« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月21日 (月)

ヴァイオラ 未出走引退

ショックな出来事がキャロットクラブからもたらされました。ヴァイオラが引退してしまいました。まだデビューもしていなかったのに…

--
舎飼で様子を見ながら治療を行うとともに、痛めている右前蹄のレントゲン検査を実施したところ、蹄葉炎の急激な進行が判明いたしました。なんとか競走馬としてデビューさせたいと懸命に治療を行って参りましたが、今のままでは生命を脅かす事態にまで至ってしまう可能性がございます。獣医師と協議を行いましたが、本馬は日米オークスを制覇した偉大な母の血脈を伝える役目も持っており、生命を落とさないためにも蹄骨への負荷を軽減させるべく深屈腱切断術を実施することといたしました。切断を行うことで競走馬としてデビューすることは断念することになり、近日中に競走馬登録を抹消いたしますが、会員の皆様には何卒ご理解賜りますようお願いいたします。なお、本馬に出資されています会員の方へは追って書面をもちましてご案内いたします。
--

蹄葉炎ですよ。下手したら死んでしまう病です。
シーザリオの娘ということでかなりの期待をしていたんですが、仕方の無いことなんでしょうかね。兄も虚弱でしたから、シーザリオの繁殖能力は微妙になってきました。キングカメハメハとの相性も悪いんですかね。。。
ヴァイオラは繁殖上がれるんでしょうか?子供が出来たらリベンジで出資しますけど。。。
これで今年の3歳はミラクルカクテルの頑張りに掛かってしまいましたが、こちらもなんかヤバイんですよね。2歳馬の早期デビューに賭けますか…

| | トラックバック (0)

2011年2月20日 (日)

スパラート またもや3着

昨日土曜日にスパラートが東京競馬場で出走しました。結果はまたもや3着。惜しいハナクビ差です。後もう少しで勝てそうなんですけどね~。厩舎も良くしてくれるので本当に有難いです。
以下は公式から。

--
19日の東京競馬ではスムーズなスタートから好位を追走。終始楽な手ごたえで直線に向くと馬なりで先頭に立つ。そのまま引き離しにかかるが、最後は目標にされたこともあり内外の両方から来られてしまい3着に惜敗。
「やっぱり芝スタートだと躓かないですね。あまり脚を上げないで前に出ようとするからなのか、ダートだと脚元が引っ掛かるような感じで躓いてしまうのかもしれませんね。今日は楽に前へとつけられたし、すんなりと流れに乗ることができました。スピードがあるからまったく無理しないで早く先頭に立つ形になってしまったので最後は踏ん張れませんでしたが、いい競馬はできたと思います。東京のような広いコースのマイルは若干長いかもしれませんか、展開ひとつで何とかなるのではないでしょうか。直前でバタバタしたなか乗せていただいて嬉しかったのですが、いい結果を残せなくて申し訳ありません」(蛯名騎手)
「今日はスタートからスムーズでしたし、理想的だったんですけどね。早めに先頭に立つ形になってしまったので目標にされて最後は交わされてしまいました。それにしても東京の直線は長いですね。ただ、負けはしましたが東京の広いコースでこういう競馬ができたのは大きな収穫でしょう。疲れも出てくるかもしれませんが、体調はとてもいいのでできればこのまま次へ行きたいと思っています。ただ、大したことはないけど右トモに軽い外傷を負っているので、よく見ておきます。そのまま行くとすればコース形態から阪神の1400mか、もしくは中山でしょう」(武藤師)
芝スタートで躓くことはなく、楽に流れへと乗ることができました。前の馬がいったん下がってしまったこととスパラートの手ごたえが良すぎたことで結果的に目標となってしまいましたが、今回の舞台設定であの競馬ができたのは自信につながるでしょう。中山は極端な距離しかありませんし、スタート地点などを考慮して阪神の1400mも選択肢に入れて、レース後のコンディションを見ながら次走を決めていきます。
--

使い詰めですが、次は阪神の1400mを目標にするみたいですね。距離は良いですから、あとは鞍上です。蛯名騎手が遠征して乗るのか、それがダメなら2勝目の時の鞍上だった武豊騎手ですかね?武豊騎手は最近乗れていないので不安ですが、スパラートなら誰が鞍上でもやってくれると信じてますよ。(≧∇≦)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »