2006年6月17日 (土)

ハッスル・エイド2006 ビッグ・サプライズ!?

第1回大会から見続けたハッスルですが、今日はハッスル・マニアに次ぐ大イベントとなる「ハッスル・エイド2006」です。

今回の見所は、タレント・カイヤのデビュー戦、チーム3Dのハードコア戦、HG&小島組TAJIRI&大谷組vsニューリン様&川田組といったところですか。

和泉元彌、HGに続いての芸能界からの参戦となるカイヤでしたが、インパクトは前者2人には及ばずとも試合は真剣そのもの。ヤラセを嫌ったか、マジに挑んでいって玉砕しましたが、この路線で行けば今後も人気を取って継続参戦できそうでした。

チーム3Dは日米ハードコアマッチに挑む。
チーム3Dは元ダッドリーズというチーム名でWWE、ECWで活躍した最強タッグチーム。昔で言えばロード・ウォーリアーズスタイナー・ブラザーズザ・ファンクスなどとも引けを取らないチーム。WWEを退団してからは日本での参戦も多くなったので、これから日本でメジャーになりそう。アメリカでも1番人気のタッグチームですからね。
試合はこの日1番の盛り上がりで、お客さんもWWEを観戦しているかのよう。
「ECW」コールも飛び出すなど、アメプロマニアには満足のいくカードだったのではないでしょうか?

HG&小島組はソドム&ゴモラ組と対戦。ソドム、ゴモラも中身は元WWEのスーパースターなので、その中で試合をするHGはもはやスーパースターですねぇ。
話に聞くと、アメリカではHGがよく知られていて、プロレス団体の首脳陣はかなり興味持っているとか。近い将来、アメプロにHGが出る日も近い?

TAJIRI&大谷組vsニューリン様&川田組は今大会のメイン戦。ニューリン様のファイトは完全に素人じゃないよね…。かなり戦いなれています。
TAJIRIもさすが元WWEスーパースター。リアクション最高。大谷とコンビ組むなんて、新日本vs大日本の抗争をからTAJIRIを知っている私には複雑な気持ち。プロレスに絶対はないよねぇ。
ニューリン様のマスクが剥がされたけれど、素顔を見ても誰だか私には分からないなぁ。ネットとかでは正体について早速情報が流れているかもね。

そして、今大会のビッグ・サプライズ。ニューリン様に勝ったTAJIRIが高田総統との対戦を迫ったところ、高田総統はハッスル軍から盗み出した「タマアゴ」にビターン!
結局、タマアゴの中から誰が出てくるかとこの1ヶ月間世間で論争が巻き起こっていましたが、高田総統のビターン!を受けて中から出てきたのは。。。

NOBUHIKO TAKADA !?

ベイダー風のマスクをして登場しましたが、見える顔は田村潔と引退試合をして以来、リングを去っていたあのお方にソックリ?(笑)

そして圧倒的強さでTAJIRIをミドルキックで失神KO。
その後の高田総統は彼を闘う化身、ザ・エスペランサーと紹介。
そして大会は終幕へとなるのでした。。。。

うん、なんていうか、タマアゴが明らかにア○トニオ○木を彷彿としたことに対して中から出てきたのが高○延○とわ(笑)。
すごいよ、ハッスル。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月10日 (土)

ハッスル・ハウスvol.15 無事放送

今週はPRIDE、ハッスルを興行するドリーム・ステージ・エンターテインメント(以下DSE)からフジテレビ撤退でニュースが飛び交っていましたが、本日行なわれたハッスル・ハウスvol.15がスカパーで無事に放送されました。
私の加入するCATVに初のハッスル放送ということで、スカパーが手を引かなくて感謝です。
今までCATVは格闘技系のPPVが無くてイヤだったのですが、ようやくハッスルが見れるようになって喜ばしいことです。
フジテレビが撤退しても、何とかこのままスカパーは放送を続けてもらいたいですね。

さて、この騒動で吉本興業がDSEからタレントを撤退させる発言が今週のニュースでありましたが、ハッスル・ハウスvol.15では最後にレイザーラモンHGが登場。オープニングでも相方のRGが出てきて、観客は一安心していました。
HGはこのまま参戦を約束する発言をしていましたが、吉本興業はどうするのでしょうか?来週のハッスル・エイドまでは参戦するとして、その後の進退に注目が集まります。

今回のフジテレビ撤退問題。ファンにとっては迷惑この上ない話ですね。ハッキリ言って最近のホリエモン、村上ファンド騒動とかってフジテレビがかかわっているけど、何か後ろめたいことでもあるのかね。
いっそのこと、他局で放送したほうが良いんじゃない?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月16日 (木)

ドラゴンドア、ついに消滅?

私の大好きなプロレスラー、ウルティモ・ドラゴンの主催するドラゴンドアが、提携先のライブドアのこともあり、ほぼ消滅することになりました。

やはり、先日の大会がラスト興行となってしまいましたね。

で、名称を変更することはほぼ決まりで、次に開催する大会は「ULTIMO DRAGON WORLD WIDE」だそうで。
これは大会名なので新団体として旗揚げするのか、はたまた母体である闘龍門のまま行くのかは未定だそうです。
闘龍門は団体というより、プロレス学校ですからね。
校長はウルティモ・ドラゴンで、理事長は三遊亭楽太郎師匠なんですけどね。

こんなところにもライブドアショックが波及しているなんて、1年前は思いもよらなかったな~

ま、次の大会で日本で封印していたウルティモ・ドラゴンが復活するらしいので、それは楽しみだなー

“ウルティモ”復活で、ライブドアショックも吹き飛ばす!(スポーツナビ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)