« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月29日 (木)

愛馬近況 4/29

なかなか愛馬が勝てませんね…
出走予定があるだけ楽しめますけど、そろそろ良い勝負を期待したいですね。

フィックルベリー 牝5
(宇治田原)

坂路で1本目はハッキング程度、2本目はハロン17秒のキャンター調整を行い、週2回は15-15を消化しています。今のところ29日に栗東トレセンへ帰厩する予定です。
「坂路中心のメニューを組んでいますが、体は余裕のあるいい状態ですし、速めの調教もスムーズにこなしてくれています。今週トレセンヘ戻るとのことですが、いい状態で送り出すことができそうです」(牧場担当者)

--
短期放牧から帰ってきますね。
京都の中距離でしょうか?直線平坦の方が好走できるかもしれませんね。

ルージュアルダン 牡5
(和田道厩舎)
29日は軽めの調整を行いました。
「久しぶりのレースだったので、競馬のあとに反動がこなければいいなと思っていましたが、特に問題はなさそうですね。多少の疲れはあるでしょうから、このまま厩舎に置きながらじっくりケアをして次走に向かっていきます。優先出走権がないだけに流動的ではありますが、新潟の2週目と3週目はダート1200mが2鞍ずつあるし、おそらく3週目あたりには出走できるのではないかと思っています。ジョッキーも好感触を抱いてくれているようだし、いい形で送り出して前進させたいですね」(和田道師)
5月16日の新潟競馬(4歳上500万下・ダ1200m)に丸山騎手で出走を予定しています。

--
前走に続いて丸山騎手で出走予定ですね。
叩いた効果で良い勝負を期待したいですね。

スパラート 牡4
(武藤厩舎)
29日は軽めの調整を行いました。
「改めてジョッキーと話をしましたが、荒れた馬場を気にしているのかまわりを気にしているのか、まったくハミを取らず前に進んでいこうとしませんでした。もともと繊細なところがあって牡馬というより牝馬のようなところがあるのですが、今回もちょっとしたことで気持ちが切れてしまったのかもしれません。このまま何らかの対策をしないと余計に悪くなる可能性もありますので、様子を見てチークピーシズもしくはブリンカーなどを着用して気持ちを前へ向くように工夫してみようと考えています。もちろん逆効果になる可能性もあるので、状況次第でレースで着用するかどうかを判断します。しっかりと力を出し切っていないこともあってか、レース後に疲れを見せることはありませんので、早ければ中1~2週で次走へ向かうことも考えています」(武藤師)
5月8日の東京競馬(高尾特別・芝1400m)に特別登録を行う可能性があります。

--
気持ちの問題と言われてしまいました。
極端な競馬をした方が良いのですかね?逃げるか追い込むか…
東京を予定しているようですから、いっそのこと最後方からの競馬とかどうでしょうか?

クラサヴィカ 牝3
(大久保龍厩舎)
28日の公営・笠松競馬では行き脚がつかず最後方を追走。直線は外からジリジリ伸びて6着。
「トレセンでのゲート練習はテンションの高揚を抑えるため、無理に出していくことはしませんでした。その甲斐あって競馬でもゲートの中で落ち着いていることができました。ただ、出していくことはしていなかったし、久々でボーっとしていたこともあって、二の脚がつきませんでした。1コーナーでは装鞍所を見てしまい、外に張ってしまいましたが、直線ではジリジリ伸びてくれたし、前進の感じられる走りでした」(荻野琢騎手)
「結果は6着でしたが、一番の課題でもあったゲートで落ち着いていたことは収穫でした。敗因は休み明け、ゲート後手、砂を被るなどいろいろありますが、まだ2戦目の馬なので致し方ないところだと思います。今回経験したので次は同じ条件でも大丈夫だと思いますが、広いコーナーでもう少し距離のある1800mくらいがいいかなと思っています。これまではグリーンウッドでも厩舎でもゲート練習中心でしたが、練習の成果は見られたし、ひとつ課題をクリアしてくれたことで次は勝つための攻めの調教ができればと考えています。リフレッシュの意味も含め、間隔を取るためにも近日中に放牧へ出す予定です」(大久保龍師)
敗れはしましたが、陣営が一番気にかけていたゲート内での落ち着きが見られたように進展の感じられる内容でした。攻めの調教ができるようになれば大きな変わり身が見込めるでしょう。近日中にリフレッシュ放牧へ出る予定です。

--
陣営はゲートで大人しくしていたのが収穫だと言っていますが、スタートも悪かったし、道中も真面目に走っていなかったし…
短期放牧に出るそうですが、放牧先ではガンガンに乗り込んでもらいたいですね。

ファーベルハフト 牡3
(山元TC)
周回と坂路でハロン16秒のキャンター調整を行っています。
「これまでと同様にじっくりと乗り込んでいて、基礎体力を養うように努めています。動きはまだピリッとし切ってはいませんが、少しずつ良化しているので、何とかこのまま乗り込んでトレセンへ送り出せるようにしていきたいです」(山元担当者)

--
徐々に良化しているようで安心しました。
ただ、競馬になるかどうかは…
走ってみるしかないですね。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月25日 (日)

愛馬 今週の出走結果

土、日とルージュアルダン、スパラートが出走しましたが、どちらも…

ルージュアルダン 牡5
(和田道厩舎)
24日の福島競馬では好スタートから先手を奪って直線半ばまで粘りを見せるが、ラストは後続に交わされ7着。
「スタートも速かったですし、いいスピードがある馬ですね。最後は休み明けの分もうひと踏ん張りが利きませんでしたが、使っていけば変わってくると思います。楽に前へ行けましたし、次が楽しみです。ぜひまた乗りたいです」(丸山騎手)
「馬体重は10キロ以上増えるかもしれないと思っていましたが、調整がうまくいって休み明けとしては程よい状態で送り出せたと思います。できれば逃げて押し切りたい馬なので、競られてしまった分だけ最後は苦しくなりましたが、展開ひとつでもっと前進できるでしょう。レース後の状態次第ではありますが、ガタッと来なければ厩舎に置いて次に向けて再度鍛えていきたいですね」(和田道師)
約9ヶ月ぶりの出走となりましたが、ここ2戦は見られなかったこの馬らしい行きっぷりで見せ場を作ってくれました。ひと叩きしての上積みが見込める次走は楽しみです。

---
ダッシュは良かったんですが最後まで持ちませんでした…
ま、騎手は好感触だったみたいですから、次は叩かれて前進ですね。

スパラート 牡4
(武藤厩舎)
25日の福島競馬では15着。
「内の馬場状態が悪くなっていたので、外に出したいと思っていたのですが、終始馬場の悪いところを走らされてしまいました。1200mになってスピードを活かしたいと思っていただけに残念です。テンションが少し高かったので、カッカしないうちに馬場に入れてすぐに返し馬を行ったのですが、そのあたりの消耗もあったかもしれません」(宮崎騎手)

---
正直少しは期待したんですが、1000万クラスでは通用しないということでしょうかね?
このまま夏の降級を待つしかないのか…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月22日 (木)

愛馬近況 4/22

ここのところ忙しくて更新は久しぶりですが、今週は愛馬の出走がありますよ。ヽ(´▽`)/

ルージュアルダン 牡5
(和田道厩舎)
22日は軽めの調整を行いました。
「いよいよ今週が競馬なので水曜日の追い切りはそれなりにビシッと行いました。絶好調とは言えないかもしれませんが、休み明けを考えれば上々の動きを見せてくれました。今週の調教と輸送で絞れてくるでしょうが、馬体重はおそらくプラスになると思います。成長分もあるので、それほど気にしなくていいはずです。久々の競馬なので今朝はゲートから出しました。反応が少しだけ悪くてダッシュがやや物足りませんでした。実戦から遠ざかっていて少し勘が鈍っていたのでしょう。レース前に練習して思い出してくれたでしょうから、競馬ではしっかり出て流れに乗ることができればいい走りをしてくれるはずです」(和田道師)
24日の福島競馬(4歳上500万下・ダ1150m)に丸山騎手で出走いたします。

やっと今週復帰です。
しかし、この日は出勤日…
仕事頑張るから、アルダン君も頑張って走ってもらいたいですね。

フィックルベリー 牝5
(宇治田原)
坂路で1本目はハッキング程度、2本目はハロン17秒のキャンター調整を行っています。
「ウォーキングマシン調整を続けてきたことでだいぶ体がふっくらし、直近の計測では458キロありました。この中間から軽めの運動を開始しましたが、テンションの高揚もなくリラックスして過ごせていますね」(牧場担当者)

体重も増えて良い感じです。
北海道開催まで1戦はさみますから、それまでに体重がもっと増えるとよいですね。

スパラート 牡4
(武藤厩舎)
21日は美浦南Pコースで追い切りました(68秒7-52秒8-38秒7-12秒2)。
「競馬でも調教でもよく乗っている宮崎騎手に跨ってもらい今朝も追い切りました。相変わらずいい動きを見せてくれるし、状態はいいレベルで維持できていると思います。登録頭数が多くてやや不安でしたが、どうやら無事出走できそうですね。斤量が54キロでハンデの利点がありますし、条件のいいレースですから、今週の出走が楽しみですね。1000万下クラスでの戦いはそう簡単ではありませんが、距離を短くして今後につながる走りを見せてくれればと思います」(武藤師)
25日の福島競馬(福島中央テレビ杯・芝1200m)に宮崎騎手で出走を予定しています。

久々の1200mに戻ります。
ハンデ戦ですし、チャンス有りと見て期待したいですね。

クラサヴィカ 牝3
(大久保龍厩舎)
21日は栗東坂路で追い切りました(エラー-エラー-エラー-13秒1)。
「今朝はゲートの出入りを確認してから、坂路で併せて追い切りました。最後は遅れましたが、相手のヴィクトリーマーチはすでに勝ち上がっていて攻め駆けするタイプですから問題ありません。相手の時計と比較すると53秒台後半ぐらいは出ていますし、最終追い切りは日曜にやる予定なので、これだけ動ければ十分すぎるほどでしょう。ゲートも、出し入れや駐立は問題なくこなしていますから、あえて発馬の練習は行わずに、いいイメージでレースに向かいたいと思います」(大久保龍師)
28日の公営・笠松競馬(花吹雪賞・ダ1400m)に出走を予定しています。

色々頓挫していましたが、やっと戻ってきましたね。
復帰戦は笠松ですが、ここは勝って改めて中央での競馬で活躍してもらいたいですね。

ファーベルハフト 牡3
(山元TC)
周回と坂路でハロン16秒のキャンター調整を行っています。
「引き続き、周回と坂路を併用して15-15から普通キャンターくらいのところをじっくりと乗り込んでいます。ガタッと来ることはありませんし、調教量は補えていますので、今の調教メニューをじっくりと重ねていってトレセンへ送り出せるように態勢を整えていきます」(山元担当者)

少しずつ良くなってきたようです。
早めに帰ってこれればそれだけチャンスは増えますから、未勝利戦終了まで頑張ってもらいたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 4日 (日)

2歳馬を追加出資 ミラクルレイザーの08

2歳馬を追加出資してしまいました。
関東馬のミラクルレイザーの08です。馬名はミラクルカクテル
タニノギムレット産駒の牝馬なんですが、一口3万円というのとウオッカの引退記念で買ってしまいました。
母のミラクルレイザーのように長く活躍してくれると良いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛馬近況 4/4 フィックルベリーは惨敗

今週は年度代わりで忙しくて更新できなかったので、土曜日に出走したフィックルベリーと、動きのあった愛馬のみダイジェストで。

フィックルベリー 牝5
(大久保龍厩舎)
3日の阪神競馬では後方からゆったりレースを進め、直線は馬場の内めをジリジリ伸びたものの11着。

「スムーズにレースを進めることができたのですが、今日はペースが遅かったこともあって最後はジリジリとしか伸びてくれませんでした。直線に坂がある阪神コースよりも、平坦なコースのほうが合っているようですね。馬体はふっくらしていい雰囲気でしたが、少しイレ込んでいるようでしたし、そのあたりも苦しかったのかもしれません」(池添騎手)

「馬体は維持できていましたが、パドックでの発汗が酷く、いい精神状態とは言えませんでした。やはり滞在競馬が合っているのだと思います。平坦の小回りで滞在できる北海道シリーズがベストの条件ですから、そこに向けて調整します。間隔があきすぎるので、1戦挟むことも考えています」(大久保龍師)

先行有利な流れの上、久々の実戦で落ち着きを欠いた状態でレースに臨んだこともあって、力が出せませんでした。滞在競馬なら本来の能力が出せるはずです。このあとは目標とする札幌競馬までに1戦挟むことも検討していますが、優先出走権がないとなかなか芝のレースに使えないため、一度短期放牧に出す可能性もあります。

パドックですんごいイレこんでいて、全身汗ビッショリでした。
結局、それが引いてレースでは実力を出せませんでしたね。
なんか、北海道専用の馬になってしまいそうです。
北海道開催は2ヶ月以上先なので、間に1戦挟むようですが、その1戦はダート試してもらえないですかね~?

スパラート 牡4
(武藤厩舎)
31日は軽めの調整を行いました。
「出馬状況次第では今週の競馬を考えようと思っていましたが、前走から時間が経ってほんの少しだけ疲れを見せました。背中に張りがある程度で心配するほどではないし、競馬へ向かおうと思えば向かえるのですが、無理することはないでしょう。しっかりケアした上で来週の福島に目標を切り替えます。開幕週なだけに中2週の出走間隔で入るかどうかは蓋を開けてみないとわかりませんので、出られなくなることも考えながら調整していくつもりです」(武藤師)
4月4日の中山競馬(4歳上1000万下・芝1200m)は見送り、4月10日の福島競馬(吾妻小富士賞・芝1200m)に出走を予定しています。

微妙に疲れを見せているようです。なんとも無ければ良いのですが…
来週の福島を予定しているみたいですが、特別登録が29頭です。
優先出走権を持っていないので、来週は無理かもしれませんね~

ルージュアルダン 牡5
(和田道厩舎)
1日に美浦トレセンへ帰厩しました。
「休みが長くなると気を張っていた分がなくなるためかガタっと疲れを見せてしまうようで、思っていた以上に長いお休みになってしまいました。ただし、牧場でじっくりと乗り込んでもらえたことで脚元を含めて状態はだいぶ良くなりましたし、いいコンディションで帰厩することができたと思います。早ければ福島開催の最後あたりの始動プランもありますが、ブランクが長いので今の段階でここと決めないで、動かしながら具体的な予定を確定させていきたいと思っています」(和田道師)

昨年の7月以来、約8ヶ月ぶりに帰ってきました。
長期休養明けですから、トレセンで1ヶ月くらい乗り込んでからの復帰戦でしょうか。
年齢の割りに使ってませんから、大器晩成で頑張ってもらいたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »