« '12秋華賞を予想してみる | トップページ | '12菊花賞を振り返る »

2012年10月14日 (日)

リオグランデ デビュー戦は4着

出資馬リオグランデが京都4Rでデビューしました。

パドック周回では、モニター越しに雰囲気良く見えましたね。馬体、歩様とも走る馬の感じが出ていました。スタートは若干出遅れ気味になると、それが裏目に出たのか口を割りながら上がって行きました。鞍上の川田騎手は必死に手綱を引いてなだめているように見えました。4角では上がっていこうとするところを、内の馬に弾かれて外へ。直線は頑張って追うも前との差が縮まらず4着で入選。レースぶりからすると、もう少し調教が必要に感じましたね。

レース後の陣営のコメントは、やはり気性的にカッとしてしまって上手くレースできなかったようです。川田騎手は先々走りそうと言ってくれていますし、来年になれば期待できそうです。この後は短期放牧に出るそうですので、2戦目は年明けでしょうかね?

2歳G1期待してましたが、ここは成長をとるということで、来春に期待しましょう。

|

« '12秋華賞を予想してみる | トップページ | '12菊花賞を振り返る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109384/55890959

この記事へのトラックバック一覧です: リオグランデ デビュー戦は4着:

« '12秋華賞を予想してみる | トップページ | '12菊花賞を振り返る »