2010年5月 8日 (土)

スパラート3着!

今日は東京競馬場でスパラートが高尾特別に出走しました。

スパラート 牡4
(武藤厩舎)
8日の東京競馬ではまずまずのスタートを切り、先頭に立つ。3角あたりから差を広げて粘り込みを図るも直線で交わされて3着。
「行ければ行ってほしいとの指示でしたし、他が誰も行かなかったので先頭に立ちました。初めての騎乗だったので違う形になったときの走りはわかりませんが、最後まで集中できていたので逃げる戦法はいいのでしょうね。随所に難しいところがあるのを感じましたし、逃げるか後ろからの極端な競馬のほうがいいのかもしれません。交わされてからも気持ちを切らさずに粘っていたので、ブリンカー効果もあったと思います。慣れすぎてしまうと効果が薄れてしまうから、上がってきてすぐに外してもらいました。それから今日のようなきれいな馬場で走れたのも、頑張ってくれた要因かもしれません。いい走りをする馬なので、このクラスでもチャンスはあると思います」(蛯名騎手)
「作戦どおりでしたね。直線で突き放しかけたときは勝利を意識しましたが、3コーナーすぎから少しハミを噛んだ分、2頭を抑えることができませんでした。それでもこれまでのモヤモヤを払拭するような内容でしたし、改めて力を再確認できました。中1週で体重は増えていたので、おそらく体調はいいのでしょう。レース後の状態をチェックしてからになりますが、問題がないようならば続戦するつもりです」(武藤師)
メンバーとスパラートの繊細な面、そしてブリンカー着用を考えて、今回は逃げる戦法を試みました。展開が比較的に楽だったとはいえ、上位争いして改めて能力を確認することができました。6月のクラス再編成前に3勝目を目指していますので、レース後に疲れを見せないようであれば引き続き在厩で調整して次走へ向かう予定です。

--
ブリンカー効果なのか、蛯名効果なのか分かりませんが、気分良く逃げて3着でした。
最後直線で差されてしまいましたが、逃げが合うんでしょうかね?新馬戦も逃げ切りでしたし。
疲れが心配ですが、東京開催でもう1度使ってほしいですね。

Sa3a0123_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月22日 (日)

スパラート ファルコンSの結果は

昨日のショックから立ち直れません。
スパラートがファルコンSに出走しました。

スパラート 牡3
(武藤厩舎)
21日の中京競馬では先団の内々を追走し、直線は間を割って一旦先頭に立つも最後は踏ん張り切れず11着。

「スタートはまずまずでしたし、好位からレースを運びました。道中の感触もよく、4コーナーを回って直線へ向いたときは一瞬夢を見ましたね。前回は直線で追い出した時にもっとグッと来るものがあったのですが、今日は前走ほどではありませんでした。あのときとは流れも違いますし、この馬自身まだ非力さが残る状態ですからね。今日は先行勢には厳しい展開だったし、最後は踏ん張り切れなかったのだと思います。いいモノを持っている馬ですから、成長してくれれば、またいい走りをしてくれるはずです」(武豊騎手)

「輸送で減ってしまう馬だから、それを踏まえて体に余裕を持たせつつ、ここでも通用するように鍛える調教をしてきました。増減なしでの出走でしたし、体重を減らさずにいい状態で臨めました。前へ行きたい馬が揃っていた中で、内枠を引いてしまいましたから、あの乗り方しかないと思います。ジョッキーも上手く乗ってくれたし、馬も頑張ってくれました。結果を見てもわかるように、中団で脚を溜めていた馬たちが上位を占めていましたから、今日のところは仕方ないと思います。この春はここを目標に仕上げてきました。この後は適鞍が少ないということもありますし、何よりまだこれからひと回りもふた回りも成長させたい馬なので、この後はしっかり休ませたいと考えています。次に帰ってくるときは見違えるほどの体で帰ってきてくれればと思います。今から楽しみにしています」(武藤師)

今回は残念な結果に終わりましたが、直線に向いたときは力が入りました。この後は近日中に空港牧場へ放牧に出す予定です。復帰後はさらに成長して立派な姿を見せてくれることを期待したいものです。

直線は勝った!と思いましたが、ズルズルと後退していってしまいました。
パドックの状態も良かったですし、レース運びも良かったです。
これでもダメなのは力不足なのか運が無いのか…
この後放牧に出るみたいですから更なる成長を祈りましょう。

あ~残念。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月17日 (月)

スパラート 京王杯明けて

スパラート陣営のコメントが出ました。

スパラート 牡2
(武藤厩舎)

15日の東京競馬ではスタートよく、外々を回りながら5~6番手を追走。直線馬場の真ん中から脚を伸ばそうとするも坂上からの伸びがひと息で10着に敗退。

「大外枠でしたが、内の馬が入れ直したりとして待たされる形になってしまいました。中で待たされているときに頭を下げたりしてたので、今後練習をしたほうがいいでしょう。それでも最後まで我慢していたし、前回のように躓くこともありませんでしたよ。道中も掛かってる訳ではないし、いい走りをしていたので、弾けてくれると思ったのですけどね。何の不利もなく思い通りのレースができたので、正直敗因はわからないですね。強いていうならば、外を回らされて距離のロスをしたし、前に馬をおいたことでやや気にする面があったので、ひょっとしたらそのあたりが影響したのかもしれませんね。まだキャリアも浅いし、いいモノを持っていることは確かなので、決して力負けではないはずです」(吉田豊騎手)

「具合が良かったし、中間の調整も上手く行きました。それでも上手く行かないのが競馬ですね。初戦と前走で前からでも後ろからでも確実にいい脚を使ってくれるとわかっていたので、好位から直線で突き放す競馬を理想としていました。大外枠だったので入ってすぐゲートを切れるのはいいかと思っていたのですが、結果的には待たされてしまったし、終始外に張られる形になりました。こうなるのならかえって外枠は嬉しくなかったですね。外々を回って距離をロスしましたし、ジョッキーが言っていたようにメンタル部分が影響したのかもしれません。期待が大きかっただけに敗因がハッキリしないのはもどかしいですが、まだキャリアも浅いですからね。ここで賞金を上乗せすることができれば朝日杯へ向かうつもりでしたが、それは叶いませんでした。来年にいい舞台で走られてあげることが目標なので、夏から何ヶ月も頑張ってきたご褒美の意味も含めて、ここでひと息入れてあげようと考えています」(武藤師)

騎手も敗因は分からないみたいですね。
色々な要因はあると思いますが、あれが能力の全てと思いたくないので、次走に期待したいですね。
放牧になるようですから、次は年明けになるでしょうか?
早めに2勝目を上げて、来年は大きなところに出られると良いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月16日 (日)

スパラート 京王杯は不発

土曜日は東京競馬場でスパラートが京王杯に出走しました。

パドックでは少しチャカついて集中を欠く周回でしたが、馬体重は+2キロと成長してました。人気は2番人気。
スタートは抜群に良く、好位へつけると道中は先団後ろを追走。4角から絶好の手応えで回ってくると、直線先頭に立つ勢いでしたが、ズルズルと後退していき10着でゴール。

かなり期待していただけに呆然と立ち尽くしましたね。
あの伸びの無さがどういった原因があるか分かりませんが、週明けのコメントに注目したいです。
これで朝日杯は無いでしょうから放牧ですかね。この後、どういった路線を行くのか分かりませんが、次はリベンジしてくれると信じてます!

P1030524

P1030535

| | コメント (0) | トラックバック (0)