« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月30日 (日)

ペルーサ無念

ダービー…
駄目でした。
入れ込んじゃったんですかね~
ペルーサは秋以降G1勝ちまくると信じますか。

Sa3a0127


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月29日 (土)

6週連続G1その5 日本ダービー

さ、ダービーです。ですが、残念なことにダノンシャンティが出走取消となってしまいました。松田国調教師はまたバッシングされるんでしょうかね。
私の本命はもう先月時点で決まってます。

◎ペルーサ ○ヴィクトワールピサ ▲ヒルノダムール △エイシンフラッシュ

ペルーサヴィクトワールピサで問題ないでしょう。すでにPATで馬連は買いました。ペルーサを本命にしたのは願いですね。ゼンノロブロイ産駒の東京2400m適正は先週のサンテミリオンで実証されましたし、横山典弘騎手もG1・3連勝がかかってますから力は入るでしょう。藤沢和調教師の念願だったダービー制覇は明日でしょうか。

ヴィクトワールピサは強さは重々承知ですので、どちらが来てもおかしくはないですね。あとは運に任せるのみ。

ヒルノダムールエイシンフラッシュは単純に皐月賞上位組ということで選んでますが、別路線組みよりも今年の皐月賞はレベルが高かったと思います。3着はこの2頭のどちらかでしょう。

明日は東京競馬場で3連単を追加購入して応援します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛馬近況 5/29

今週の愛馬近況です。ちょこっとダイジェスト版で。

フィックルベリー 牝5
(宇治田原)
宇治田原優駿ステーブルから北海道へ戻るようです。
函館開催まで1ヶ月くらいありますから、短期休養といったところでしょうか。
滞在競馬で2勝くらいできれば良いですね~

ルージュアルダン 牡5
(和田牧場)
軽めの調整中です。今後は福島か函館の予定のようです。

スパラート 牡4
(山元TC)
27日に山元トレセンへリフレッシュ放牧に出ました。
この後は夏の新潟まで休養の予定ですから、ゆっくり休んでもらいたいですね。

クラサヴィカ 牝3
(大久保龍厩舎)
帰厩後は順調に追い切りを消化しています。
東京1600mか京都1800mを想定しているそうですので、来週出走でしょう。
ここで勝ち上がってもらいたいですね。

ファーベルハフト 牡3
(上原厩舎)
28日に帰厩しました。
さて、どれだけ成長したか楽しみではありますが。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月23日 (日)

スパラート 得意の雨も馬群に沈む

スパラート 牡4
(武藤厩舎)
23日の東京競馬では好スタートから逃げる展開に。直線で粘り込みを図るが後続の追撃も厳しく9着。
「道中は馬場に脚を取られて前のめり力みながら走っていました。その分、直線では粘れませんでしたが、パタっと止まっていませんし、展開ひとつでもっとやれるでしょう。スタート後は楽に前へ行けましたし、やはりいいスピードをもっています。この脚があればスプリント戦でおもしろそうですね」(蛯名騎手)
「馬場が悪くスピードを活かしきれませんでしたね。ただし、着順ほど離されずに最後まで頑張っています。ブリンカーをつけてから前向きな姿勢が出るようになってきていますね。ジョッキーの話にもあったように、次は距離を短縮して持ち味を活かしたいと思います」(武藤師)
このあとはトレセンで状態を確認し、在厩で進めていく予定です。今のところ福島の芝1200m戦への出走を視野に入れ調整していきます。平坦コースで持ち味のスピードを活かし、3勝目を狙っていきます。

--
得意の雨の馬場でしたが、テンが速くなった今では逆に仇となったようです。
それでも先行馬の多い中、逃げることが出来たのは収穫ですね。短距離でこそ味が出ることが分かりました。
使い詰めなので短期放牧かと思ったんですが、福島開催を目指して在厩調整なんですね。この選択が吉と出れば良いのですが、疲れが心配ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

史上初のG1同着

優駿牝馬オークス。史上初のG1同着となりました。
本命のサンテミリオンと3番手に上げたアパパネの2頭がオークス馬に。
さすがにこれだけの力があれば、大外枠は関係なかったですね。
最後の直線はサンテミリオンが先に抜け出して、勝った!と思いましたが、アパパネは距離不安もなんのその。一気に直線迫って同時にゴール版を駆け抜けました。
雨の中の名勝負。歴史的場面に立ち会えて光栄でした( ̄▽ ̄)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6週連続G1その4 オークス

優駿牝馬オークスです。
実は意外と相性の良いレースなんですが、人気馬が結構来るから毎年馬券が取れているのかな?と。
今年は絶対的な主役はいない代わりに、良い馬は結構いるんですよね。

◎サンテミリオン ○オウケンサクラ ▲アパパネ

人気サイドで良いでしょう。
サンテミリオンはゼンノロブロイ産駒ということで、東京2400mはマッチすると思います。鞍上は横山典弘ということで、安心して見ることが出来ます。大外枠が嫌われていますが、大丈夫なんじゃないでしょうか?
アパパネとオウケンサクラで後者を上にしたのは、枠ですね。好位で進められるのは今の東京の馬場では有利でしょう。アパパネは距離不安があるみたいですが、あの強さなら克服できるんじゃないかと。東京得意の蛯名騎手ですし、うまく乗ってくれるんじゃないでしょうか。

ま、馬券はサンテミリオン単複でしょうけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月19日 (水)

愛馬近況 5/19

今週もまた愛馬の出走予定があります。やっぱ出走があると楽しいですね。もっと頭数増やそうかな…

フィックルベリー 牝5
(宇治田原)
19日に宇治田原優駿ステーブルへ放牧に出ました。1週間ほどレース後の状態を確認したあと、NF空港へ移動して体を回復させ、函館競馬場へ入厩する予定です。
「前半はやや置かれ気味でしたが、直線の伸びは見どころがありましたし、よく頑張ってくれています。このところもうひとついい走りができていなかったので不安もありましたが、次につながる内容のあるレースができました。水曜日に宇治田原優駿Sに放牧に出してレースの疲れを取ってから、来週中にNF空港へ移動して北海道開催に備えます」(大久保龍師)

--
北海道へ旅立っていきます。得意の北海道開催なら、勝ち負けが期待できるので楽しみですね。

ルージュアルダン 牡5
(和田牧場)
18日に和田牧場へリフレッシュ放牧に出ました。
「レース後の状態を見ていると、心配していたほどゴツゴツした歩様にはなっていませんが、左の首筋に張りが出ていて、しっかり走った分の疲れを感じさせます。心配するほどではありませんし、ショックウェーブをあてていけば楽になるでしょう。次のレースまで少し間をあけることにしましたので、精神的ストレスも軽減できるようにいったん放牧に出して、牧場でケアを行っていきます。当初は福島開催を考えていましたが、ダートの短距離がそれほど充実していないので、コンディションと出馬状況を見ながら函館開催も視野に入れていくつもりです」(和田道師)

--
短期放牧へ出ました。少し疲れが出たみたいです。
福島か函館を目指すみたいですから、とりあえずはリフレッシュしてもらいましょう。
次は勝てるんじゃないかな?

スパラート 牡4
(武藤厩舎)
19日は美浦南Pコースで追い切りました(75秒1-58秒3-42秒6-14秒1)。
「使ってきているし、今回は中1週ですので、ビッシリ追うのではなくサラッと息を整えるように15-15程度の調教を行っています。動きは相変わらずキビキビとしており、状態は良さそうです。前走でわずかながらも体重が増えていたように、体がガレないで出走できるのは好材料です。体調がいいのでしょうが、気性面の成長もあるのでしょうね。前回は逃げて3着になりましたが、今回は先手を主張しそうな馬が複数いるようです。まわりの馬の出方次第ですが、場合によっては後方からでもいいでしょうし、ブリンカーの効果もあるので、極端に揉まれないのであれば番手からでもこなしてくれるのではないかと思っています。前走で蛯名ジョッキーも感触を掴んでくれているでしょうし、今回の乗り方に関してはジョッキーに任せようかと考えています」(武藤師)
23日の東京競馬(由比ヶ浜特別・芝1400m)に蛯名騎手で出走を予定しています。

--
今週出走予定ですね。
引き続き蛯名騎手ですので、癖はつかんだと思いますので期待ですね。
コメントのように追い込みするのか、前走のように逃げるかは鞍上次第ですが、良い結果になることを期待しましょう。

クラサヴィカ 牝3
(グリーンW)
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行い、週1回は15-15を行っています。
「先週から特に問題なく順調に来ていますので、15-15を取り入れつつ周回コースで速めの時計を出したりと体を緩めないように乗り込んでいます。乗っているスタッフも、前回こちらにいた時よりも良くなっていると手ごたえをつかんでいます。近々の入厩を視野に入れて調整を進めていきます」(GW担当者)

--
そろそろ帰ってきそうかな?
良くなってきているみたいですので、勝ち上がれるよう頑張ってほしいです。

ファーベルハフト 牡3
(山元TC)
周回と坂路でハロン16秒のキャンター調整を行い、週1~2回は15-15を行っています。
「日を選んで15-15からもう少し速いくらいのところを乗っていますし、少しずつですが調教を進められています。動きにもっとシャープさが出てくればいいのですが、この馬としてはまずまずの動きを見せていますし、この調子で乗り込み量を重ねて、遠くないうちにトレセンへ送り出せるように態勢を整えていきます」(山元担当者)

--
速いところをやっていますが、シャープさが足りないと言われてしまいました。
この仔は勝ち上がれるのかな…?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月16日 (日)

愛馬2頭は健闘

今日は愛馬が2頭出走しました。

フィックルベリー 牝5
(大久保龍厩舎)
16日の東京競馬ではスタート後、鞍上が促しながら中団やや後方を追走。勝負どころで上手く外に出し、直線はまずまずの脚を使い5着。
「ある程度いい位置につけることができれば良かったのですが、まわりが速くてスタート後に少し置かれてしまいました。時計も速かったですし、少し戸惑いもあったと思います。それでも外に出してからいい脚を使っているし、力は見せてくれたと思います」(四位騎手)
「時計が速すぎましたが、久々にこの馬らしい走りを見せてくれましたね。復調の兆しを感じられたし、次につなげていきたいです。このあとは北海道に連れていくことを第一に考えていますが、レース後の体の減り具合などをよく見てから最終的に判断します」(大久保龍師)
スタートしてからはマイルの速い流れに戸惑う面も見られましたが、上手く外に持ち出して追われるといい走りを見せてくれました。経験を積んでいけば、今日のような速い流れにも対応できるようになるでしょう。今回で優先出走権を獲得しましたが、心身ともにフレッシュな状態の時に走る傾向がありますので、レース後の状態をよく確認してから少し間を開けて北海道開催に直行するか、間にもう一戦挟むか決めていきます。

--
今日は苦手な左回りと輸送競馬でしたが、最後の直線は勝てるかと思ってしまいました。5着ですがまだまだやれることが分かりましたね。
このあとはおそらく北海道でしょうから、1ヶ月ちょい休んでリフレッシュして帰ってきてほしいですね。

ルージュアルダン 牡5
(和田道厩舎)
16日の新潟競馬では逃げ馬の後ろをぴったり追走。3角でいったん手ごたえが怪しくなるも、直線では内から盛り返して3着。
「一度使われて返し馬から雰囲気が変わっていました。自分からハミを取って気合い乗りがよかったですね。ハナに行ければよかったのですが、勝ち馬のスタートが速くて2番手からになりました。一頭で走っているときはよかったのですが、3コーナーで外から被されたときに気を使って行きっぷりが悪くなってしまいました。それでも直線は内からもうひと伸びして頑張っています。一度勝っているようにこのクラスでは力が上ですから、次はなんとかしたいですね」(丸山騎手)
「外の馬が速くて苦しい展開になりました。普通ならそのまま失速してもおかしくないところをよく踏ん張って盛り返していました。前走後に硬さが出ましたし、詰めて使うのではなく少し間を開けながら次へ向かいたいと思います。レース後のコズミ具合を見てから、在厩で調整するか短期放牧に出すかを決めます。福島を目指すつもりです」(和田道師)
長期休養明けを一度使い着実に良化を見せてくれました。いったんは下がりながらも、再度内から伸びたのは収穫がありました。レース後の状態を確認しそのまま在厩で調整するか、短期放牧を挟むか決定しますが、福島開催が今から楽しみです。

--
直線に入った時にはダメかと思いましたが、また一伸びして3着。力のあるところは見せれましたね。
次は福島のようですから、次は勝ってもらいたいですね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月15日 (土)

6週連続G1その3 ヴィクトリアマイル

明日のヴィクトリアマイルは2強というか、ブエナビスタの断然1番人気ですね。今回は馬券の買い方を考えるというスタンスで、本命をあえて絞らないようにいきます。

単勝妙味はラドラーダとアイアムカミノマゴですね。
ラドラーダは良い枠を引きましたし、東京マイルは得意とするところ。今開催の東京は高速時計連発ですから、持ち時計の優秀のラドラーダは妙味でしょう。
アイアムカミノマゴは阪神牝馬Sの勝ち方が強かったです。エイジアンウインズに被るのと、秋山騎手もそろそろG1勝っても良い頃です。

ブエナビスタレッドデザイアのドバイ帰り組みは能力なら断然ですが、遠征帰りがどうか?というところ。でも、能力で押し切ってしまうんでしょうね。この2頭は3連複などのヒモで買うのが良いのでしょうか。

とりあえず、2強は馬券的に抑えつつ、単勝妙味の2頭を中心にワイド、馬単、3連複で買っていこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月13日 (木)

愛馬近況 5/13

今週も愛馬の出走予定があって、楽しみが続きます。
良い結果を期待して応援します!

フィックルベリー 牝5
(大久保龍厩舎)
12日は栗東坂路で追い切りました(55秒1-40秒5-26秒5-13秒2)。13日は軽めの調整を行いました。
「先週かなり速い時計を出していますし、今週は強め程度でしたが、重い馬場を苦にしないいい動きを見せていました。来週にもマイルの番組はありますが、これ以上追い切りの本数を重ねるよりもフレッシュな状態のままレースに向かったほうがいいと判断しました。遠征になりますが、想定の頭数も手ごろですし、体はふっくら見せているので仕上がりとしてはむしろ輸送をしてちょうどよくなると思います」(大久保龍師)
16日の東京競馬(4歳上500万下・芝1600m)に四位騎手で出走いたします。

--
いやいや、だから左回りはアカンのですって。
といっても、東京競馬場で出走なら応援しに行けるから嬉しいんですけども。
四位騎手確保で色気は出ますので、期待して応援しに行きます。

ルージュアルダン 牡5
(和田道厩舎)
12日は美浦南Pコースで追い切りました(68秒8-52秒3-38秒4-12秒7)。
「これまでは坂路を主体にして追い切っていましたが、今回は手前などをしっかりと替えて本番でスムーズな走りができるようにポリトラックコースで追い切りました。相変わらず動きはいいですし、問題なくレースに送り出せそうです。前走は休み明けでも、入念に乗り込んできたのでいい状態で送り出すことができましたが、今もそのときのいい状態をキープできていますね。あとは出走できるかどうか。想定を見ると除外対象ですが、未定の馬が多いのでギリギリ抽選で入るかどうかの状況です。前走は展開が苦しくなったのでいい結果が出せませんでしたが、スムーズならいい勝負になったはずです。今回も楽しみなので何とか出走させたいですね」(和田道師)
16日の新潟競馬(4歳上500万下・ダ1200m)に丸山騎手で出走を予定しています。

--
で、見事出走確定しました。
陣営は自信もあるみたいですので、勝ちを意識して応援したいですね。

スパラート 牡4
(武藤厩舎)
12日は軽めの調整を行いました。
「ここ最近はいい競馬ができていなかったので、ようやく力を発揮してくれてホッとしました。展開に恵まれた部分もあるのでしょうが、今回のような競馬ができれば1000万下クラスでも十分に戦っていけることはわかりました。クラス再編成前にもうひとつ勝たせることができれば、降級後に再度1000万下クラスで走ることができるので、何とか勝たせたいですね。レース後からまだ数日しか経っていないので、もうしばらくは様子を見るつもりですが、現在のところ大きな疲れは見られません。状態面に問題がないようならば中1週でハンデ戦に向かうつもりで考えています」(武藤師)
23日の東京競馬(由比ヶ浜特別・芝1400m)に蛯名騎手で出走を予定しています。

--
ちょっと間隔短くなってきましたが、来週出走を考えているようですね。
引き続き蛯名騎手を確保したところから、陣営のやる気が伺えます。
降級前に勝てると最高なんですけどね~

クラサヴィカ 牝3
(グリーンW)
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「レース後の状態をしっかり見てきましたが、馬体に問題がないので周回コースで併せて乗り込んでいます。体調面はこれからもっと良くなってくると思いますので、無理せずいい発汗を促していきます。精神的には落ち着きがありますし、様子を見てゲート練習も取り入れていくつもりです」(GW担当者)

--
レースに多く出て競馬に慣れさせるのが良いと思うのですが、慎重ですね。
早めに帰厩してほしいんですけど、G1週が終わらないと厩舎が空かないのかな…

ファーベルハフト 牡3
(山元TC)
周回と坂路でハロン16秒のキャンター調整を行い、週1回は15-15を行っています。「普段は16-16で坂路を2本登っていますが、さらに日によって15-15の調教を取り入れるようにしていて、しっかりと調教の負荷をかけるようにしています。数週間後にトレセンへ送り出したいと思っていますので、それまでは少しでも体力を養い、いい動きができるようにしていきたいと思います」(山元担当者)

--
そろそろ帰ってくるようですが、少しは走れるようになりましたかね~
芝短距離とかどうなのかな?
走ってみないと分かりませんが、コジーンの遺児だけに頑張ってもらいたいのですが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 9日 (日)

ダノンシャンティを加えた3強に?のダービー

今日のNHKマイルCは1番人気のダノンシャンティが大外一気に差し込んで優勝。
脅威のレコードを叩き出しての圧勝でした。
馬券は単勝だけしか当たりませんでしたが、本命が的中ということで良しとします。

100509

しかし、ヴィクトワールピサ、ペルーサに続く主役候補の名乗りに、今年のダービーは豪華な顔ぶれになりそうですね。昨日のプリンシパルSを勝ったルーラーシップもエアグルーヴの仔ともなれば人気になりそうですし。

あと3週間ですが、日本ダービーが今から楽しみですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 8日 (土)

6週連続G1その2 HNKマイルC

明日もG1ですね。
毎年荒れるHNKマイルCですが、今年は強い馬が2頭いて一見硬そうに見えますが、過去のデータに従って荒れると見て予想します。

◎ダノンシャンティ △サウンドバリアー、エイシンアポロン、ガルボ、レト

人気のサンライズプリンスを外しました。横山典弘ですし、NZTの圧倒的な強さから切る理由は無いんですが、NZT優勝馬は来ないジンクスを信じます。そうなるともう1頭の人気馬、ダノンシャンティを本命にして穴っぽい馬へ流すのが妥当かと。

サウンドバリアーは唯一の牝馬。このレースは牝馬の成績が良いので無条件で指名。エイシンアポロンは朝日杯、弥生賞の2着を評価。ガルボはマイル適正、レトは追い切りの良さで。

とりあえず、硬いことも考えてダノン、サンライズ、リルダヴァルの3連単はアリかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スパラート3着!

今日は東京競馬場でスパラートが高尾特別に出走しました。

スパラート 牡4
(武藤厩舎)
8日の東京競馬ではまずまずのスタートを切り、先頭に立つ。3角あたりから差を広げて粘り込みを図るも直線で交わされて3着。
「行ければ行ってほしいとの指示でしたし、他が誰も行かなかったので先頭に立ちました。初めての騎乗だったので違う形になったときの走りはわかりませんが、最後まで集中できていたので逃げる戦法はいいのでしょうね。随所に難しいところがあるのを感じましたし、逃げるか後ろからの極端な競馬のほうがいいのかもしれません。交わされてからも気持ちを切らさずに粘っていたので、ブリンカー効果もあったと思います。慣れすぎてしまうと効果が薄れてしまうから、上がってきてすぐに外してもらいました。それから今日のようなきれいな馬場で走れたのも、頑張ってくれた要因かもしれません。いい走りをする馬なので、このクラスでもチャンスはあると思います」(蛯名騎手)
「作戦どおりでしたね。直線で突き放しかけたときは勝利を意識しましたが、3コーナーすぎから少しハミを噛んだ分、2頭を抑えることができませんでした。それでもこれまでのモヤモヤを払拭するような内容でしたし、改めて力を再確認できました。中1週で体重は増えていたので、おそらく体調はいいのでしょう。レース後の状態をチェックしてからになりますが、問題がないようならば続戦するつもりです」(武藤師)
メンバーとスパラートの繊細な面、そしてブリンカー着用を考えて、今回は逃げる戦法を試みました。展開が比較的に楽だったとはいえ、上位争いして改めて能力を確認することができました。6月のクラス再編成前に3勝目を目指していますので、レース後に疲れを見せないようであれば引き続き在厩で調整して次走へ向かう予定です。

--
ブリンカー効果なのか、蛯名効果なのか分かりませんが、気分良く逃げて3着でした。
最後直線で差されてしまいましたが、逃げが合うんでしょうかね?新馬戦も逃げ切りでしたし。
疲れが心配ですが、東京開催でもう1度使ってほしいですね。

Sa3a0123_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 6日 (木)

愛馬近況 5/6

今週はスパラートが出走です。
G1も続きますから馬券も頑張って、儲かったらまた出資したいですよー

フィックルベリー 牝5
(大久保龍厩舎)
5日は軽めの調整を行いました。
「帰厩後も順調に乗り込んでいます。北海道で滞在競馬をする前に一度使いたいと思って調整していますが、このところの調教を見ていると以前に比べて走りに遊びが少なく、スイッチが入りやすい印象を受けますので、少し距離を短縮してみることも考えています。北海道では1500mで結果を出していますし、今の感じだと速い流れで我慢させて終いを活かす競馬が合っているように思います。もしもそれで結果が出ないようなら、そのあとはダートを試すことも検討します」(大久保龍師)

--
短距離に出走ということでしょうか?1400くらいを試すんでしょうかね。
ここでダメならダートみたいですが、意外とダートの鬼だったら面白いのですけど…
とりあえずは短距離でどうか注目ですね。

ルージュアルダン 牡5
(和田道厩舎)
5日は美浦坂路で追い切りました(58秒1-計時不能-27秒2-13秒6)。
「前走を使った分の疲れから少し硬いところはありますが、進めていくには問題ない程度です。次に向けて今週から時計を出し始めたのですが、負担をかけない程度に14-14くらいを基調にして終いを伸ばす調教を行っています。動きはまずまずだし、この調子で乗り込みながら良化を促して、いい形で送り出せるようにしていきます」(和田道師)
16日の新潟競馬(4歳上500万下・ダ1200m)に丸山騎手で出走を予定しています。

--
来週は新潟で出走です。
叩かれた効果で今度は好走を期待ですね。

スパラート 牡4
(武藤厩舎)
5日は美浦南Pコースで追い切りました(71秒8-55秒6-41秒3-13秒2)。
「気持ちの変化をつけたいと考え、ブリンカーを試してみることにしました。追い切りから効果はまずまずあるようですし、気持が走るほうへ向いていましたね。繊細なところがあるので本番に行ってみないとわからない部分はありますが、調教での感触は悪くないので競馬でも装着するつもりです。馬の状態も悪くないので、今週の1400mに出走するつもりです。スタートにやや波のある馬ですが、他の陣営でどうしても前へ行きたい先行馬は見当たりませんので、スムーズにゲートをこなせれば今回は思い切って逃げてもらうことも考えています。今年に入っていい騎乗を見せている蛯名ジョッキーが乗ってくれますし、この馬のいい部分を上手く引き出してほしいですね」(武藤師)
8日の東京競馬(高尾特別・芝1400m)に蛯名騎手で出走を予定しています。

--
ブリンカー効果と蛯名騎手で期待できるんじゃないでしょうか?
強い相手もあまりいないようですし、ここは期待しても良いのではないでしょうか。
東京競馬場なので、当日は現地応援行ってきますー

クラサヴィカ 牝3
(グリーンW)
軽めの調整を行っています。
「こちらに移動してきて間もないのでまだ軽めの運動程度ですが、レースの疲れはなさそうです。今週後半から軽く乗り出す予定なので、乗った段階で再度馬体の確認を行っていきます。このあとは精神面のケアをしっかりしつつ、ゲート練習を交えて緩めないように乗り込んでいく予定です」(GW担当者)

--
疲れはないそうなので、これからビシビシ鍛えてもらって早く勝ち上がってほしいものです。
ゲートも問題なくなってきているみたいですから、今度は走りの改善ですね。

ファーベルハフト 牡3
(山元TC)
周回と坂路でハロン16秒のキャンター調整を行い、週1回は15-15を行っています。
「先週までは16-16程度のキャンターをじっくりと乗るようにしていましたが、今週から15-15の調教を開始しています。動きはまだ良化の余地がある状態ですが、一歩前進できたことは間違いなくいいことです。あと1ヶ月前後でトレセンへ送り出せるように目標を掲げながら乗り込んでいくつもりです」(山元担当者)

--
だんだん良くなってきているみたいですが、競馬に行ってからどうか。
希望を捨てないで見守ります…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 1日 (土)

6週連続G1その1 天皇賞・春

明日の天皇賞・春から6週連続でG1が開催されますね。
荒れる天皇賞ですから、今年は少し穴狙いで挑戦したいと思いますよ。
予想はこんな感じ

◎テイエムアンコール ○ジャミール ▲エアシェイディ 注マイネルキッツ △トウカイトリック

フォゲッタブルが1番人気でしょうが、今回は消し。チーム・ディープインパクトで応援していましたが、武豊の戦線離脱で100%の力は出せないと見ました。力は最上位でしょうから来たら仕方が無いということで。

本命はテイエムアンコール。前走の大阪杯では単勝獲らせてもらったのもありますが、ここ2走は強かったですね。充実一途。オペラハウスの血も後押しして、長距離こそ得意の距離と見ました。鞍上の浜中騎手も手の内に入れているのも安心です。

ジャミールは抜群の安定力に加え、アンカツのお手馬となればここも圏内。相手なりに走れるのは力のある証拠でしょう。斤量が増えるのが気になりますが、鞍上の手腕に期待。

エアシェイディ。さすがに9歳馬って大丈夫?とも思いますが、長距離は歳を重ねた馬のほうがアドバンテージ高いでしょう。今まで戦ってきた強豪相手がいない今回なら力は上でしょう。あとは距離と年齢だけ。

マイネルキッツは前年の覇者で、日経賞は59kgで快勝するくらいなんで衰えはなさそう。ただあまり信用は…。トウカイトリックは長距離なら実績上位ですが、G1になると勝てないのはG1馬の資格が無いのか…。来ても2、3着のような気がしますが、5着が定位置かも。G2、G3の馬なのかな?

明日は荒れそうな気がしますね~

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »