分が悪いので、次は短い距離に戻して、どれだけやれるかを改めて見たいと思います。レース後は走った分だけ少し硬くなりましたが、角馬場でじっくり動かすとほぐれましたし、疲れという疲れは感じさせません。関西も含めて番組を見ていますが、今の中央場所の1000万下クラスはそこまで混んでいませんし、メンバーもそれほど強力な馬がいないのが現状です。福島の開幕週にハンデの1200mという魅力的なレースはありますが、きれいな馬場の福島開幕週を狙っている陣営も多そうで、確実に出られる保証はありません。優先出走権を持っていない立場でもありますし、馬の状態と出馬状況を見て、来週の中山かその後の福島を考えていくつもりです」(武藤師)
4月4日の中山競馬(4歳上1000万下・芝1200m)もしくは10日の福島競馬(吾妻小富士賞・芝1200m)に出走を予定しています。

短距離に戻すみたいですね。良いと思います。
福島なんか魅力ですが、中山で出走なら応援にも行けますからどちらも良いですね。
福島なら宮崎騎手。中山なら吉田、後藤騎手あたりなんか良いですね~

クラサヴィカ 牝3
(グリーンW)
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行い、併行してゲート練習を行っています。
「先週水曜日からゲート練習を開始し、木曜、土曜と出し入れを中心に進めています。周囲が静かなこともあって思った以上に早く慣れてきていますが、他の馬が近づくと少しソワソワしたり気にしているところもあるので、あまり急激に進めず駐立もしっかり確認しながら練習していきます」(GW担当者)

今のところゲート練習は順調そうですね。
早く暴れないで我慢できるようになって帰ってきてほしいですね。

ファーベルハフト 牡3
(山元TC)
周回で軽めのキャンター調整を行っています。
「先々週に熱発して、その後落ち着いたのを見てから再度軽めに動かしていたのですが、また先週末に体温が少し高くなっていました。今は落ち着いているので軽めに乗っていますが、根本から疲れが抜け切っていないということなのでしょう。体質的にもまだしっかりしていない状態ですし、もうしばらくは時間をかけていくことになりそうです」(山元担当者)

ダメだー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月21日 (日)

スパラート 展開向かず最下位

今日は中山でスパラートが出走しました。

スパラート 牡4
(武藤厩舎)
21日の中山競馬では14着。
「逃げるくらいのつもりで出していったら、相手も引かなくてペースが思った以上に速くなってしまいました。息が入らなかったし、さすがに最後は苦しくなってしまいました。気負わずにリラックスして走れているし、短距離でなければいけないという感じはしませんし、マイルもこなせなくはないと思います。展開ひとつで巻き返してくれるはずです」(戸崎騎手)

サトノロマネにペースを乱されてしまいましたね。
直線まったく伸びずに最下位でした。
ジョッキーはマイルもいけるって言っているけど、やっぱ短距離の方が良いんじゃないかな…
次は短期放牧に出るのか分かりませんが、続戦なら短距離が良いと思うんですが。。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年3月19日 (金)

愛馬近況 3/18

今週はスパラートが中山で出走します。
前走のように見せ場を作れるでしょうか?

フィックルベリー 牝5
10/3/16
(宇治田原)
週3~4日は坂路で15-15を1本行い、その他の日はウォーキングマシン調整を取り入れています。
「坂路での調教を中心に進めていますが、体調は安定していますし、調教の動きもアップしてきていると思います。脚元の状態も良好ですので、今後もメリハリをつけたメニューを取り入れていきます」(牧場担当者)

10/3/18
(大久保龍厩舎)
18日に栗東トレセンへ帰厩しました。

帰ってきました。
放牧先での乗り込みは順調でしたので、すぐにでもレースに出れるでしょう。
今度こそ500万下を勝って次に行ってもらいたいですね。

ルージュアルダン 牡5
(NF早来)
屋内周回コースでハロン20秒程度のキャンター2000mと、屋内坂路コースをハロン16秒程度(週2回はハロン15秒程度)のキャンター1本の調教を行っています。
「引き続きいい負荷をかけることができています。速めの調教にも慣れてきていますので、このまま乗り込んで良化を促していきます」(早来担当者)

良い感じで乗れています。
そろそろ帰厩出来そうな雰囲気ですね。
早く復帰戦を見たいものです。

スパラート 牡4
(武藤厩舎)
17日は美浦南Pコースで追い切りました(66秒9-51秒4-37秒6-12秒3)。
「登録状況を見るとそれほど強力な先行馬がいるわけでもなさそうですね。前走の2着馬を含めて、何が何でも逃げたいと主張する馬がいたら展開的に少し苦しくなるので見送ろうと思っていましたが、メンバー構成は悪くないと思います。先週末に長めを乗って、今朝サッと時計を出したのですが、動きはいいですね。前走はやや急仕上げのところがあったかもしれませんが、明らかに前走より直線の伸びはシャープです。まだこの馬本来の動きではないかもしれませんが、いい状態に近づいてきているのは確かだと思いますよ。今朝の追い切りで競馬を一度使った効果を感じることができましたし、明日の馬の状態をよく見て問題ないようならば今週の競馬へ向かうつもりです」(武藤師)
21日の中山競馬(浅草特別・芝1600m)に戸崎騎手で出走を予定しています。

大井の戸崎騎手ですね。
豪腕で直線持たせる作戦でしょうか。
今回は逃げるような気がしますが、メンバーが前走と同じようなな顔ぶれですので期待したいところですね。

クラサヴィカ 牝3
(グリーンW)
周回コースでハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「外傷部分は問題ありません。じっくり乗ってきましたが、特に問題なさそうなので、明日からゲートを通してみます。トレセンと違ってゲートの周囲が静かなので、練習を進めるにあたってそれほど心配はいらないと思います」(GW担当者)

これからゲート練習ですね。
うまくなって早くレースに出てもらいたいです。
なんとか勝ち上がってほしいですね。

ファーベルハフト 牡3
(山元TC)
舎飼で休養中です。
「徐々に調教を進めていましたが、疲れが溜まったことで週末に熱発してしまいました。今朝も体温が高めなので、落ち着くまでは安静にして、体調が戻ってから再度乗っていくことになるでしょう」(山元担当者)

もうダメか…

シーザリオの08 牝2
(NF早来)
馬体重:449kg

週3回は屋内周回コース1800mで軽めのキャンターを行い、残りの週3回はトレッドミルでハロン25秒のペースで5分の運動を行っています。引き続きショックウェーブ治療で首のケアを行いながら乗っています。全体的に馬体には緩さが感じられますが、バランスの良さがありますので、これから負荷を高めていくにつれて垢抜けた馬体になるでしょう。とても大人しくまじめな気性の持ち主で、調教の程度を軽めにとどめている中でも、うるささを見せることはありません。

遅い組ではありますが、まだまだですから見守ります。
首とか早く万全になってほしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月14日 (日)

愛馬近況 3/14

キングカメハメハ産駒が好調みたいで、新たに欲しくなってきた今日この頃です。
あ、2歳で1頭持ってるじゃん。。。
来年は楽しみですね~

フィックルベリー 牝5
(宇治田原)
週3日は周回コースで体をほぐす程度の乗り運動を行い、他の3日は坂路で15-15を1本行っています。
「これまでの経験から負荷を高めすぎると仕上がり過ぎて、トレセンでの余力がなくなってしまう可能性があるので、本格的な乗り運動は週3日としています。タイプ的に仕上がりやすいタイプで現状の調整パターンがマッチしている感じです。右前脚の疲れは問題なく、今ではケアが要らない程度まで回復しています。今後も強弱をつけたメニュー構成でいっそうの状態アップを図っていきます」(牧場担当者)

そろそろ帰って来れそうな雰囲気ですね。
早く3勝目が見たいですが、阪神開催のうちに出走できるでしょうかね?

ルージュアルダン 牡5
(NF早来)
屋内周回コースでハロン20秒程度のキャンター2000mと、屋内坂路コースをハロン17秒程度(週2回はハロン15秒程度)のキャンター1本の調教を行っています。
「速い調教での動きは徐々に良くなってきていますが、体はなかなか思うように絞れてきませんね。現状の負荷を維持しながら、しっかりと乗り込んでいきたいと考えています。馬体重は516キロです」(早来担当者)

かなり仕上がってきているんじゃないでしょうか?
福島開催まであと4週間ですから、このまま順調にいってほしいですね。

スパラート 牡4
(武藤厩舎)
10/3/11
11日は軽めの調整を行っています。
「気のいい馬だし、それほど調教本数が必要なタイプではないので、この中間も時計は出さずに普通キャンターをじっくり乗る調整を行っています。元気いっぱいで何の不安もありませんね。今のところ週末あたりから少し時計を出していく予定です。いちおう中山の開幕週をメインに考えていますが、メンバー構成次第では来週の1600mでもいいと思っています。特別登録をして直前までの出馬状況と馬の状態を見ながらどちらにするか決めるつもりです」(武藤師)
21日の中山競馬(浅草特別・芝1600m)もしくは28日の中山競馬(千葉日報杯・芝1800m)に出走を予定しています。

10/3/14
21日の中山競馬(浅草特別・芝1600m)に特別登録を行いました。同レースはフルゲート16頭のところ、本馬を含めて19頭の登録があります。

早くも来週の中山に登録していますね。
仕上がり早いなら使ってもらうのも良いかもしれません。
やっぱ1800mより少しでも短い1600mの方が良いかもしれませんしね。

クラサヴィカ 牝3
(グリーンW)
周回コースでハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「すでに傷の部分はきれいに治っています。今週一杯は軽くキャンターで体を動かし、来週からゲートを通す練習を開始する予定です。乗り出してだいぶガス抜きができたようで、テンションも落ち着いています」(GW担当者)

これからゲート練習に入っていきますが、なんとかうまくなれるようにがんばってほしいものです。
ゲートに入れなければレースにも出れないですから。。。

ファーベルハフト 牡3
(山元TC)
周回でハロン18秒のキャンター調整を行っています。
「右前脚に繋クンの症状があり、その影響で週末に少し体温が高くなってしまいましたが、数日楽をさせたところすぐに体調は戻っています。現在は周回で普通キャンターをじっくりと乗れていますし、影響はありません。しかし、基礎から鍛えていかなければいけないということに変わりはないので、引き続きじっくり乗り込んで、放牧前よりいい走りができるようにしていきたいと思います」(山元担当者)

がんばれ~

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年3月 5日 (金)

レッドディザイアがAWで快挙

日本時間で木曜日未明、ドバイのメイダン競馬場で行われたドバイWCの前哨戦、マクトゥームチャレンジラウンド3で日本のレッドディザイアが優勝しました。
AW(オールウェザー)という、日本には無い馬場でのレースで、日本馬の適正は未知数だっただけに今回の快挙は大いなる可能性に繋がりましたね。

予定では次走、レッドディザイアはドバイ・シーマクラシックに出走予定ですが、ドバイWCに出たら日本に初のワールドカップ馬が誕生するかもしれません。
一口馬主の馬だけに、こんな馬に出資している人は幸せですよね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 3日 (水)

愛馬近況 3/3 2歳馬馬名決定

今週の近況です。
2歳馬の馬名も決まりましたよ~

フィックルベリー 牝5
(宇治田原)
周回コースで軽めのキャンター1800~2400mを行っています。また、週3回は坂路で15-15を取り入れています。
「この中間はフラットコースで軽めに乗り、坂路で速めの回数を増やして進めています。右前脚の疲れは、悪くなることはなく良化傾向にありますが、調教中の脚さばきはいいころと比べればもう少し良くなる気配がありますし、引き続き解すように乗り進め良化を促していきます」(牧場担当者)

結構乗り進められていますね。
もうそろそろ帰厩出来そうな気がします。
阪神で走る姿が見れるかな?

ルージュアルダン 牡5
(NF早来)
屋内周回コースでハロン20秒程度のキャンター2000mと、屋内坂路コースを17秒程度(週2回はハロン15秒程度)のキャンター1本の調教を行っています。
「この中間から、速いペースの調教を取り入れています。まだ始めたばかりですので物足りなさはありますが、いい状態に戻せるようにしっかりと乗り込んでいきます」(早来担当者)

速いペースでの乗り込みに入りましたので、そろそろ帰厩でしょうか。
福島開催まで待っても良いでしょうけど、中山で走ってくれたら応援に行けるんですけどねー

スパラート 牡4
(武藤厩舎)
3日は軽めの調整を行いました。
「以前はスタートに波があって極端な競馬が多かったし、まともな競馬になっても包まれて気にするところがあったのか、もうひとついいリズムで競馬をすることができませんでした。そのような中で、今回は2番手を追走して直線で前を捕まえに行く正攻法の競馬をして、しかも休み明けで掲示板を確保したのだから、悪くない競馬だったのは間違いないでしょう。今回のような競馬を続けて、この馬の形になってくれば最後のひと踏ん張りにつながってくるはずです。不良馬場を走ったあとなのでレース後の状態を慎重に確認していますが、これと言ったダメージはなさそうですね。蹄の状態も変わりありません。現在のところ次開催の開幕週にある1800mを第一候補に考え、相手関係次第では1週前の芝1600mを検討するつもりです。これまで短いところを使ってきましたが、いろいろと試していける時期でもあるので、試行錯誤しながらこの馬のいい部分を広げていければと考えています」(武藤師)
今後の状態と相手関係を見ながらになりますが、28日の中山競馬(千葉日報杯・芝1800m)に出走を予定しています。

なんとサクラバクシンオー産駒で中距離挑戦ですよ。
これで適性見せたらかなり面白いですね。
サクラバクシンオー産駒で中距離重賞勝ったりしたら話題になるだろうなー
1800m試すんなら、横山典弘騎手にお願いしたいですね。ないか~

クラサヴィカ 牝3
(グリーンW)
軽めの調整を行っています。
「怪我をした部分はしっかりふさがって、完全に乾燥すれば問題ありませんから、今週から乗り出しを開始しました。楽をさせていたので元気がありあまっている感じですね。軽く乗って体を動かし、落ち着きが出てくるのを待ってからゲート練習を始めるつもりです」(GW担当者)

随分長く様子見していますが、これからペース上げて間に合うんでしょうか…
なんとかゲート難を克服して勝ち上がってもらいたいものです。

ファーベルハフト 牡3
(山元TC)
坂路でハロン18秒のキャンター調整を行っています。
「先週はフラットコースでダクから軽めのキャンターまでに移行しましたが、その後坂路に入れてトモを中心にしっかりと鍛えていけるように乗っています。本格的な乗り込みを行うまでにはしばらく時間をかける必要はありますが、この調子で進めていきたいですね」(山元担当者)

時間は掛かりますががんばってー

シーザリオの08 牝2
(NF早来)
このたび、競走馬名が「ヴァイオラ」(Viola シェイクスピアの作品「十二夜」の主人公名)に決定いたしました。

ヴァイオラですかー
短くて良い名前ですね。
呼びやすいですから、すんなり覚えられるので良いですね。
デビューして実況で呼ばれるのが楽しみですね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »