2008年12月29日 (月)

ルージュアルダン 8戦目は惜しい2着

昨日のルージュアルダンは頑張ってくれました。

ルージュアルダン 牡3
(和田厩舎)
28日の中京競馬ではスタートから押し上げて3、4番手の好位を進み、直線で勝ち馬に迫るも交わせず2着。

「スタートはそれほど速くはなかったのですが、その後押していくと勢いがついていい位置から競馬ができました。道中の感触もよく、うまく流れに乗れました。直線追い出してからはしっかりと伸びてくれましたが、今日は勝ち馬もしぶとく僅かに届きませんでした。久々のダート戦でしたが、砂を被っても気にしていませんでしたし、走りも上々でした。これまでのように1000~1200mの距離でスピードを活かす競馬が合っていますね」(太宰騎手)

「この中間はプールを併用しましたし、輸送もあったのでプラス4キロには正直驚きました。しかし、外見では数字ほど太くなかったし、大丈夫だろうと思って送り出しました。あと少しのところでしたが、久々のダートもこなしてくれたし、ここ最近の不調から巻き返してくれたのでホッとしています。本日、美浦に戻って、その後の疲れが出なければ続戦する予定です」(和田助手)

馬の状態次第だが、09年1月10日の中京競馬(4歳上500万下・ダ1000m)に出走予定。

本当に惜しかった。
伸びろ伸びろと祈っていましたが、わずかに届かず。
意外とダート短距離が合っていたみたいですね。
次走も同じ条件ですから楽しみですね。
次は勝ってもらいたい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月19日 (月)

ルージュアルダン 6戦目は4着

ルージュアルダン 牡3
(和田厩舎)
17日の新潟競馬では道中内々6、7番手を追走し、直線外に出ししぶとく伸びるも前には届かず4着。
「道中は内でロスなくスムーズに運べました。直線でも終いまでしっかり伸びてくれましたが、最後にもう一段ギアを上げることが出来れば更にいい競馬が出来たと思います。その辺りは今後競馬を重ねていけば変わってくれるでしょう。休養後、復帰初戦の福島で乗った時より馬体が絞れ、馬の状態、走り共に良くなっていましたね。持っているものは高いものがありますし、次走の走りに期待したいです」(北村友騎手)
今後は1週間程度の短期放牧に出し、6月8日の中京競馬(3歳500万下・芝1200m)か6月15日の中京競馬(3歳500万下・芝1200m)に出走予定。

道中好位追走していましたが、直線思ったよりも伸びなかったように思います。
キレがもう少し欲しいところですが、直線が短いコースのほうが良いかもしれませんね。
短期放牧後にすぐに出走予定ですので、この短い休養でしっかり体調を整えてほしいですね。

| | コメント (0)

2008年5月 5日 (月)

レッドスプレンダー、ルージュアルダン 共に惨敗

昨日は新潟で愛馬のレッドスプレンダーとルージュアルダンが走りました。

レッドスプレンダーは9Rに出走。
鞍上は田中勝春と太一君に比べればはるかに良い騎手です。
スタート後、行為に位置取り、4コーナーでは先頭に並びかけるも直線では失速し7着と敗退してしまいました。
ただ、1着とは0.4差ですからそれほど負けていなかったんですね。でもこのメンバーで勝てないとなるとちょっと厳しいですね。。。

ルージュアルダンは10Rのはやぶさ特別に出走。
1番人気で、騎手も現在関東リーディング1位の中舘英二でしたが、直線のみの千mはルージュアルダンには向いていなかったようです。
終始後方のまま13着で入選。
確実に直線競馬は向いていなかったですね。

2頭とも残念な結果になってしまいましたが、このまま続戦するのか、放牧に出されるのかは連休明けのクラブの近況更新を待たなければなりませんね…

| | コメント (0)

2008年4月21日 (月)

ペルネティアナ、ルージュアルダン レースから一夜明けて

昨日は試験で愛馬のレースが見れませんでした。
帰ってからレースを見たんですが、両馬とも勝てませんでしたが頑張ってくれました。

ペルネティアナ 牝4
(吉田厩舎)
20日の福島競馬では中団やや後方からジリジリと伸びてくるも6着。

「パドックなどでイレ込みが目立っていましたが、競馬に行くと多少は落ち着いていました。ただ、力みがあったのは確かで最後も惰性で流れ込んだ形。もっとリラックスして走れれば終いもよりいい脚が使えると思います。この条件もまったく気になりませんでしたよ」(北村友騎手)

「輸送を経たということもあるのでしょうが、体が極端に減っていましたからね。そのあたりが次の課題になるでしょう。レース後の状態を見た上でになりますが、問題なければこのまま続戦して、もう一度同じような条件のレースに向かうつもりです」(吉田師)

確かに馬体重が大幅に減っていましたが、後方から良く追い込んで6着まで来たと思います。この後、問題なければ続戦するみたいですので、なるべく輸送距離の短い京都あたりで出走できたら良いですね。

ルージュアルダン 牡3
(和田厩舎)
20日の福島競馬では先団の外につけ、4コーナーで前を捕らえに行くも直線で伸びを欠き4着。
「今日は休み明けでしたからね。体に少し緩さがあって手前の替え方もスムーズではなかったし、最後はひと息になりました。前日の降雨による荒れ馬場も気にしてなかったし、スピードもあります。初めて乗りましたけど素質を感じるし、いい馬ですね。一度使ったことで次はもっと良くなると思います」(北村友騎手)

4コーナーでは勝てると思ったんですが、直線向いてから止まってしまいましたね。
休み明けでもありますし、このまま続戦すれば次はもっと良い結果になりそうです。
秋に向けてもう1勝出来れば楽になりますから、次は勝ってほしいですね。

| | コメント (0)

2007年11月 5日 (月)

ルージュアルダン 3戦目明けて

昨日快勝したルージュアルダンの陣営コメントが出ました。

ルージュアルダン 牡2
(和田厩舎)
4日の福島競馬では、好スタートから先頭に立ちレースの主導権を握ると、持ち前のスピードを活かしてそのまま逃げ切り優勝。今のところ6日に山元トレセンへ放牧予定。

「スピードが違いましたね。キレがあるという感じではないのですが、自分のペースでレースを運ぶと楽々と後続を振り切ってくれました。勝ち気な気性の持ち主ですが、リラックスして走ってくれれば距離ももう少しこなしてくれると思います。今後が楽しみな馬です」(大野騎手)

「素質の高い馬を預からせてもらいましたし、早い段階で結果を出したいと思っていました。まだまだこれからですが、とりあえず一つ勝たせることが出来てホッとしています。新馬戦でかなりいい脚で差してきたようにダートでもやれる馬ですが、今の時点では芝でスピードを活かす競馬の方がより良さそうですね。この後はレース後のケアの為に山元へ放牧に出しますが、問題ないようであればそう長くない放牧にして中山開催に向かうつもりです。今後も楽しみですね」(和田師)

安心してみていられるレースっぷりでしたね。
好スタートから終始逃げ切り体勢で、直線さらにひと伸びしてゴールしました。
タイムは2歳では普通ですが、この走りっぷりなら全然タイムは縮められそうですね。
で、やはりというか放牧。
この厩舎、在厩で調整というやり方はないんですねぇ(笑)。

| | コメント (0)

2007年11月 3日 (土)

ルージュアルダン 3戦目前夜の評価は?

久しぶりに愛馬の出走なので、前夜の評価を。
今回は1馬の評価。

印は◎▲▲注▲○でした。

ルージュアルダン 情報注目馬
和田師
『仕上がりは良いし、芝替わりもプラスだろう』(落合TM)

福島1Rなので、記事も小さめですが大体2番手か3番手評価といったところでしょうか。初めての芝なので専門家も強気の予想はしてくれないでしょうね。
でも、ルージュアルダンは芝向きの馬だと思うので、明日はなんとか勝ち上がってほしいですね。

| | コメント (0)

2007年8月15日 (水)

愛馬近況 盆休み編

今週は盆休みということで(私は働いていますが)、愛馬の近況を全頭一気に更新します。

レッドスプレンダー(牡4)
山元TC
周回で軽めのキャンター調整。
「移動後暫く様子を見ていましたが、背腰に疲れが目立っていますね。そこまで消耗の激しいレースではなかったのに、この疲れなので、暫くは馬体の回復に専念する必要があるでしょう。ショックウェーブ治療も取り入れていく予定なので、それまでは軽めの運動で様子を見ていきます」(山元担当者)

昨年といい、レッド君はこの時期はダメですね。すぐに疲れが出てしまいます。夏には使えない馬なんでしょうね。こうなったら、秋まで完全に休んで、涼しくなってから活躍してもらいたいですね。

グラントリアノン(牡3)
函館競馬場
「スタートがよければもう少し楽に競馬ができるんだけど、どうしても置かれてしまうね。距離は2000mでも対応できているし、スムーズにレースが運べばまた違うでしょう。レース後の状態は問題ありません。芝2000mが希望ですが、入らないようならダート戦も考えています」(作田師)
9月1日の札幌競馬(3歳未勝利・芝2000m)を目標にしている。

先週5着に終わったアノン君ですが、陣営はまだあきらめていないようです。出れるか分かりませんが、もう1度出走するみたいですね。芝2000mが良いのでしょうけど、出れなかったらダートですかね。地方交流戦とかは無いのでしょうか?

ペルネティアナ(牝3)
音無厩舎
15日は栗東坂路での追い切り(53秒7-39秒3-25秒6-12秒8)。
「週を追う毎によくなっているみたいだね。15日朝の動きもすごく良かった。喉や鼻も気にならなかったし、これなら久々でも期待できそうだよ。是非とも1回で決めたいね」(音無師)
18日の小倉競馬(3歳未勝利・牝馬限定・ダ1700m)に荻野琢騎手で出走予定。

長い時間がかかりましたが、ようやく復帰戦です。追い切りも良いみたいですし、音無先生も1回で決めたいと言ってくれるぐらいなら期待しても良いのではないでしょうか?勝利を期待して土曜日をむかえたいですね。

フィックルベリー(牝2)
NF空港
周回でダク400m、ハロン22~23秒のキャンター1600m。
「放牧の原因となった右前球節の腫れはすぐに引き、乗り運動を再開した後も落ち着いています。ここまでの経過を見る限り、疲れからくる一過性の腫れだった可能性が高いと思います。まだペースが遅く、目立った動きを示しているわけではありませんが、今後秋に向けてペースを上げていけば、一度競馬場を経験したことが分かるようないい動きを見せてくれることでしょう。馬体重は433キロです」(空港担当者)

ゲート試験受かってから放牧に出たフィックルベリーは、心配だった腫れが引いて一安心ですね。牧場も気配の良いコメントをしてくれているので、デビューが今から楽しみです。当初、心配の一つだった馬体重も増えてきて良い感じになってきました。期待しましょう。

ルージュアルダン(牡2)
山元TC
坂路でハロン16~17秒のキャンター2本。
「レース後の1週間はしっかり疲れを取ることに専念してきました。その甲斐あって疲労はすっかり抜けた感じです。調教も問題なく進めることが出来ていますし、変に煩くなることも今のところはないので、このまま進めていければと思います」(山元担当者)

9月頭の新潟最終週を目標にしているので、来週くらいには入厩するでしょうか。デビュー戦は出遅れながらも良い競馬をしたので、次こそはスタートを決めて勝ち上がってもらいたいですね。

| | コメント (0)

2007年8月 7日 (火)

ルージュアルダン 8/7近況

山元TC
坂路でハロン17秒のキャンター1本。
「北海道から移動してきたときに熱発もありましたし、今の暑い時期を考慮して軽めから乗り出しています。兄弟を見ていると時に煩さが爆発する時があるように、この馬もスイッチが入るとかなり煩くなる時があるようなので、その辺りに注意し、事故につながらないよう慎重に進めていきます」(山元担当者)

今回のコメント、体調等については触れていないですね。
今まで分からなかった、ちょっと煩い面があるということが読み取れますね。
新潟最終週まで3週間くらいありますので、次は勝てるよう仕上げてほしいですね。
ま、ちょっと煩いほうが元気があって良いじゃないですか。

| | コメント (0)

2007年8月 1日 (水)

ルージュアルダン 7/31近況

山元TC
ウォーキングマシン調整。
「まだ到着したばかりということもあり、マシンのみの運動に留めています。体の内側まではわかりませんが、外見上はレースの反動もなさそうですね。しかしまだ2歳ですし、急いで乗り始めることもないでしょう。しっかりレース後の状態を見て、来週からでも乗り出せればと考えています」(山元担当者)

デビュー戦3着の後、放牧に出されたルージュアルダンですが、体調に問題もなく無事のようですね。9月第1週までちょっと時間がありますから、中旬まではリフレッシュ出来そうです。
次は確勝を期待したいですね。

| | コメント (0)

2007年7月30日 (月)

ルージュアルダン デビュー戦明けて

山元TC
28日の新潟競馬ではスタートで遅れてしまい後方2番手からに。徐々に上がって行き、直線外から差してくるも3着。29日に山元トレセンへ放牧移動。

「普段のゲート練習では遅れたりする感じもなかったのですが、初めての競馬ということが影響したのか、後ろからの競馬になってしまいました。よく追い上げてくれてたんですけどね。これまでゲート練習も含め競馬までの稽古を積んできましたし、一旦山元へ放牧に出しリフレッシュさせます。状態を見て最終的に決めますが、問題なければ新潟の最後あたりを視野に入れていこうと考えています」(和田師)

「ゲートに驚くようになりスタートがゆっくりになってしまいましたね。普段の稽古からバリバリに時計を出していなかったのもあり、スタートから速い展開で走るのは大変だったと思いますが、位置を上げていって砂を被っても気にしていなかったですし、センスのある走りをしていたと思います。競馬を覚えれば十分勝ち負け出来る馬でしょう」(後藤騎手)

ルージュアルダンは馬房の関係か、超短期放牧へ出ました。順調なら新潟最終週に2戦目を考えているそうですので、2週間くらいの放牧ですかね。
レース内容はスタートさえ、という感じでしたので、スタートさえ決まれば2戦目で勝ち上がれるでしょう。
楽しみに9月第1週目を待ちましょう。

| | コメント (0)