« 朝日杯FSを予想してみる | トップページ | 有馬記念を予想してみる »

2011年12月24日 (土)

一口馬主ライフを振り返る

今年の一口馬主ライフは最悪の1年でした。出資した馬のうち2頭が安楽死。結局今年も全頭3歳未勝利引退でしたし、古馬も相次ぐ引退でスパラートのみとなってしまいました。今年の2歳と1歳には頑張ってほしいですね。

そんな現状を打破しようと、新しく別の一口馬主クラブに入会しました!それは東京サラブレッドクラブです。ユーワがリニューアルするということで資料を取り寄せて早4年。ついに入会を決意しました。で、出資したのは何故か2歳馬です。1歳はまだいっぱい残口残っていますし、2歳馬の層を厚くしたかったために、最後に残っていたこの馬に出資しました。

チケットトゥダンス09(レッドローラン) 牡
父:デュランダル 母父:サドラーズウェルズ
美浦・戸田博文厩舎

シビルウォーの半弟ということで、古馬になって活躍しそうです。実はそんなに馬体が良くは見えないので、デビューはまだ先になりそうなんですよね。デュランダル産駒って父と違って末脚切れる馬が少ないのと、距離も短いのが良いのか、長いのが良いのか分かんないですし。この馬には1勝をとりあえず上げてもらって、兄のように古馬になってから化けてほしいですね。

あとはキャロットクラブの2歳と1歳の馬達の今後など。

ローズノーブル 牝2
2着2回して放牧に出ています。体重軽いので、今は増やすために軽めに調整されています。2月まではこのまま休養でしょうかね?東京で2着2回ですから、第1回の東京開催に復帰してほしいですけど、体重との相談ですかね。

フィックルスター 牡2
入厩→ゲート試験合格→放牧となりました。咽に炎症があるとか。マイコプラズマ肺炎じないだろうな~。人間じゃないか。かなり期待している馬なんですが、体質弱いっぽいので姉よりデビュー遅くなってしまっています。年明けからどれだけ巻き返せるか。勝ち上がればかなり活躍すると信じているんですけどね。2歳馬の1位指名ですから。

ネクタル 牡2
先週入厩しました。が、まだ重いらしく、ゲート試験もこれからなので先は長そうです。ダートで期待している馬ですので、6月くらいにバリバリ走ってくれれば良いです。

フィックルフレンズの10 牡1
フィックルフレンズ、フィックルスターの弟です。父がスペシャルウィークになりましたので、三振かホームランのどちらかと思っています。ですので、有馬記念でブエナビスタが勝ってくれれば気持ち的に盛り上がるんですけどね。近況コメントからすると、フィックルスターより体質は強そうですよ。

シーズライクリオの10 牝1
ディープインパクト産駒なんで期待しています。姉のサダムグランジュテが最近2連勝しましたので、妹のこの仔も期待したいですね。

来年は一口馬主ライフの運気が上昇しますように!

|

« 朝日杯FSを予想してみる | トップページ | 有馬記念を予想してみる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109384/53560523

この記事へのトラックバック一覧です: 一口馬主ライフを振り返る:

« 朝日杯FSを予想してみる | トップページ | 有馬記念を予想してみる »