2008年8月25日 (月)

愛馬 出走明けて

レッドスプレンダー 牡5
(小島太厩舎)
23日の新潟競馬では五分のスタートから馬なりで進み、ジリジリと伸びてくるも惜しくも届かず3着。
「独特なコースだし、急がせず馬のリズムを大事にして乗りました。ジリジリとだけど伸びてくれてあと少しなところだったから悔しい。ただ、久々にこの馬のいい走りをさせてあげられたのはよかったと思います。調教中はまだ息が荒いところがあるけど、実戦では悪くなかったし、使って更に良くなってくれればと思います」(吉永騎手)

本当にビックリな激走っぷりでした。
これでもまだまだ万全ではなかったので、次は期待できるかもしれませんね。
芝1200mの番組が無いので、次も新潟直線競馬になるんでしょうかね?

ペルネティアナ 牝4
(吉田厩舎)
24日の新潟競馬では中団の内々を追走し、終いにかける競馬をするも伸びを欠き10着。
「内枠からのスタートだったし、ロスのない競馬をしました。しかし、砂を被ってしまったことで馬が嫌がってしまいました。結果論ですが、外に出すことができていれば少しは違った結果になったかもしれません。ただし、今日の走りだけで言えば、勝ち切るまでにはもうワンパンチ欲しいというのが本音です。3~4コーナーの手応えは悪くないので、ダートならば外枠からスムーズに運べて終いが生きる競馬になってくれればよりいい競馬ができるはずです」(内田博騎手)
今のところ今週末あたりにグリーンウッドへ放牧予定。

う~ん、気配的に悪くは無かったんですが、まだまだ力不足なんですかね。
これで放牧みたいですから、パワーアップして帰ってきてくれると良いですねぇ。

フィックルベリー 牝3
(札幌競馬場)
23日の札幌競馬では中団の位置で折り合いをつけて勝負どころから進出を開始し、直線最後まで伸びて3着。
「レース前に引っ掛かって行く所があるので、無理に抑えないでハナに行ってもいいと言われていたのですが、気負う所もなかったしスタートから折り合いが付けれました。そのぶん勝ち馬の後ろから直線でもいい脚を使ってくれたのですが、前はもっと手応えが良かったですね。小柄で馬場が渋るとなんとも言えないけど、今日みたいな馬場ならばこのクラスはすぐに勝てると思いますよ」(秋山騎手)

良い競馬でした。これで優先出走権が取れたので、使いたいところに使えますね。
もう1戦札幌開催で走れれば勝ち負けでしょう。
次は期待大ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月11日 (月)

ペルネティアナ 10戦目明けて

ペルネティアナ 牝4
(吉田厩舎)
9日の小倉競馬では後方で脚をためて直線はよく伸びて5着。

「パドックからキャンターを始めるまでは煩かったですが、その後は落ち着いていました。前半は無理せずに後ろでジッとしていましたが、勝負所の手応えがすごく良かったですし、直線でもしっかり反応して伸びてくれました。このクラスでも十分戦っていけますね」(幸騎手)

「いつも煩い馬なので、今回から口に馬具を付けて落ち着かせようとしていたのですが、それでも煩かったですね。もう少しイレ込みがマシになればもっといい競馬が出来るのですが、現状でもこのクラスなら十分やれそうです。権利も取れましたし、再度、牝馬限定戦を使おうと思います」(吉田師)

イレ込みまくっていたんですね。それであの最後の脚ですから、中央初勝利も夢ではなくなったんではないでしょうか?
次は優先出走権があるのでしっかりと調整して望めますね。
次は勝ち負けを期待です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 9日 (土)

ペルネティアナ 5着入選!

今日は小倉でペルネティアナが走りました。
結果は5着。

パドックでは2人引きでちょっと煩いような感じでしたが、+10kgと体も戻って気配は良い感じでした。
スタートは相変わらず速くもなく、遅くもなくで中団後ろを進む展開。
直線に入って一気に追い込んで5着を確保しました。
もうちょっと前のほうにつけられれば勝が見えてくる脚でした。
次走への希望が見えてきましたし、掲示板にのったので優先出走権は取れたはず?ですから勝ち上がりも現実のものになってきましたね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月21日 (月)

ペルネティアナ、ルージュアルダン レースから一夜明けて

昨日は試験で愛馬のレースが見れませんでした。
帰ってからレースを見たんですが、両馬とも勝てませんでしたが頑張ってくれました。

ペルネティアナ 牝4
(吉田厩舎)
20日の福島競馬では中団やや後方からジリジリと伸びてくるも6着。

「パドックなどでイレ込みが目立っていましたが、競馬に行くと多少は落ち着いていました。ただ、力みがあったのは確かで最後も惰性で流れ込んだ形。もっとリラックスして走れれば終いもよりいい脚が使えると思います。この条件もまったく気になりませんでしたよ」(北村友騎手)

「輸送を経たということもあるのでしょうが、体が極端に減っていましたからね。そのあたりが次の課題になるでしょう。レース後の状態を見た上でになりますが、問題なければこのまま続戦して、もう一度同じような条件のレースに向かうつもりです」(吉田師)

確かに馬体重が大幅に減っていましたが、後方から良く追い込んで6着まで来たと思います。この後、問題なければ続戦するみたいですので、なるべく輸送距離の短い京都あたりで出走できたら良いですね。

ルージュアルダン 牡3
(和田厩舎)
20日の福島競馬では先団の外につけ、4コーナーで前を捕らえに行くも直線で伸びを欠き4着。
「今日は休み明けでしたからね。体に少し緩さがあって手前の替え方もスムーズではなかったし、最後はひと息になりました。前日の降雨による荒れ馬場も気にしてなかったし、スピードもあります。初めて乗りましたけど素質を感じるし、いい馬ですね。一度使ったことで次はもっと良くなると思います」(北村友騎手)

4コーナーでは勝てると思ったんですが、直線向いてから止まってしまいましたね。
休み明けでもありますし、このまま続戦すれば次はもっと良い結果になりそうです。
秋に向けてもう1勝出来れば楽になりますから、次は勝ってほしいですね。

| | コメント (0)

2008年2月17日 (日)

ペルネティアナ 再転入は吉田厩舎に

キャロットクラブより、ペルネティアナの近況が更新されていました。

ペルネティアナ 牝4
(奥西S)
20日にグリーンウッドへ移動し、27日もしくは28日に栗東入厩予定。当初は音無厩舎への再転入を予定していましたが、現状で早期入厩の目処が立たないため、クラブ、音無師、吉田師で検討を行った結果、栗東・吉田厩舎所属として中央再転入することになりました。今のところ1回中京開催での出走を目標にしています。

なんと、音無厩舎ではなく吉田厩舎になってしまいました。
音無先生は期待していてくれていたんですが、馬房数の関係でしょうか?
しかし残念です。
で、吉田調教師って聞いたこと無いな?って思ってJRAで調べましたが、昨年新規開業した厩舎なんですね。
昨年は8勝で、特に活躍馬はいませんね。
どうなるのか分かりませんが、ペルネはペルネらしく頑張って欲しいものです。
中京開催の中央復帰ですから、今まで名古屋競馬で走っていたペルネにとっては場所があまり変わらないですね。
まずは復帰してどれだけ中央に通用するか期待して見ていたいと思っています。

がんばれ!ペルネティアナ

| | コメント (0)

2008年1月17日 (木)

ペルネティアナ 地方5戦目を快勝!

今日、名古屋競馬場でペルネティアナが5戦目を快勝しました。
これで胸を張って中央に戻ってこられることになりました。

ペルネティアナ 牝4
(名古屋競馬)
17日の公営・名古屋競馬では好位追走から直線入り口で先頭に並びかけるとそのまま抜け出し優勝。

「ずっと右手前のまま走っていましたが、能力の違いで押し切ってくれました。ジョッキーも無理に手前を替えさせて脚をぶつけてもいけないと判断したようです。ここまで時間を要してしまいましたが、無事にお返しできてホッとしています」(角田輝師)

今のところ18日に地方競馬登録を抹消し、いったん奥西ステーブルへ放牧予定。中央再転入の際は関西所属を予定しておりますが、詳細につきましては後ほどお伝えいたします。

関西所属予定ということですが、音無厩舎になると最高ですね。
まあ、再転入で同じ厩舎になることはキャロットクラブでは稀なので、なるべく良い厩舎に入ってほしいですね。

再ファンド。もちろんします!

| | コメント (0)

2008年1月 4日 (金)

ペルネティアナ 地方4戦目は2着

あけましておめでとうございます。
今年も良い年でありたいですね。

早速、愛馬の近況です。
ペルネティアナが地方4戦目を昨日、名古屋競馬場で走りました。

スタートからハナ争いをしながら2番手追走。先頭を行くのは、前走先着されたマサイラト。4角から鞭をバシバシ入れて追い出しますが、なかなかマサライトに迫ることが出来ず、またしても2着。3着以下は7馬身と大差をつけました。

ペルネティアナ 牝4
(名古屋競馬)

3日の名古屋競馬では2番手追走も逃げ馬を捕らえきれず2着。
「レースはうまく運べましたが、最後は突き放されてしまいました。レース後も脚元は心配ありませんので、次開催の名古屋でキッチリ決めたいですね」(角田輝師)

次開催の名古屋ということですので、13日以降に第5戦ですね。1勝していますので、次で5戦を消化すれば中央に戻ってこれる条件は満たせますが、勝って中央再転入を決めてほしいですね。

| | コメント (0)

2007年12月26日 (水)

ペルネティアナ 地方3戦目は2着

今日、名古屋競馬場で元出資馬のペルネティアナが3戦目を走りました。

ペルネティアナ 牝3
(名古屋競馬)
26日の名古屋競馬ではスタートから好位につけ、直線で勝ち馬に追いすがるも2着。
「勝ち馬に楽をさせすぎてしまいましたね。最後は少し差を開かれましたが、バテている訳ではないですし、マイルでも問題なかったと思います。レース後の歩様も特に問題ないですし、次は1月3日のレースに使おうと思います。3着以下は大きく引き離していますし、次こそは決めたいですね」(角田輝師)

終始、良い位置をキープしていたみたいですが、勝馬に及ばなかったという感じでしょうか?
次は年明け早々に4戦目を予定しているみたいですので、キッチリ勝って中央に戻ってきてもらいたいものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 6日 (木)

ペルネティアナ 地方2戦目は快勝!

今日、名古屋競馬3Rでペルネティアナが地方第2戦を勝利で飾りました。
これで、中央・地方合わせての初勝利ですね。

道中は2番手追走から、3角過ぎでは先頭に並びかけて直線では鞭2発。
後続をグングン引き離して、ゴール前では手綱を抑える余裕でした。

以下、キャロットクラブより。

6日の名古屋競馬では、スタートから好位につけ直線では後続を突き放して優勝。
「向正面でも手前を替えず、ずっと右手前で走っていましたね。ゴール前でようやく左手前に替わると、後は楽に突き放してくれました。今日はスピードの違いで勝てましたが、もう少しピリッとさせて早く戻してあげたいですね。この後は状態が良ければ連闘で笠松競馬に出走予定です」(角田輝師)

なんと笠松に連闘で望むようです。
ここで2勝目を上げれば、即中央へ再転入可能です。
今日の勝ちっぷりを見れば、なんとなく勝てそうなので期待したいですね。

| | コメント (0)

2007年11月20日 (火)

ペルネティアナ 地方初戦は2着

元出資場のペルネティアナが今日名古屋で地方転厩初戦を戦いました。

スタートは出遅れることも無く、ペースが落ち着いた頃には3番手で進みました。
4角から外々を回って追い上げましたが、先頭を捉えきれずに2着。
ここは勝ってほしかったですが、転厩初戦と+19kgと少し太かったかもしれません。

このクラスなら次は勝てそうなので、早く2勝して中央に戻ってきてほしいですね!

| | コメント (0)

より以前の記事一覧